2020年11月10日更新

2021年公開『樹海村』の見どころを徹底紹介!“絶対に入ってはいけない”恐怖の村は実在する?!

樹海村のサムネイル

2021年に公開予定の心霊スポット実録ホラー映画『樹海村』。多くの話題を呼んだ『犬鳴村』(2020年)に続く「実録!恐怖の村シリーズ」の第2弾です。今回は映画のあらすじやキャストなど、最新情報をお届けします!

目次

『樹海村』が2021年公開決定!『犬鳴村』に次ぐ“恐怖の村”第2弾【清水崇】

2020年2月に公開され、110万人の動員で“Jホラー冬の時代”を吹き飛ばすヒットを記録した映画『犬鳴村』。「呪怨」シリーズで知られる清水崇がメガホンをとり、福岡県に実在する心霊スポットに焦点を当てたことで話題を呼びました。 そして今回『犬鳴村』につづく「実録!恐怖の村シリーズ」の第2弾として、映画『樹海村』の公開が2021年に決定! "絶対に入ってはいけない"と噂される富士樹海を舞台に、どのような恐怖が繰り広げられるのでしょうか。

「恐怖の村シリーズ」1作目映画『犬鳴村』についてはこちら!

映画『樹海村』あらすじを紹介 最恐心霊スポットで何が起こるのか……?

「樹海村」で何が起きる?映画のあらすじを紹介

映画『樹海村』の詳しいあらすじは、2020年11月現在まだ明らかになっていません。しかし映画のタイトルにもあるとおり、映画の舞台となるのは富士の樹海のようです。 “絶対に行ってはいけない”、“入ってしまえば生きて帰って来られない”などと噂される富士樹海。公式からの場面写真では、樹海に迷い込んでしまった天沢家の長女・鳴(山口まゆ)と、鳴の妹である響(山田杏奈)が、家の窓から何かに怯えている様子が公開されました。 “絶対に入ってはいけない”樹海に足を踏み入れた2人を、どのような出来事が待ち受けているのでしょうか。ciatr編集部では最新情報を随時更新していきますので、ぜひ今後あきらかになるあらすじもチェックしてください!

富士の樹海にまつわる“箱”とは?

先日公開された『樹海村』のキービジュアルには、真っ暗闇の中にぼんやりと青白い箱が写し出されています。 この不気味な箱を主人公の姉妹たちが見つけてしまうことによって、身の毛もよだつ恐怖体験へと巻き込まれていくのではないでしょうか。 謎多き“箱”は一体どのような意味を持っているのか、注目したいですね。

“入ったら生きて出られない”富士の樹海の集落とは?【都市伝説】

映画『樹海村』の舞台とされる青木ヶ原樹海には、“コンパスが効かない森”、“独自の新興宗教がある”、“自殺で死にきれなかった人が集まった村”など、ゾッとするような様々な都市伝説が飛び交っています。噂が本当なのかどうかも含め、ここでチェックしていきましょう。

映画『樹海村』の舞台は富士の樹海

映画『樹海村』の舞台は、富士の青木ヶ原樹海にある集落のようです。 青木ヶ原樹海は、1,000年以上も前に富士山が大噴火を起こした際流れ出した青木ヶ原溶岩流を覆い尽くしている広大な森。およそ3,000ヘクタール、東京ドーム642個分にも相当するその土地は、“緑の魔境”とも呼ばれています。 また数多くの木々が生茂る樹海は、自殺スポットとなっていることでも有名。海外でも富士の樹海は知られており、「スーサイド・フォレスト」(自殺の森)と呼ばれているようです。

コンパスが効かない?オウム真理教の施設があった?噂は本当なのか

“緑の魔境”とも呼ばれる富士樹海については、昔からいくつかの噂が飛び交っています。 その1つとしてあげられるのが、“富士樹海の中ではコンパスが効かない”というもの。樹海に入ったが最後、無事には帰ってこれないという都市伝説は、この噂が根拠となっているよう。しかしこの噂は単なる噂にすぎず、樹海でも問題なくコンパスを使うことができます。 また青木ヶ原樹海には“新興宗教の施設がある”という噂もありますが、こちらは半分事実。過去にはオウム真理教の施設が青木ヶ原樹海のすぐ南に存在していました。 第2サティアン、第3サティアン、第5サティアンなどと呼ばれた施設が点在していましたが、今ではすべてなくなり、富士ヶ嶺公園という名前の公園になっています。 オウム真理教だけでなく「乾徳道場」という施設を拠点とした新興宗教もあったようです。

実在する「精進集落」が元ネタ?どこにある?

富士の樹海には、“自殺したかった人々によって作られた村がある”という噂も。しかしこれもただの噂であり、事実は確認されていません。このような都市伝説は、富士山の麓にポツンと存在する「精進集落」が元になって生まれたと考えられています。 「精進集落」は国道の富士パノラマラインに面し、以前は70世帯ほどが居住していた集落。かつては郵便局や小学校があるだけでなく、24軒もの民宿が軒を連ねて賑わっていました。もちろん、自殺者たちによって作られた集落ではありません。

映画『樹海村』の登場人物とキャストを紹介!山田杏奈×山口まゆW主演

妹・天沢響/山田杏奈

『樹海村』の主人公である姉妹の妹、天沢響を演じるのは、『小さな恋のうた』(2019年)でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞した山田杏奈。清水監督作品への参加は、今回で2度目となります。 ホラー映画への出演は初めてと語っており、清水監督作品のみならずアメリカのホラー映画『シックスセンス』(1999年)や黒沢清監督作品『降霊』(1999年)などの名作を予習として観るなどやる気は万全。持ち前の演技力がどう光るか、乞うご期待です。

姉・天沢鳴/山口まゆ

山田杏奈とともにW主演を務めるのは、姉の天沢鳴を演じる山口まゆ。 ドラマ「昼顔〜平日午後 3 時の恋人たち〜」に出演し、映画『くちびるに歌を』(2015年)では歌声を披露。『下忍 赤い影』(2019年)では時代劇にも初挑戦するなど、ジャンルを問わず活躍を見せている新進気鋭の女優です。

Youtuber・アッキーナ/大谷凛花

『樹海村』には、前作『犬鳴村』で死んだはずのYoutuber・アッキーナこと西田明菜が引き続き登場。演じているのは大谷凛花です。 大谷凛花は、映画のキャラクター・アッキーナとしてYouTubeチャンネル「アッキーナTV」を実際に開設。映画の中同様、人気を集めるべく体当たりで撮影に挑んでいくとのことです。

その他登場するキャスト

その他、ティーンから多くの人気を集めている神尾楓珠、ドラマ「トレース~科捜研の男~」で注目を集めた倉悠貴、モーニング娘。を卒業後、新たに女優としての才能を開花させている工藤遥の3人も登場。天沢姉妹とともに不気味な箱を手にしてしまう重要な登場人物を演じます。 また衰えることを知らぬ美しさで再ブレイクを果たした安達祐実や、芸人としてだけでなく俳優としても人気を集めているドランクドラゴンの塚地武雅も出演。豪華キャストからも目が離せません。

話題必至のJホラー映画『樹海村』は2021年2月5日解禁!

興行収入は14億円超えを記録した前作『犬鳴村』に続き、話題となることが予想される映画『樹海村』。海外版ビジュアルがいくつか発表されていることからも、日本のみならず世界のホラーファンもターゲットにしていることが予想されます。 海外からも“世界で最も危険な場所の1つ”として知られている富士の樹海。そこで繰り広げられる数々の恐怖体験は見逃せません。2021年の公開を期待して待ちましょう。