2020年7月17日更新

映画『紅の豚』のフル動画を無料視聴できる配信サービスはある?【youtubeより確実に】

『紅の豚』

宮崎駿監督が手掛けた永遠の名作『紅の豚』。本作は豚になってしまった飛行機乗り・ポルコを描いた異色作です。本記事ではyoutubeより確実に本作を無料視聴する方法や動画配信サービスでの配信状況、あらすじ、見どころについて紹介していきます。

目次

映画『紅の豚』のフル動画を無料視聴できる配信サービスは?

スタジオジブリ作品の中でも一際異彩を放つ映画『紅の豚』。本作は豚の姿の主人公・ポルコのハードボイルドな生き様を映し出した名作です。 本記事ではyoutubeより確実に本作を無料で視聴する方法、動画配信サービスでの配信状況、あらすじやキャストなどを徹底解説します。(本記事に掲載されている情報は、2020年7月現在のものです。)

映画『紅の豚』のフル動画を配信中のサービス一覧【無料】

VODサービス 視聴 見放題・
無料レンタル
有料レンタル
TSUTAYA DISCAS 無料で観る
FODプレミアム - - -
ビデオマーケット - - -
amazonプライムビデオ - - -
dTV - - -
U-NEXT - - -
Hulu - - -
ディズニープラス - - -

映画『紅の豚』は2020年7現在、TSUTAYA DISCASで宅配レンタルとして視聴できます。 次の項目では、本作をお得に視聴できるTSUTAYA DISCASの詳細について解説!

TSUTAYA DISCASで映画を無料視聴する!

TSUTAYA DISCASでは、映画『紅の豚』の動画を宅配レンタルを利用して視聴可能です。 本サービスの無料トライアルを利用して、本作を無料で視聴できますよ!さらに他のジブリ作品も大量に貸し出ししているため、ジブリ好きの方におすすめです。

映画『紅の豚』のあらすじ

かつてイタリア空軍のエースパイロットだったポルコ・ロッソ。彼は自らに呪いをかけ、豚の姿になっていました。今は空賊たちを撃退し、賞金を稼いで生活しています。 ある日ポルコが幼馴染の美しい女性・ジーナの店に行くと、そこにはアメリカの名パイロット・カーチスがいました。カーチスは空賊に雇われて、この地に来ていたのです。 その後ポルコは自分の飛行機に不具合を発見し、ミラノにいる昔馴染みの整備士・ピッコロの元に飛び立ちますが、運悪くカーチスに狙われ撃墜されてしまいます。なんとかピッコロの元にたどり着き、ポルコはそこでピッコロの孫で整備士のフィオという少女に出会いました。 反体制派として秘密警察にも狙われているポルコ。彼は無事に隠れ家に帰ることができるのでしょうか?

登場人物&キャストを紹介

ポルコ・ロッソ(マルコ・パゴット)/森山周一郎

紅の豚
©Studio Ghibli/BVHV/Photofest

ポルコ・ロッソは、元イタリア空軍大尉で現賞金稼ぎの飛行機乗り。彼は豚の姿をしていて、サボイアと名付けた紅の飛行機を乗り回します。ポルコ・ロッソはイタリア語で赤い豚という意味で、彼の本名はマルコ・パゴットです。 ポルコ・ロッソの声を務めたのは、俳優・声優の森山周一郎。彼は日本で1975年から放送されたアメリカの大ヒットドラマ『刑事コジャック』で、コジャック警部補役の吹き替えを務めたことで名前が知られています。 ポルコの風貌はコジャック警部補を見て考案されたということで、その関連も見逃せません。また森山は、ジャン・ギャバンやチャールズ・ブロンソンの吹き替えでも有名な声優です。

マダム・ジーナ/加藤登紀子

紅の豚
© Studio Ghibli/Buena Vista Home Video WRITER_EDITOR: bg

マダム・ジーナはホテル「アドリアーノ」を経営する絶世の美女。彼女は3度パイロットと結婚し、その3名とも死別してしまったという過去を持つ未亡人です。ポルコの幼馴染で、彼を本名のマルコと呼び恋心を抱いていますが、昼間庭に彼が訪ねてくるまで恋は待つと言い張ります。 マダム・ジーナの声を務めたのは、歌手・女優の加藤登紀子。彼女はシャンソンや歌謡曲を歌い、1971年リリースの「知床旅情」などの大ヒットで知られています。1983年の公開の映画『居酒屋兆治』では、高倉健演じる藤野英治の妻・神谷さよ役を務めて話題になりました。

