2020年11月16日更新

『先生を消す方程式。』全話あらすじ・キャストを紹介!田中圭が謎を秘めた教師に【ネタバレ】

先生を消す方程式 記事サムネイル

2020年10月31日に放送スタートした『先生を消す方程式』。主演の田中圭をはじめ注目のキャストが集結し、ヒットメーカー鈴木おさむが手掛ける本作は、深夜ドラマではありますが期待が高まる作品です。この記事では本作の全話あらすじやキャストを紹介!

目次

『先生を消す方程式。』で田中圭が命を狙われる?【全話あらすじ・キャスト】

10月31日放送スタート!

2020年10月31日から、田中圭が主演を務めるドラマ『先生を消す方程式』の放送が始まりました! これまで好青年のイメージが強かった田中圭が、“恐怖の進学校教師”という役柄で新境地を拓く本作。深夜ドラマではありますがキャスト、スタッフともに実力派が集結し、熱い注目が集まっています。 この記事では『先生を消す方程式』の全話あらすじやキャスト、主題歌情報をネタバレありで紹介していきましょう。

第1話:問題学校に赴任した笑顔の教師!早速裏の顔が判明!?

経男(田中圭)は名門私立高校「帝千学園」の3年D組の担任になり、初めての出勤日を迎えました。 副担任の朝日(山田裕貴)から、3Dには父親が検察トップの刀哉(高橋文哉)、女医の娘でインフルエンサーの弓(久保田紗友)、父親が餃子ライフ社長の薙(森田想)、そして父親がゼネコン社長で叔父が政治家の力(高橋侃)という厄介な生徒たちがいることを知らされます。 朝日には額に傷がありました。時々傷むという朝日の傷に、経男は手を当てます。 さっそく3Dに挨拶をすると、経男は義経というあだ名をつけられます。そして「日々笑っていれば幸運はついてくる」というモットーを語ります。力にペットボトルを投げられた経男ですが「こういうの嫌いじゃないです」と常に笑顔で交わしたのでした。 経男はずっと学校に来ていない命(秋谷郁甫)のことを気にするようになります。

ある日、授業前に弓に東大の数学の問題を出された経男は、30秒以内に答えられたらここにいてもいいと言われ、その問題をすらすらと解答。弓は恥をかかされたと力に相談し、力は階段の上から経男に水をかけます。 びしょびしょのまま教壇に立った経男ですが、経男が濡れている理由を知った刀哉は力に歯向かい、刀哉は殴られてしまったのです。これを見た生徒たちは、刀哉が殴られたのは経男のせいだと土下座を要求。すると経男はあっさりと土下座し、床まで舐めたのでした。 そして経男は「パワハラ」について語り始めます。「パワハラ=権力×精神的暴力×弱者」と言い、今は教師が弱者になっていると告げ、自分は教師だが力を訴えることができると熱弁。 そして「私は教育者です。私にできることはあなたに傷をつけることです」と、反省してもらうために生徒たちに傷をつけていくと言うのです。 さらに土下座のシーンを撮影していた経男は、力が引きこもりの兄に代わって親からプレッシャーを与えられ、そのストレス発散を学校でしていることを語り始めます。 「自分を守るために人を傷つけてんじゃねえぞ!」と怒鳴った経男は力に謝罪させ、力も「すみませんでした」と謝罪したのでした。刀哉は経男に感動したと言いますが、経男は「あなたもいろいろ背負ってますね」と耳元で何かをささやきます。 力、弓、薙の集まるところにやってきた刀哉は力を責め、力は刀哉に謝罪。そこにやってきたのはなんと朝日で、生徒たちに経男をどうすればいいか問いかけます。「殺しちゃえばいい」という刀哉に、朝日は喜びの表情を見せたのでした。

第2話:彼女を突き落とした犯人は?復讐劇が始まる!

