2021年5月14日更新

【2021最新】タイドラマのおすすめランキング15選!人気のBLドラマを観られるサービスも紹介

タイドラマ記事サムネイル

ピュアなBLで人気急上昇中!おすすめのタイドラマを15本紹介

日本では韓国ドラマや中国ドラマが人気ですが、タイドラマについてはまだまだ詳しい人が少ないかもしれません。実は2019年頃からSNSなどでは「次に流行るのは“タイ流”!」と話題沸騰中です! タイドラマのキャストたちは、とにかく美男美女ばかり。また作品のクオリティが高いことはもちろん、マイノリティに寛容な国だからこそ描かれる、愛のかたちの多様性も見どころです。 特に日本でも波が来ているBL(ボーイズラブ)ドラマは数多く制作されており、そのピュアな恋模様にハマる人が続出しています。 この記事では、タイドラマを観たい人におすすめの15作品を紹介BLドラマをランキング形式で10本BL以外のドラマを5本挙げているので、気になる作品を見つけてみてくださいね。

※記事内で紹介している配信状況は2021年5月14日現在のものです。

【BL】タイドラマといえばBL!人気ランキングTOP10を紹介

世界中のBL好きが注目しているタイのBLドラマ。人気の高い作品は、公開直後にツイッタートレンド1位を獲得するなど、その人気はとどまるところを知りません。 まずはそんなBLドラマのおすすめ作品TOP10を紹介。不思議な世界観のものやSFストーリーなどジャンルは多岐にわたっています。そんななかで繰り広げられるピュアな恋愛模様に、ぜひ酔いしれてみてくださいね。 ちなみに、タイのBLドラマを観るのにおすすめの配信サービスはU-NEXTです。U-NEXTでは独占配信の作品も多く、タイドラマに詳しい人でも満足できること間違いありません!

【胸キュン度】 胸キュンできるかシーンが多いかどうか。
【評価の高さ】 レビューサイトでの評価が高いかどうか。
【供給の多さ】 ドラマ外での画像投稿や音楽配信がされているかどうか。

ランキングは主に上記3つのポイントを考慮して、ciatr独自の見解で順位をつけました。上位になるほど、胸キュンできて、評価も高く、ドラマ外でも楽しめる作品になっています!

第10位:『Y-Destiny』(2021年)

2021年3月からタイで放送開始したドラマ『Y-Destiny』。4月から日本でもU-NEXTでの独占配信が開始しています。 ドラマ『Y-Destiny』は7人の主人公が登場する一風変わったストーリー。主人公たちには「Sun」や「Mon」など曜日にちなんだ名前がつけられており、それぞれが生まれた日が導く運命により恋に落ちていきます。 毎話異なる主人公の恋愛模様が描かれているので、最初から最後まで退屈することなく物語を楽しむことができるのが魅力。 第1話の主人公であるTueはボクシング・クラブに所属している大学生で、ボクシングのコーチを目指し奮闘するなか、運命の恋を見つけていきます。

吹き出し アイコン

主人公が7人もいるので、推しを決めて楽しむのがおすすめ!ポップで可愛らしい世界観に魅了されますよ。 また甘い恋だけでなく悲しい別れもあるので、オトナ女子でも存分に楽しめるはずです。

第9位:『WHY R U?』(2020年)

刺激強めの大人向けドラマを求めている方におすすめなのが、『WHY R U?』です。色気たっぷりのラブシーンもあるので、U-NEXTではR15指定作品となっています。 主人公のZonには、web小説で成功している妹がいます。その妹が書いている小説とは、ボーイズラブ作品。妹が書いた小説のなかでZonは、あろうことか犬猿の仲であるSaifahとカップリングされ、物語に登場していたのです! 「Saifahなんかと恋に落ちることなんて絶対にない」と言い切るZonでしたが、関わり合っていくうちに小説の内容がどんどん現実になっていきーー。刺激的なオトナロマンスから目が離せません!

吹き出し アイコン

とにかくドキドキするラブシーンが見どころですね。セクシャルな関係になれるのか、それぞれが探り合うようなラブシーンが胸キュン必至でした! 高身長で人気者のSaifahがイケメンすぎます……。

第8位:『Lovely Writer The Series』(2020年)

大ヒットしたBLドラマ『TharnType』(2019年)を手がけた監督による、胸キュンBLドラマ『Lovely Writer The Series』。BLドラマの制作現場から生まれていくリアルな恋愛模様が描かれている作品です。 主人公のGeneは小説家。出版社からの依頼で執筆したBL作品が大ヒットし、やがてドラマ制作が行われることになります。Geneは、そのドラマの配役オーディションに審査員として参加。そしてそこにやってきた青年の演技に魅了され、2人の距離は近づいていきます。 主役に抜擢された青年は、Geneの家に1ヶ月間一緒に住むことに。徐々に心を通わせていく2人のピュアな恋愛に大注目です!

