2020年12月3日更新

1月期ドラマ『俺の家の話』で長瀬智也×宮藤官九郎のタッグが実現!気になるあらすじやキャストは?

ドラマ「俺の家の話」記事サムネイル

2021年1月から放送となるドラマ『俺の家の話』。宮藤官九郎と長瀬智也の再タッグが話題となっている本作について、あらすじやキャストなどの最新情報をチェックしていきましょう!

目次

ドラマ『俺の家の話』で長瀬智也×宮藤官九郎の最強タッグが再び!【あらすじ・キャスト】

宮藤官九郎
©︎ciatr

宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演の『俺の家の話』が2021年1月からTBS系列で放送されることが発表されました! これまでドラマ『タイガー&ドラゴン』(2004年)や『うぬぼれ刑事』(2010年)などで大人気を博してきた最強タッグの最新作は、いったいどのような作品になるのでしょうか。あらすじやキャストなど、2020年12月現在わかっている情報を紹介します。

濃すぎる家族のホームドラマ!『俺の家の話』のあらすじ

『俺の家の話』は、“濃すぎる家族が織りなす王道ホームドラマ”となっているようです。 主人公は「ブリザード寿」というリングネームで活躍する、プロレスラーの御山寿一(みやま じゅいち)。かつては大規模なプロレス団体の人気レスラーとしてプエルトリコチャンピオンにまでなった彼でしたが、今はケガや年齢もあり小規模な団体で細々と試合に出ていました。 ある時そんな寿一のもとに、父親の御山寿三郎(みやま じゅさぶろう)が危篤との連絡が入ります。寿三郎は無形文化財「能楽」の保持者である人間国宝。寿一は当然跡を継ぐものと思われていましたが、あまりに厳しい父に反発して家を出たのでした。 20年以上音信不通になっていた彼が家に戻ってきたことに驚く家族。奇跡的に一命を取り留めた寿三郎は、介護ヘルパーの女性を紹介し、彼女と婚約し遺産もすべて譲ると言います。プロレスラーとして限界を感じていた寿一は引退を決意し、実家に戻り寿三郎の介護を手伝うことに。 家族と謎のヘルパーを巻き込んで、介護と遺産をかけた激しいバトルが幕を開けます。

主演を務めるのは事務所退所を目前にした長瀬智也!

長瀬智也/観山寿一(みやま じゅいち)

主人公の御山寿一を演じるのは、TOKIOの長瀬智也。彼は2021年3月にジャニーズ事務所から退所することが決定しており、本作がジャニーズ・タレントとして最後のドラマ出演となります。 長瀬は公式サイトで、『タイガー&ドラゴン』などもプロデュースした磯山晶プロデューサーや脚本の宮藤官九郎と11年ぶりにタッグを組めることのよろこびを語っています。 また本作について、「演じる気持ちは『IWGP(池袋ウエストゲートパーク)』の頃と何も変わりません。42歳の思い出にさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。」とコメントを寄せました。

ヒロイン・志田さくら役は戸田恵梨香に!

寿一の父・寿三郎を介護する謎のヘルパー役は、戸田恵梨香が演じることが決定しました。 2019年の朝ドラ『スカーレット』で主演を務めた彼女は、これまでに「SPEC」シリーズやドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』(2018年)などの話題作に出演。 本作では『うぬぼれ刑事』第4話以来の長瀬との共演、クドカン作品出演となります。

そのほかにもクドカン作品を彩るキャストが集結!

桐谷健太/観山寿限無(みやま じゅげむ)

寿一の父・寿三郎(じゅさぶろう)の一番弟子で、芸養子でもある寿限無。寿一とは能楽名家の長男と芸養子という間柄になります。 寿限無を演じるのは、2005年のドラマ『タイガー&ドラゴン』など数々の作品で長瀬と共演経験がある桐谷健太。 桐谷はNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)や映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(2016年)など、クドカン作品にも多く出演しています。

永山絢斗/観山踊介(みやま ようすけ)

寿一の弟・踊介は弁護士で、兄の寿一とは違って純粋に能を愛しています。自分に才能がないことを悟り、能を諦めて、父の役に立つよう弁護士になったほど一途な性格。 踊介を演じるのは、長瀬智也とは本作が初共演となる永山絢斗。クドカン作品には2019年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に野口源三郎役で出演しています。

江口のりこ/観山舞(みやま まい)

観山家の長女で、寿一の妹・舞は進学塾の講師。女性であるが故に宗家を継ぐこともできず、寿一たちには劣等感を抱いています。 舞を演じるのは、多彩な役柄で魅力を発揮する江口のりこです。2020年は、ドラマ『半沢直樹』での国土交通大臣・白井亜希子役でも注目されました。

井之脇海/プリティ原

能楽とは別の世界で生きる、プロレスラーのプリティ原。プロレスと寿一が大好きな、真っ直ぐな少年のような人物です。 演じるのは、数々の映画やドラマに出演する井之脇海(いのわき かい)。2020年1月4・5日に放送されたスペシャルドラマ『教場』では、木村拓哉扮する警察学校教官の生徒・南原哲久役を務めました。

平岩紙/ユカ

寿一の元妻・ユカを演じるのは、クドカン作品の常連である平岩紙。2019年のドラマ『監察医 朝顔』に藤堂絵美役で出演し、2020年の第2シーズンにも同役で続投しています。 ユカについては「寿一の人生の上で枝分かれした、もう一つの道のエピソードなので、関係性がこれからどうなっていくんだろう? と楽しみにしています。」とコメントしています。

西田敏行/観山寿三郎(みやま じゅさぶろう)

観山寿三郎は観山流の宗家で、寿一・踊介・舞の父。能楽の人間国宝であり、日本の伝統芸能を担う責任を自覚しています。 寿三郎を演じる西田敏行は、長瀬とは『うぬぼれ刑事』(2010年)では親子役、『タイガー&ドラゴン』(2005年)では落語の師弟役で共演しています。本作では、どのような父子像を見せてくれるのでしょうか。

脚本を務めるのは宮藤官九郎!最強タッグが再び実現

これまでに宮藤官九郎と長瀬智也は、多くの作品でタッグを組んできました。 ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)にはじまり、『タイガー&ドラゴン』、『うぬぼれ刑事』、映画『真夜中の弥次さん喜多さん』(2005年)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』など、そのほとんどが大ヒットとなっています。 そんな2人がTBS系列で11年ぶりに再タッグを組む本作。今回はどんな作品になるのか楽しみですね。

【2021年1月期放送】『俺の家の話』のあらすじ・キャストの続報を待とう!

宮藤官九郎脚本、長瀬智也主演という最強タッグが再び組む『俺の家の話』は、2021年1月からTBS系列で毎週金曜日よる10時から放送となります。 まだ長瀬以外のキャストについては不明なところの多い本作ですので、今後の続報を待ちましょう!