2021年11月22日更新

ドラマ「ブザービート」の動画を配信中のサブスクはここ!1話から最終回まで

ドラマ「ブザービート」の動画を無料で配信中のサブスクを紹介!無料視聴できる?

2009年放送のフジテレビ月9ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』。山下智久がプロバスケットボールプレイヤーを演じ、ヒロインの北川景子との恋が描かれた作品です。

HuluやNetflixでは本当に配信されていないの?

ドラマ「ブザービート」は、2021年11月現在、HuluやNetflixをはじめとしたいずれの動画配信サービスでも配信されていません。 この背景には、当時山下智久が所属していたジャニーズ事務所の意向が関係しているのではないかと考えられるので、今後も配信される可能性は低いといえるでしょう。 そのため、本作を楽しむにはDVDを購入するかレンタルするかの選択肢しかないということになります。今回紹介したTSUTAYA DISCASを使えば、家から出ずにレンタルができるのでおすすめですよ!

ドラマ「ブザービート」の作品概要

放送年2009年
ジャンル恋愛、スポーツ
話数全11話

ドラマ「ブザービート」のあらすじ

幼い頃の夢を叶えてプロバスケットボール選手になった上矢直輝(山下智久)は、恋人の菜月(相武紗季)に、優勝したら結婚したいと告げます。一方で試合ではプレッシャーに弱い性格なども災いして、思うように実力を発揮できずクラブからは減俸も提示されてしまいました。 落ち込む直輝ですが、練習場所にしている公園でバイオリンの練習をする白河莉子(北川景子)と出会います。彼女もまたプロヴァイオリニストとしての夢を叶えるため、もがいていました。2人は公園で悩みを話し合うようになり、直輝は奮起して練習に励みます。 そんなある日、直輝はチームに加入した廉(金子ノブアキ)と菜月がキスしているところを見かけてしまい……。

キャスト&登場人物紹介

上矢直輝役/山下智久

上矢直輝は、プロバスケットボールチーム「JC ARCS(ジェイシー・アークス)」のシューティングガード。プロ入りしてから学生時代のように活躍できず、来季は年俸ダウンが提示されています。恋人の菜月と結婚を考えていますが、口には出せていません。試合ではプレッシャーに弱いところが課題です。 上矢直輝を演じているのは、歌手や俳優として活躍中のジャニーズ事務所所属・山下智久。ドラマ『野ブタ。をプロデュース』の草野彰役や、ドラマ「コード・ブルー」シリーズの藍沢耕作役などで知られています。 堪能な英語を生かして2020年に放送された連続ドラマ「HEAD」では通訳なしで撮影に参加。マルチな才能を見せる人気タレントです。

白河莉子役/北川景子

白河莉子は音大を卒業後、本屋でアルバイトをしながらプロのヴァイオリニストを目指す本作のヒロインです。思ったことをはっきり言う性格ですが、高校・大学時代に付き合っていた男性に2股をかけられ、男性不信になっています。 直輝と偶然出会い、直輝のファンを自称するようになりますが次第に彼に惹かれていき……。 白河莉子を演じているのは、女優の北川景子。映画『パラダイス・キス』の早坂紫役など正統派ヒロインから、ドラマ「家売るオンナ」シリーズの三軒屋万智役など個性的な役まで幅広く演じる実力派人気女優です。

「ブザービート」の見どころ

見どころ①:一筋縄では行かない!果たして2人の恋の行方は?

バスケ×恋愛と聞くと青春でキラキラなイメージを抱く人も多いかもしれません。しかし本作には、直輝の元カノ・菜月の浮気描写だったり、女同士のバチバチなやり取りだったりと、意外にもドロドロな要素も盛り込まれています。 直輝と莉子がなかなかくっつかないので、この先一体どうなるのかとやきもきさせられてしまうこと間違いなし。一筋縄ではいかない恋の行方から目が離せません! 恋愛ドラマの王道でありながら、ちょっとしたスパイスとしてドロドロなシーンが取り入れられているので、重すぎず軽すぎず、最後まで飽きずに楽しむことができます。

見どころ②:「サブカップル」麻衣と秀治にも注目!