吹き出し アイコン

見どころはなんといっても、可愛すぎる主人公。自分の気持ちに素直になれない姿や、押しに弱く流されやすい性格など、すべてが愛おしくてたまりません! BL初心者でも見やすいところも魅力のひとつです。入門編として観てほしい!

第7位:『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』(2019年)

切なく熱い愛の物語が、視聴者の涙を誘うドラマ『Until We Meet Again~運命の赤い糸~』。主人公たちは、前世と現世で絡み合う運命に翻弄されていきます。 80年代に恋人同士だった、読書家のコーンと天真爛漫なインタッチ。愛し合っている2人でしたが、付き合っていることをそれぞれの父親に強く反対されていました。そして2人はついに、自ら命を絶ってしまうのです。 それから30年後。新入生のパーム、水泳部の部長ディーンが大学で出会います。2人は前世で結ばれていた運命の赤い糸により、すぐにお互いが特別な存在であることに気づくのです。 悲しい別れとなってしまった前世。果たして現世では無事に結ばれることができるのでしょうか。

吹き出し アイコン

ストーリーのクオリティが高いため、観る際にはハンカチが必須。前世から現世へと受け継がれるほどの深い愛の物語は、涙なしでは観ることができません。 丁寧に描かれる登場人物たちの心情に、ついつい感情移入してしまいますね!

第6位:『Love By Chance』(2018年)

ドラマ『Love By Chance』は、胸キュン度MAXの青春ストーリー。お互いのことを思いすぎるあまり、なかなか進展しないもどかしい恋が、とても可愛らしく爽やかに描かれています。 大学生のピートは、他学部のエーとキャンパス内でのアクシデントにより知り合います。自分がゲイであることを母に打ち明けられず、大学の先輩からも脅されていたピートは、何度もエーに助けられ彼に惹かれ始めます。 一方でエーも危なっかしいピートのことが気にかかるようになり、2人はお互いに友達以上の感情を抱くように。そんななか、女子高生のチョンプーがエーに告白。その場面を見てしまったピートは、エーの将来を思い身を引こうとするのでした。

吹き出し アイコン

主人公のエーが爽やかで、硬派なところが魅力的です。ついつい応援したくなってしまう主人公ですね! また2人が恋に落ちていく過程がとても丁寧に描かれている点も、推せるポイントだと思います!

第5位:『You Never Eat Alone』(2020年)

SNSや口コミにより爆発的な人気となったBLドラマ『You Never Eat Alone』。『WHY R U?』などの人気BL作品を手がけている監督がメガホンを取った作品です。 祖母が亡くなってしまったことがトラウマとなり、1人でご飯を食べることができなくなってしまった主人公のDiew。これまでは両親と食事をしていたDiewですが、両親が海外へ行くことになり、Diewはひとりぼっちになってしまいます。 困ったDiewは自分と一緒に食事をしてくれる「メシ友」を探すことに。人見知りで友達のいないDiewでしたが、このメシ友探しを通してさまざまな人に出会い、新しい世界を切り開いていくのでした。

吹き出し アイコン

2020年に公開されている最新のタイドラマなだけあって、人々の多様性を尊重している点が素晴らしいです。 BL好きだけでなく、さまざまな人にぜひ観てほしいドラマです!

第4位:『SOTUS/ソータス』(2016年)

アジアで爆発的な人気を誇り、続編やスピンオフも制作された胸キュンBLドラマ「SOTUS(ソータス)」。本作はタイのWeb小説が原作となっています。 タイトルのSOTUSとは、タイの大学で行われる新入生オリエンテーションのこと。とある大学の工学部に入学した主人公は先輩たちの理不尽さに反発し、目をつけられてしまいます。しかし次第に先輩たちの厳しさの裏にある思いを知るうちに、恋愛関係に発展していくことに……。 主人公たちの恋愛模様をストーリーの軸にしつつ、SOTUS制度そのものに関する描写やサブキャラたちの恋愛も含んだ群像劇となっています。 BLドラマには馴染みがないという人も、学生の成長物語として楽しめるでしょう。

吹き出し アイコン

物語はゆっくりと進んでいくものの、視聴者を飽きさせないストーリーが魅力的。 SOTUS制度に関する描写は少々過激ですが、イケメンたちのキュンキュンシーンもしっかりあるのでタイBLの金字塔と言われているのも納得です!