経男(田中圭)は眠っている彼女の静(松本まりか)を見つめながら、過去を思い返していました。実は静は生命維持装置をつけていないと生きられず、意識はもう戻らないと診断されていたのです。 経男は不登校の命(秋谷郁甫)が気になり、家に行くことに。命は黒魔術にハマっていて、経男は自分の彼女が意識不明で自分も黒魔術にすがったことがあると打ち明けます。 その頃薙(森田想)の父親は、悪事がばれて社長の座から降りることになっていました。弓(久保田紗友)は薙に「もう友達ではいられない」と言いますが、薙はもっとお金を渡すと伝え、クラスメイトにパパ活をさせてお金を集めます。 朝日(山田裕貴)は薙の父親のステータスがなくなったことを責め、刀矢(高橋文哉)たちと同じステージにいられなくなると薙に詰め寄りました。朝日は薙に「こっそりと背中を押して突き落とす方法がある」と、経男を殺すことを命じたのです。

翌日経男の机には、「16時に音楽室で待っています」というラブレターが入っていました。音楽室に向かった経男でしたが階段で誰かに押され、倒れて頭から血を流してしまったのです。突き落とした薙は刀矢に「死んだ」と告げ、刀矢は「いい子だ」と薙を抱きしめます。 翌日経男が死んだかもしれないと噂が流れる中、刀矢は「先生好きだったのに」と涙ぐみます。するとそこへフラフラの状態で、経男がやってきたのです。そして静の話をし始め、静は受け持っていた生徒に階段から突き落とされ意識がなくなっていることを打ち明けます。 「人生にはまさかのことが起こる。薙さんそう思いませんか?」という経男は、人生に友達は必要ないことを訴えます。「自分を捨ててまで必要な友達なんていない、自分を取り戻しましょう。はい仲直り」と告げた経男は、薙の手を取った瞬間に倒れてしまいました。 朝日に抱えられて歩く経男は「犯人見つけたんです。犯人はあなたですよね?」と、静を突き落としたのは朝日だと突き付けたのでした。

第3話:経男が自殺!?ついに刀矢が壊れる!

経男(田中圭)は朝日(山田裕貴)に犯人ではないかと尋ねますが、「なんてね」と笑顔で言ったとたん倒れてしまいます。保健室で眠る経男に朝日はクッションを押し当てて殺そうとしますが、ちょうど養護教員の町子(奥山かずさ)がやってきたため失敗。その様子を経男はこっそりと見ていました。 刀矢(高橋文哉)は薙(森田想)たちの失敗を責め、次は弓(久保田紗友)しかいないと弓を抱きしめます。実は弓の母は弓が好きだった家庭教師と肉体関係を持っていて、それを慰めてくれた刀矢に弓は恋をしていました。

そんな刀矢のために経男を消そうと弓は決意します。その頃経男は命(秋谷郁甫)とソフトクリームを食べ、刀矢たちの情報が欲しいと相談していました。 刀矢は父親に「僕の友達が先生を殺めてしまったら、父さんの力で書き換えられるよね」と相談。そして翌日経男が病院に行こうとすると誰かが倒れてると言われ慌てて裏庭へ。そこには能面をかぶった高校生が倒れていて、助けようとした経男は首を絞められ木に首吊り状態にされてしまいます。抵抗する経男は力尽きてしまいますが、途中で木の枝が折れ何とか一命を取り留めます。 翌日、朝日が「経男が自殺をした」と告げたところにフラフラの経男が現れます。経男は「恋(人生ー自分)」という方程式を書き、弓の現状を話し始めます。そして「恋(人生ー自分)=無様」と書き弓を振り回し薙たちを権力で押さえつけている奴が許せないと言います。 すると刀矢は突然「弓、薙、力(高橋侃)が経男を殺そうとしているのを見た」と発言。それを聞いた経男は「賢い人と賢いと思っている人の違い×力=馬鹿」と書きます。すると刀矢は本性を現し「もう疲れたって言ってんだよ!」と叫んだのでした。

主演は今をときめく俳優・田中圭!恋人とはどんな関係?