フィオ・ピッコロ/岡村明美

フィオ・ピッコロは、ピッコロのおやじの孫で彼から飛行機設計の技術を受け継いだ17歳の少女。責任感と度胸があります。彼女はポルコの愛機・サボイアの再設計を務め、施工後も飛行テストのために無理矢理ポルコの飛行機に乗り込みました。 フィオ・ピッコロの声を務めたのは、声優の岡村明美。彼女は本作でフィオ役を演じ、華々しい声優デビューを飾りました。1999年から放送されているアニメ『ONE PIECE』のナミ役で有名です。

『紅の豚』の見どころをチェック!

なぜポルコは豚になったのか?

『紅の豚』の最も興味深いところは、なぜポルコが豚になってしまったのか理由がはっきりと明かされていない点です。豚の容姿の彼が周囲から浮いている様子もありません。 監督と脚本を務めた宮崎駿は、その答えを視聴者に問いかけているのでしょう。戦争を経験したポルコの心の傷によるものなのか?散った者たちへの贖罪の気持ちからなのか?世界への失望と、関わりたくないという思いからなのか? ポルコとジーナとの恋が、ずっと一定の距離を保ち続けていることも関連していると思います。思い当たることはいくつかありますが、ぜひ視聴してご自身で答えを出してみてください。『紅の豚』はそのときにあなたの思い出の作品となるはずです。

名言の宝庫!

『紅の豚』と聞いて、さまざまな名言を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか?本作には映画自体を観ていない人でも知っているような有名なセリフがたくさん出てきます。 一番有名なのはポルコの「飛ばねえ豚は、ただの豚だ」でしょう。ハードボイルドの極地ともいえるセリフで、シンプルさと奥深さの間で揺れているような表現です。 他にもジーナがポルコに向けた「あなたもう一人女の子を不幸にする気なの?」というセリフなど、心に響く表現がたくさん登場します。

おすすめの類似作品を紹介!

小さな飛行艇で砂漠を飛び回る姿が印象的!映画『風の谷のナウシカ』

風の谷のナウシカ
©Studio Ghibli/Walt Disney Pictures

宮崎駿作品で小型の飛行機などのメカがたくさん出てくる作品が好きな人は、1984年公開の映画『風の谷のナウシカ』を観てはいかがでしょうか? 大規模な世界大戦後、人類は荒廃した土地で暮らしていました。汚染された森でや土地を巡り、王蟲と呼ばれる巨大な虫や人間同士が争います。ナウシカは平和を求め、身をていして戦いを止めようとするのでした。 争いの悲惨さや愚かさを描き出した、日本アニメ史に名を刻んむ名作です。

宮崎駿が監督を務めた伝説の映画『ルパン三世 カリオストロの城』

『紅の豚』のように、かっこいい主人公が活躍する宮崎アニメを探しているなら、1979年公開の映画『ルパン三世 カリオストロの城』がオススメ。 本作はモナコのカジノから偽札を盗んでしまったルパン一味が、製造元であるカリオストロ公国でクラリスという少女と出会い、彼女を守る物語です。 ポルコとルパンには、何かきっと同じような魅力があるはず。

ポルコの元になったドラマ『刑事コジャック』

ポルコというキャラクターが大好きだという人は、その元ネタとなったドラマ『刑事コジャック』を視聴してみましょう。日本語吹き替えはポルコの声優・森山周一郎が務めています。 本作はニューヨーク市警に所属するセオドア・コジャック警部補(テリー・サバラス)が、地道に証拠を探し、ジワジワと相手を追い詰めていく本格刑事ドラマです。 本国アメリカのみならず、日本でも大人気となりました。宮崎駿監督もこのドラマのファンだったようです。

映画『紅の豚』のフル動画はDVDレンタルで無料視聴しよう!

紅の豚
© Studio Ghibli/Buena Vista Home Video WRITER_EDITOR: bg

以上、映画『紅の豚』をyoutube以外で無料視聴する方法や動画配信サービスでの配信状況を紹介してきました。 皮肉屋の豚が主人公の唯一無二のハードボイルド映画を、ぜひ紹介したTSUTAYA DISCASで視聴してみてはいかがでしょうか?