第3位:『TharnType/ターン×タイプ』(2019年)

「TharnType(ターンタイプ)」は2020年にLINE TV Awardsで作品賞を獲得し、ベスト・キスシーン賞をはじめ多数の賞に輝いた話題作です。 大学入学と同時に故郷を離れ、寮生活を送ることになったタイプ。寮でのルームメイトとなった音楽専攻のターンは、非の打ち所のないイケメンでした。しかしターンがゲイだと判明したことにより、タイプは彼を部屋から追い出そうと奮闘します。 原作はMAMEによるWeb小説で、BL好きにはたまらない描写が盛りだくさん!イケメンの攻めとツンデレの受けは、BL界隈では鉄板の組み合わせです。 肌がチラ見えするシーンが多いため、BL初心者はまず別の作品で慣れてから視聴することをおすすめします。

吹き出し アイコン

登場人物たちが美しいだけでなく、思わずドキッとしてしまうようなセクシーでハードなシーンも多数登場します。 BL好きの玄人でも満足できること間違いなしです。タイプの可愛すぎる上目遣いにも注目!

第2位:『Theory of Love』(2019年)

タイのBLドラマ史上、もっとも切ない作品といわれている『Theory of Love』。今の関係が壊れるくらいなら友達のままで良い、という片思いを描いたドラマです。 同じ大学で芸術を専攻するサード、カイ、トゥ、ボーンの4人組。サードは女たらしのカイに恋心を抱いていますが、自分の気持ちを押し殺そうとしていました。そんなある日、トゥがサードの思いを知って協力してくれるようになったことで、彼とカイとの関係に変化が生まれます。 有名な映画をモチーフにしたシーンが多く、作中に散りばめられた名言やオマージュなどは映画ファンも楽しめること間違いなし!恋愛の甘さだけではなく、切なさや痛みを描いた“泣けるドラマ”を観たい人はぜひチェックしてみてください。

吹き出し アイコン

映画好きにはぜひ観てほしいドラマです。友情から恋愛に発展していく様子が、なんとも切なくてピュア! 作品そのものがきちんと作り込まれているので、タイドラマ初心者でも観やすいはずです。

第1位:『2gether』(2020年)

タイでの放送開始と同時にYouTube配信されたことで、世界中の視聴者を虜にした大人気BLドラマ。 JittiRainの同名小説を原作に、大学生のタインが同級生のサラワットに「偽装彼氏」を依頼し、恋に落ちていく過程を描いたラブストーリーです。数々の名作BLドラマを生んだTV局GMMTVが手がけ、第5話はTwitterの世界トレンド1位を獲得するほど話題になりました。 主演を務めたウィンとブライトも多くのファンから愛され、特にブライトの整った容姿は“ルーブル美術館から出てきた”などと称されています。 作中に登場する実在のバンドScrubbにハマる視聴者も多く、もっとも熱いタイドラマといっても過言ではありません。

吹き出し アイコン

王道のラブコメかつ適度なドタバタ感も楽しめて、みんなが揃ってハマるようなワクワクするドラマです! そして主人公をはじめ、登場人物の顔面偏差値がとにかく高すぎます!観ていてハッピーな気分になれること間違いなしです。

【番外編】BLだけじゃない!世界観に引き込まれるおすすめタイドラマ

ここまではタイのBLドラマの魅力についてたっぷりと解説してきましたが、人気のタイドラマはBLだけではありません! ここからは、ファンタジックなストーリーのドラマや、不思議な雰囲気の漂うミステリードラマなど、BL以外の作品を紹介していきます。タイドラマの本気がうかがえる名作揃いなので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。 BL以外のタイドラマを深くじっくり楽しむなら、Netflixがおすすめ。Netflixでは、オリジナルのタイドラマがいくつか配信されています。日本でもじわじわと話題になりつつある最新のドラマを、いち早くチェックしてみてください。

『転校生ナノ』(2018年)

『転校生ナノ』は実際に起きた13の事件をもとに、9人の監督によって制作された1話完結型のドラマです。エピソードごとにテイストが異なり、日本では『世にも奇妙な物語』に近いかもしれません。 容姿端麗で成績も優秀、さらにお金持ちという完璧な美少女ナノ。彼女は男性たちを魅了し、女性たちからは嫉妬され、常に周囲の視線を集めていました。そんなナノが転校を繰り返しながら、生徒や教師たちの悪事を明らかにしていきます。 仏教の国と呼ばれるタイらしい、「因果応報」への戒めが込められたドラマに仕上がっている本作。暴力や性的な描写など少し過激な表現が多いため、苦手な人はご注意ください。

吹き出し アイコン

日本のドラマではなかなか観ることができない、不思議な世界観が魅力的なドラマ。 観る際には過激なシーンに注意が必要ですが、物語自体はとても奥深く、考えさせられる内容となっています!