本作の主人公・義澤経男(よしざわ つねお)を演じるのは、近年「おっさんずラブ」シリーズや『あなたの番です』など、幅広い作品で注目を集めつづける田中圭。今回は、“生徒に命を狙われる教師”という衝撃的な役柄に挑戦します。 彼が演じる義澤は「笑顔でいれば幸せはついてくる!」がモットーで、常に笑顔を絶やさない人物。過去に担任が次々と辞めていった3年D組の担任になぜか志願します。義澤は笑顔で生徒たちを指導していきますが、それが恨みを買い生徒たちから命を狙われるように……。

松本まりか/前野静

義澤の恋人・前野静は彼と同じく高校教師。正義感が強く、生徒にも真摯に向き合う良き先生です。前澤とはすでに一緒に暮らしており、お互いに結婚を考えています。学校では生徒とぎりぎりの駆け引きをする前澤が、ほっと一息つける相手として甘々なシーンも満載だとか。 静を演じる松本まりかは、『六番目の小夜子』(2000年)や『ホリデイラブ』(2018年)などで“憑依型女優”と呼ばれ高い評価を受けてきました。今回はどんな役回りを演じるのか気になりますね。

あのカメレオン俳優や注目女優が先生役に

山田裕貴/頼田朝日

義澤が担任する3年D組の副担任である頼田朝日は、爽やかで生徒からの人気も高い教師です。義澤ともすぐに打ち解け、生徒たちに狙われる彼を心配しますが……。 頼田を演じるのは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年)でデビューした山田裕貴です。その後、「HiGH&LOW」シリーズや連続テレビ小説『なつぞら』、映画『ストロボ・エッジ』など数多くの作品に出演し、その役の振り幅から“カメレオン俳優”と呼ばれています。

奥山かずさ/安田町子

安田町子はイケメン好きの養護教諭。赴任してきた義澤に、「マチコ先生と呼んでください!」と気軽に接する明るい性格です。彼と副担任の頼田がじゃれ合う姿を見るのが好きだとか。 そんな町子を演じる奥山かずさは、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2018年)で女優デビュー。2020年は『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』、『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』につづいて本作に出演と、飛躍の年になりました。

手塚とおる/佐倉清

佐倉清は、義澤が新たに赴任した帝千学園の校長です。3年D組の担任が次々と辞めていることから、評判の教師・義澤を学園に迎え入れました。 佐倉校長を演じるのは、舞台を中心に映画、ドラマと幅広く活躍する手塚とおるです。映画では『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017年)など、数多くの作品に出演しています。

生徒役を演じるキャストには若手が勢ぞろい!

高橋文哉/藤原刀矢(ふじわら とうや)

藤原刀矢は、高いIQを誇る学校イチの天才優等生です。反抗的な生徒が多い3年D組で、唯一義澤に寄り添い、生徒たちが彼を追い詰めるのを阻止しようとします。父親は検察のトップという超エリートです。 藤原を演じるのは、モデルで俳優の高橋文哉。2019年には『仮面ライダーゼロワン』で主演を務め、今後の活躍が期待される若手の1人です。

久保田紗友/長井弓(ながい ゆみ)

成績優秀で東大合格確実といわれている長井弓は、20万人のフォロワーを持つインフルエンサーでもあります。母親は政治家とのコネも強い、優秀な医師です。 長井を演じるのは久保田紗友は子役として活動をはじめ、2012年から2018年まで劇団ハーベストに参加。映画『ハローグッバイ』(2017年)で主演を務めたほか、2020年にはドラマ『M 愛すべき人がいて』に出演しました。

森田想(もりた こころ)/大木薙(おおき なぎ)

人気飲食チェーン店の社長の娘である大木薙。彼女は同級生にマッチングアプリで「パパ活」をさせ、お金を稼がせています。 そんな大木を演じるのは、元子役の森田想(もりた こころ)。2015年の映画『ソロモンの偽証』に出演。2018年には映画『アイスと雨音』で初主演を務め、若手実力派女優として注目を浴びるようになりました。

