2021年1月16日更新

「銀魂」実写キャストの再現高い度ランキング!原作キャラを最も忠実に再現したのは誰?【実写「銀魂2」地上波放送!】

実写映画『銀魂』主要メンバー
(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

人気マンガが実写化されるときにいちばん気になるキャラクターの再現度は、実写ファンの悩みの種でもあります。ところが「銀魂」シリーズはファンも納得の再現度が話題に。今回は原作そっくりなキャラクターたちをランキングで紹介します!

目次

映画「銀魂」実写キャスト 原作キャラの再現度が高いのは誰?

大人気マンガを実写映画化した「銀魂」シリーズ。2021年1月8日からアニメ映画『銀魂 THE FINAL』が公開され、それを記念して1月16日11時55分からはテレビ東京系列で実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』が地上波初放送されます。 マンガの実写化ではキャラクターの見た目から雰囲気まで、その再現度が気になるところですが、本シリーズは高い再現度を誇り好評を博しています。 そこで今回ciatrでは、「銀魂2」実写キャストの再現度ランキングを作成!実写映画に出演した全25人の俳優を対象に、銀魂ファン100人にアンケートを実施。投票結果を集計し、1位から5位までをカウントダウン形式で発表します。また、具体的にどのシーンが似ていたかについてもあわせて紹介しましょう。

5位:土方十四郎/演:柳楽優弥 (18票)

【第六弾】『銀魂』:真選組<近藤・土方・沖田>
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

(画像左) 再現度の高いキャラクターたちのなかで、見事5位にランクインしたのは柳楽優弥が演じる土方十四郎。江戸の2大武装警察の1つ「真選組」の副長で、「真選組の頭脳」、「鬼の副長」と呼ばれる切れ者です。 土方を演じる柳楽優弥は2004年の映画『誰も知らない』で、カンヌ国際映画祭史上最年少の14歳、日本人で初めて男優賞を獲得。実力派俳優として数多くの映画、ドラマ、CMに出演。映画『泣くな赤鬼』(2019年)や『今日から俺は!!劇場版』(2020年)など、硬軟幅広い演技で知られています。 彼が演じた土方については「醸し出す空気感が似ている」、「タバコを吸いながらしゃべるのがうまい」などの意見がありました。

4位:沖田総悟/演:吉沢亮 (34票)

(5位画像右) 4位には吉沢亮演じる沖田総悟がランクインしました。沖田は土方と同じ真選組の一員で一番隊の隊長。イケメンですがドSな性格で、副長の座を狙っています。 そんな沖田を演じる吉沢亮は、2013年に『ぶっせん』でドラマ初主演。主要キャラクターに抜擢された『リバース・エッジ』(2018年)は、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品されました。2021年2月からは大河ドラマ『晴天を衝け』で、主人公の渋沢栄一を演じます。 今回のアンケートでは、「見た目といい話し方といい雰囲気といい、沖田が1番再現度高い」、「“死んじまいな”のセリフのシーン。沖田がマンガから出てきたようで心を奪われました!」など、絶賛する声が多くありました。

3位:志村新八/演:菅田将暉 (44票)

『銀魂2』
©空知英秋/集英社 ©2018映画『銀魂2(仮)』製作委員会

(画像左) 3位には44票を獲得した、菅田将暉演じる志村新八がランクイン。剣道場の跡取りで、侍魂を学ぶため坂田銀時のもとで働いている眼鏡が特徴の少年です。アイドルのファンクラブ「寺門通親衛隊」の隊長を務めるという一面も。 新八を演じた菅田将暉は、いまや実力派として知られる人気俳優です。代表作には映画『溺れるナイフ』(2016年)や『アルキメデスの大戦』(2019年)、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年)などがあります。 彼が演じた新八について「声やツッコミがアニメ版にそっくりで本物の新八みたいでした」、「菅田将暉だと気づかないくらい役になりきっていた」などのコメントが寄せられました。

2位:坂田銀時/演:小栗旬 (45票)

(3位画像中央) 45票を獲得して2位につけたのは、主人公・坂田銀時を演じる小栗旬。銀時は江戸のかぶき町でなんでも屋「万事屋銀ちゃん」を営んでいます。銀髪に黒い上着、白い着流しを着て、ブーツを履いた姿が特徴的。かつては「白夜叉」とも呼ばれ恐れられた攘夷志士だった人物です。 そんな銀時は、俳優として人気実力ともに確固たる地衣を確立している小栗旬が演じました。2005年と2007年に放送されたドラマ『花より男子』で一気に知名度を挙げた彼は、その後も数多くのヒット作に出演。映画では「クローズZERO」シリーズや、『君の膵臓をたべたい』(2018年)などへの出演で知られています。 「銀さんのだらしない雰囲気がよく再現できていたと思います。」、「銀さん、新八、神楽、この3人の事件発生までのやり取り(よろずや内)が再現度高過ぎて大爆笑です。」「銀時と桂が高杉と殺陣をするシーンの再現度が高かった」など、コミカルなシーンもシリアスなシーンも原作通り!と感じるファンが多かったようです。

1位:神楽/演:橋本環奈 (51票)

(3位画像右) 51票を集め見事トップを勝ち取ったのは、橋本環奈演じる神楽でした。本シリーズのヒロインである彼女は、宇宙最強の戦闘部族と言われる夜兎族の少女で、超人的な怪力と戦闘力の持ち主。しかし日光に弱く、つねに仕込み銃の防弾傘を持っています。 神楽を演じたのは、もともと福岡のダンス&ボーカルユニットでアイドルとして活動していた橋本環奈。2016年に映画『セーラー服と機関銃ー卒業ー』で映画初主演を飾り、以降『斉木楠雄のΨ難』(2017年)や『十二人の死にたい子どもたち』など、短期間にさまざまなジャンルの作品に出演しています。 彼女の神楽については「ヒロインとは思えない変顔を全力でやっている」、「鼻ホジシーンは再現度高くて面白かったです。」など、その体当たりな演技が高い再現度につながったようです。

トップ3は主要メンバーが独占!6位以下にも印象的なキャストが

実写映画『銀魂』主要メンバー
(c)空知英秋/集英社 (c)2017「銀魂」製作委員会

トップ3はメインキャラクター3人が独占、4位と5位は真選組からランクインする結果となりました。 6位には中村勘九郎演じる近藤勲と、長澤まさみ演じる志村妙が同率ランクイン。近藤については「ハチミツまみれになるシーンが原作そのものだった」、妙については「長澤まさみのアクションがすばらしい」など、印象的なシーンへの言及が多くありました。 どのキャストについても多かったのは「変顔シーンの振り切れ方がすごい」という意見。たしかに原作にギャグシーンの多い「銀魂」では、かなり重要な要素と言えそうですね。特に女性陣の本気の変顔には驚いた人も多かったようです。 また全体的に雰囲気やたたずまいが似ているという意見も多くあり、キャスティングはもちろん俳優陣の役づくりも再現度の高さに一役買っているのではないでしょうか。