『運命のふたり』(2018年)

『運命のふたり』は2018年にタイのTV局3HDで放送され、社会現象にまでなった作品。原題の「ブッペー・サン・ニワート」は、“前世において夫婦だった”という意味の言葉です。 考古学専攻の女子大生が、大事故の影響で17世紀のタイにタイムスリップ!自分とは似ても似つかない性悪美女と体が入れ替わってしまいます。 歴史オタクの一面を隠しきれない主人公が、歴史上の人物や建物に萌えまくって周囲を戸惑わせつつ、過去でたくましく生きていく姿を描いた物語です。 本作はアユタヤ朝の史実をもとに第29代の王「ナライ王」の時代を描いており、当時のタイの生活様式や歴史を学ぶことができます。性悪美女は恋敵の殺害を企てたため呪いをかけられたという設定があり、悪行への戒めもテーマの1つといえるでしょう。

吹き出し アイコン

イケメン俳優のガタイの良さや、美人揃いの女優たちに目を奪われ、まさに眼福のドラマです。 歴史ものということで、内容は少し難しいところもありますが、歴史好きにはたまらない作品となっています。

『ロスト・イン・ウォーター 神秘の島』(2019年)

Netflix初となるタイ語オリジナルドラマ『ロストインウォーター 神秘の島』。視聴者の間では、アメリカの有名なミステリードラマ『LOST』(2004〜2010年)のタイ版と呼ばれており、同シリーズが好きな人には特におすすめの作品です。 とある島で寮生活を終え、ついに卒業の時を迎えた名門私立校の生徒たち。しかし記念パーティの最中に津波に襲われてしまいます。 なんとか生き延びた約30人の生徒たちは、わずかな希望を胸に生還を目指すことに。そんな中で次第に不可解な現象が起こりはじめ、疑心や憎悪によって内部から崩壊していくのでした。 『LOST』と同じく、複数のストーリーラインを交互に描写するマルチプロット方式が採用されており、予想のつかない展開が特徴です。米ドラマのような壮大なスケールとタイドラマ独自のBL要素が融合したストーリに、ついつい引き込まれてしまいます。

吹き出し アイコン

不思議な出来事の連続に、どんどん目が離せなくなっていくストーリー。 人間の内面があぶり出されていく物語なので、面白さと同時に怖さもあります。俳優たちの演技も魅力的で、ついつい釘付けに!

『Who Are You?』(2020年)

韓国ドラマ『恋するジェネレーション』(2015年)を、タイ版にリメイクしたドラマ『Who Are You?』。タイでは韓国のエンタメへの関心が高まっており、本作も大きな話題となりました。 孤児でいじめられっ子のマインドと、養母や友人に恵まれ優秀に育ったミーン。2人は一卵性双生児でありながら、全く違う人生を歩んでいました。自殺に失敗したマインドは自分に関する記憶を失い、行方不明になっていたミーンとして新しい生活を始めますが……。 先述の『SOTUS』で大ブレイクし、タイを代表する人気俳優の1人となったクリス・ピーラワットが主演を務めた本作。リアルないじめの描写に心がえぐられますが、重いドラマを観たい気分の時におすすめの作品です!

吹き出し アイコン

内容は少し暗めですが、繊細で奥深いドラマ。登場人物の心情が丁寧に細部まで描かれているので、深く感情移入できます! また主人公の1人2役を演じている俳優の演技が素晴らしく、本当に同一人物?と目を疑うほどでした。

『Bad Genius The Series』(2020年)

バンコクのアイドルグループBNK48のメンバーであるジュネが主演を務めたことでも話題となったドラマ『Bad Genius The Series』。スマッシュヒットを記録した映画「危険な天才たち」をドラマ化した作品です。 物語の主人公は、天才的な頭脳をもつ女子高生のリン。リンは英語の大会で優勝し、名門高校へと転校することになります。 そこで勉強が苦手なクラスメイトのグレースと友達になったリンは、彼女に勉強を教えるように。そしてリンはテスト中にも、ある方法でグレースに答えを伝えてしまうのでした。 天才女子高生の壮大なカンニング計画を描いた、ハラハラしっぱなしのサスペンスドラマに仕上がっています。主人公の初々しい演技にも注目です!

吹き出し アイコン

若者たちの不正行為にハラハラしながらも、感情移入してしまうストーリー。 友情や恋愛の要素もあるので、退屈することなく観ることができます。役者たちのシリアスな演技が、とても迫力ある作品でした!

これから人気急上昇確実!ひと足早くタイドラマを観はじめよう

タイドラマの大きな特徴は、俳優陣の美しさと愛の多様性を描いたストーリー。BLやGL(ガールズラブ)、兄弟間の執着が、重すぎないテイストで盛り込まれています。 またタイのBLドラマは視聴後が本番と言われるように、俳優たちのSNSには共演者とのサービスショットが頻繁に投稿されるため、沼から抜け出すことができません。 BL要素だけではなく、新鮮な東南アジアの風情や文化、仏教の国ならではの価値観なども見どころ。本格的なブーム到来よりもひと足早く観はじめて、タイドラマ通になっておきましょう!