高橋侃(たかはし なお)/剣力(つるぎ りき)

親が大手ゼネコンの社長で、おじは政治家の剣力(つるぎ りき)。親が学校に多額の寄付をしているため、好き放題に暴れています。暴力的な性格で、弱い生徒や教師をいじめ支配することを生きがいとしている厄介な生徒です。 剣を演じる高橋侃(たかはし なお)は、本作が俳優デビュー作品となります。有名ヘアサロンの人気美容師だった彼は、当時からモデルとしても活躍。2018〜2019年の秋冬ミラノ・メンズ・コレクションで「ドルチェ&ガッバーナ」のショーに出演するなど、ワールドワイドに注目を集めています。

秋谷郁甫(あきや いくほ)/伊吹命(いぶき めい)

伊吹命は3年D組の生徒ではありますが、半年以上自室に引きこもり学校に来ていません。黒魔術や都市伝説など、オカルトめいたものを調べています。 伊吹を演じるのは、現役高校生の秋谷郁甫。彼も本作で俳優デビューです。2018年にはジュノン・スーパーボーイ・コンテストに参加し、TOP100に入ったという彼の本作での活躍に期待したいですね。

榊原有那(さかきばら ありな)/宮下加奈

3年D組の生徒である宮下加奈。彼女はセレブなクラスメート、長井弓や大木薙と友達でいたいために「パパ活」で稼いだお金を薙たちに渡しています。 宮下を演じる榊原有那は、CMにも多数出演する若手女優です。2019年には舞台『転校生』にも出演。2018年〜2019年に放送された『おっさんずラブ-in the sky-』では、千葉雄大演じる成瀬竜の妹を演じました。

川瀬莉子/早川京子

人気インフルエンサーであるクラスメートの長井弓にあこがれる早川京子。しかしあまり相手にしてもらえません。 早川を演じる川瀬莉子は、2018年に第2回「美しい20代コンテスト」でグランプリを受賞。翌年『ドクターX~外科医・大門未知子~』にレギュラー出演し、注目を集める若手女優です。

田中亨/玉木譲(たまき ゆずる)

玉木譲は、剣にきつく当たられてもやり返せないでいる3年D組の生徒です。 そんな玉木を演じるのは、若手男性俳優集団「劇団Patch」の田中亨。2020年には『DIVER-特殊潜入捜査班-』にレギュラー出演するなど、テレビドラマへの出演も増えています。

主題歌は秋山黄色の「サーチライト」

本作の主題歌は、ネット発の話題のアーティスト秋山黄色による「サーチライト」です。 作詞、作曲、歌唱のほか、映像やイラスト作成も手掛けるなど、マルチな才能を持つ彼はYouTubeやSoundCloudなどで楽曲を発表し話題に。2017年からはライブ活動を始め、2018年にはSUMMER SONIC 2018に出演するなど、目覚ましい活躍を見せています。 注目のアーティストによる主題歌にも注目です!

ヒットメーカー鈴木おさむが脚本を担当!

本作は放送作家、ラジオパーソナリティ、映画監督としても活動する鈴木おさむによるオリジナル脚本です。 放送作家として『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』や『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』などを手掛ける鈴木は、2020年には『M 愛すべき人がいて』の脚本を担当しました。 バラエティやコメディの印象が強い彼が、異色の学園サスペンスをどのように仕上げるのか期待がかかりますね。

『先生を消す方程式。』の展開が気になる!【全話あらすじ・キャスト】

注目のキャストや異色の設定、主題歌、脚本でも期待が高まる『先生を消す方程式。』。ミステリアスな笑顔の教師と高IQの高校生たちの壮絶なバトルはいったいどんな展開を見せるのでしょうか。 この秋、いちばん見逃せないドラマになりそうですね!