2020年12月6日更新

こんなときだからミニシアターで映画を観よう!12月に劇場公開されるおすすめ映画5選【ミニシアター編】

『100日間のシンプルライフ』
© Anne Wilk 2018 / Pantaleon Films GmbH / Erfttal Film & Fernsehproduktion GmbH & Co. KG / WS Filmproduktion / Warner Bros. Entertainment GmbH

新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされた中でも、奮闘を続けているミニシアター。12月の公開作品は、異色のラブストーリーをはじめ個性溢れる作品ばかりです!「密」を避ける必要がある今だからこそ、ミニシアター映画に触れてみませんか。

目次

今こそミニシアターへ!12月に劇場公開されるおすすめ作品を紹介

2020年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、存続の危機にある館も出ている映画館。厳しい状態の中でも、ファンに映画を届け続けてくれています。 万全の対策をしていても、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の大ヒットも相まって混雑する映画館に行くのは、少し不安な人もいるかもしれません。そんな人は、スタッフこだわりの良作を静かに楽しむことができる、「ミニシアター」を選択してみては? この記事では、12月に劇場公開されるミニシアター系映画5本を紹介します。「何だかマニアックそう……」などと敬遠していた人も挑戦しやすい、ciatr編集部おすすめの映画を厳選しました!

12/4公開:『恋するけだもの』

『貞子vs伽椰子』(2016年)などの白石晃士監督が、自らが製作した短編映画『恋のクレイジーロード』(2018年)を長編リブートした『恋するけだもの』。11月21日に名古屋シネマスコーレで先行公開され、12月4日より全国で順次公開されています。 女装男が男に声をかけ、交際を断られると相手を殺すーー。そんな都市伝説が残る田舎町を舞台に、過去を隠して生きる主人公・宙也と殺人鬼の攻防を描く、西部劇タッチのラブストーリーです。 『ミッドナイトスワン』(2020年)の田中俊介が主演を務め、キレの良いアクションを披露。女装の殺人鬼を怪演し話題となった、個性派俳優・宇野祥平にも注目です。暴力と超自然的な存在、複数の恋愛模様が交錯する強烈な世界観をぜひ劇場で!

12/4公開:『夏、至るころ』

夏、至るころ
©︎2020「夏、至るころ」製作委員会

12月4日から全国公開中の『夏、至るころ』。株式会社映画24区が地域の「食」や「高校生」とコラボした、青春映画製作プロジェクト「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズ第2弾です。 福岡県田川市を舞台に、幼なじみの男子高校生2人が不思議な少女と出会い、ひと夏の出来事を通して“日常の幸せ”を見つめ直す様を描きます。 本作は女優、モデルとして多彩な活躍を見せる池田エライザの初監督作品で、上海国際映画祭など海外の映画祭でも絶賛された話題作。ドラマ「his」(2019年)のなどの倉悠貴、石内呂依らフレッシュな若手がメインキャストを演じ、高良健吾、リリー・フランキーらが脇を固めました。

12/4公開:『100日間のシンプルライフ』

『100日間のシンプルライフ』
© 2018 Pantaleon Films GmbH / Erfttal Film & Fernsehproduktion GmbH & Co. KG / WS Filmproduktion / Warner Bros. Entertainment GmbH

フィンランドのドキュメンタリー映画『365日のシンプルライフ』をもとにしたドイツ映画『100日間のシンプルライフ』が、12月4日から日本公開されています! スマホ依存症のパウルとコンプレックスの塊であるトニー。ドイツ・ベルリンを舞台に、幼なじみ2人の間で奇想天外なバトルが勃発します。彼らは全ての家財道具を倉庫に預け、真っ裸の状態から1日ひとつずつ必要な物を取り戻していくのですが……。 フロリアン・ダービト・フィッツが監督・脚本・主演を務め、トニーをNetflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』(2020年)のマティアス・シュバイクホファーが演じます。モノが溢れる現代において、本当に必要なものは何かを考えさせられるでしょう。

12/4公開:『ミセス・ノイズィ』

2019年に第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で上映され、大きな話題を呼んだサスペンスドラマ『ミセス・ノイズィ』。新鋭・天野千尋監督がメガホンを取り、2000年代に世間を騒がせた通称“騒音おばさん”に着想を得て映画化しました。 吉岡真紀は1児の母であり、スランプに悩む35歳の小説家です。彼女はある時から、隣人の若田美和子による嫌がらせに心の平穏を奪われ、家族ともギクシャクしてしまい……。ささいな隣人同士の対立は予想外の事態に繋がり、マスコミやネットも巻き込む大騒動に発展するのでした。 ご近所トラブルやSNSの炎上など、社会問題を反映して描かれる本作。主人公の真紀を『共喰い』(2013年)の篠原ゆき子、美和子を大高洋子、真紀の娘を新津ちせが演じました。

12/11公開:『NETFLIX 世界征服の野望』

ベストセラー「NETFLIX コンテンツ帝国の野望」の著者ジーナ・キーティングが自ら脚本を手がけ、NETFLIXの裏側を描くドキュメンタリーです。 世界初のDVDレンタル・販売サイトとして創設され、今や世界190カ国以上で、有料契約者数1億以上を誇る動画配信サービスとなったNETFLIX。アカデミー賞3部門受賞の『ROMA/ローマ』、韓流再燃の立役者『愛の不時着』といったオリジナルコンテンツがブームに至るまでを、関係者たちの証言をもとに追いかけます。 元CEOのマーク・ランドルフをはじめ、創業メンバーであるミッチ・ロウ、映画プロデューサーのビル・メカニックらの出演も見逃せません!映像ビジネスに革命を起こし、快進撃を続けているNETFLIXの強さの秘密とは?

12月は少しマニアックな映画を観てミニシアターを守ろう!

12月にミニシアターで公開される映画から、ciatr編集部おすすめの5本を紹介しました。 少しマニアックな映画の世界に興味を持った人は、きちんと新型コロナウイルスの感染対策をしつつ、劇場に足を運んでみましょう。ミニシアターは支配人のこだわりが強く反映され、雰囲気も上映作品も館ごとに全く違うことが多いので、ぜひ行きつけを見つけください!