莉子と直輝というメインカップルはもちろん、サブカップルである麻衣と秀治にもぜひ注目してほしいところ。 麻衣ははじめ、別の人に想いを寄せていたのですが、ひょんなことがきっかけで秀治と急接近することになります。まっすぐアプローチする秀治の表情には思わずキュン。 2人がお付き合いすることになるまでの一連の流れがとにかくかわいくて、ニヤニヤしながら見守ってしまうこと間違いなしです!

見どころ③:主題歌はB'z「イチブトゼンブ」

ドラマと一緒に大ヒットしたのがB'zが担当した主題歌「イチブトゼンブ」。 ドラマのために書き下ろされたこの曲は、ストーリーに沿った歌詞とボーカル稲葉のハイトーンが気持ちいい名曲です。歌詞には、大切な人と付き合っていく内あれこれ求めるようになるけれど、最初に好きになったポイントが一つあれば幸せな気持ちでいられるという気持ちが込められています。 発売当時、着うたなどの配信で200万ダウンロードを超えるミリオンヒットを達成。Billboard JAPANの2009年の年間シングルチャートで1位に輝きました。ドラマと合わせて、ぜひチェックしてみてくださいね。

キュンキュンしたいあなたに!おすすめの胸キュンシーン3選

莉子が直輝への恋心を自覚するシーン(第4話)

まずはじめに挙げたいのが、ヒロインである莉子が直輝に対する自分の想いを自覚するというシーン。彼女は最初、自分が直輝に惹かれ始めていることに気付いておらず、またうっすら気付いてからも認められずにいました。 第4話でばったり直輝と会い少し話をした後、莉子はひとりで道を歩きながら「好きじゃない、好きじゃない……」と独り言をリピート。その様子はまるで自分自身に言い聞かせているようで、その複雑な気持ちが伝わってきます。しかもふと立ち止まったとき、結局彼女は「好き」と呟いてしまうのです! ここから恋が始まる予感に思わず心ときめいてしまうこと間違いなし。

莉子、涙の訴え!台詞と表情にキュン(第7話)

直輝からもう会わないほうがいいと言われた莉子が、涙ながらに「そんなこと言わないで」と訴えるシーン。こちらはファンのなかで「胸キュンシーン」として挙がることが多い場面の1つです。 こうやって説明だけすると、振られたのに未練がましく迫るシーンのように思えますが、とんでもありません。莉子がベランダから地上にいる直輝に向かって思いの丈を叫ぶ姿は、まるで『ロミオとジュリエット』。 泣き顔もですが、とにかく台詞がかわいいので、実際にドラマを観て全文を確認してみてくださいね!ここからの流れで熱烈なキスシーンに入るのもまたたまらないです……。

初の名前呼びに思わずニヤニヤする2人(第8話)

第8話では、ようやくお互いの想いを確かめ合い結ばれた2人が、はじめて相手のことを名前で呼ぶシーンが出てきます。しかも普通に呼ぶのではなく、「莉子、とか呼んでみた」「直輝、とか呼んでみた」と、少しおどけたようなやり取りをするのです。 そんな初々しい2人の姿を見ていると、キュンキュンしすぎて胸が苦しくなってきます……。ここにたどり着くまでの道のりがずいぶんと遠回りだったからこそ、よりいっそう愛おしいですね。ちょっとむずがゆいシーンですが、恋愛モノ好きには間違いなく刺さるはず!

動画配信サービスでドラマ「ブザービート」を無料視聴しよう!1話から最終回まで

この記事では、ドラマ「ブザービート」を見ることができる動画配信サービス、あらすじ 、キャスト、見どころを紹介しました。 山下智久と北川景子が夢を追う役を演じ、その爽やかな恋をずっと見ていたくなる作品です。主人公たちの周りの人々のエピソードも1つ1つ丁寧で面白いので、ぜひ観てみてくださいね!