2021年2月9日更新

4月期ドラマ『コントが始まる』あらすじ・キャスト紹介!菅田将暉が人生に失敗したコント師に

『コントが始まる』 サムネイル

4月期の新土曜ドラマ『コントが始まる』の情報が解禁!「はな恋」の菅田将暉×有村架純、さらに神木隆之介に仲野太賀と、同世代の豪華キャストが集う本作のあらすじ・キャスト、見どころを紹介します。

目次

新土曜ドラマ『コントが始まる』に菅田将暉、有村架純、神木隆之介が豪華共演!

日本テレビの4月期新土曜ドラマは、菅田将暉主演の『コントが始まる』に決定!『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019年)以来2年ぶりの連ドラ主演となり、映画『花束みたいな恋をした』(2021年)で共演した有村架純と再び顔を合わせます。 さらに話題となっているのは、菅田将暉が神木隆之介と仲野太賀の3人でコント師に扮すること。有村架純を含めて全員が1993年生まれで、同世代の主役級キャストが勢ぞろいしています。 ドラマ『俺の話は長い』(2019年)の脚本家・金子茂樹によるオリジナル脚本であることも注目点です。 この記事では、そんな注目の新ドラマ『コントが始まる』の気になるあらすじやキャスト、見どころを紹介していきます。

『コントが始まる』のあらすじは?夢に敗れたコント師たちの人生の喜劇

高岩春斗(菅田将暉)、美濃輪潤平(仲野太賀)、朝吹瞬太(神木隆之介)の3人は、売れないお笑い芸人トリオ「マクベス」を結成していました。年はすでに20代後半、「大敗」の渦中にいる3人は解散を決意します。 ネタ作りにいつも集うファミレスで出会った店員の中浜里穂子(有村架純)と、その妹の中浜つむぎ(古川琴音)は、そんな彼らをファンとして支える存在。失敗から出会った人や出来事によって、思いもよらない幸せに巡り合う若者5人の人生を描く、群像劇が始まります。

『コントが始まる』の見どころ

ショートコントが伏線に!

『コントが始まる』のタイトル通り、このドラマは「マクベス」による毎話1本のショートコントから幕を開けるのが最大の特徴。実は冒頭のコントこそが、その後53分間に起きる物語の壮大な「前フリ」であり、伏線となっているのです。 コントによる前フリの伏線を本編で回収するという、前代未聞の斬新な構成。それを菅田将暉、神木隆之介、仲野太賀の3人が演じるとなると、もう期待しかありません!

お笑いトリオ「マクベス」は東京03を意識?

本作で登場するお笑いトリオ「マクベス」は“売れない”コント師で解散しようとしていますが、いきなり解散しては話が進みません。劇中で「マクベス」がどのようなトリオに成長していくのかも楽しみの1つ。 高岩を演じる菅田将暉は、2018年に「ファンタ」CMのイベントで「東京03」の飯塚悟志と共演していますが、元々「東京03」のコントはよく見ていたそう。飯塚の「情感豊かなツッコミがすごく好き」と語っていました。 イベントでは飯塚に無茶振りしながらも、そのツッコミの技を教えてもらっていた菅田将暉。「マクベス」でもツッコミ担当になり、「東京03」のように大ボケと小ボケの2人に鋭いツッコミを入れることになるかもしれませんね。

菅田将暉を筆頭に93年生まれの華やかな実力派キャストが集結!

本ドラマが放送開始前からこれだけ話題となっている大きな理由は、キャストの豪華さ。「はな恋」のブレイクが記憶に新しい菅田将暉と有村架純に加えて、神木隆之介に仲野太賀など、主役級の華やかな俳優陣が揃っています。 さらに主人公の妹役として出演する古川琴音も、他のキャストたちと多くの共演歴をもち、菅田将暉の楽曲PVに出演した経験もある期待の新人女優です。豪華なキャストたちのこれまでの活躍を振り返って、今回どのような役を演じるのか紹介していきます!

菅田将暉/高岩春斗(たかいわ はると)

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー、高岩春斗を演じるのは菅田将暉です。本作は「ずっと憧れていた青春群像劇」であり、「こんなにもそばにいて欲しい人が集まってしまい、正直浮ついてます」というコメントにも嬉しさが滲み出ています。 「はな恋」での有村架純との共演も記憶に新しい菅田将暉ですが、つい先日も映画『CUBE』の主演が決定したばかり。2020年は小松菜奈とのW主演作『糸』の大ヒットがあり、その主題歌「糸」のカバーも話題になりました。

有村架純/中浜里穂子(なかはま りほこ)

「マクベス」がネタ作りに集うファミレスの店員・中浜里穂子を演じるのは、有村架純です。この作品が「人々の小さな希望の光になる、応援歌のような作品になれば」と意気込みを語っていました。 2021年は菅田将暉と共演した「はな恋」のヒットで始まり、『るろうに剣心最終章』2部作の公開が控えている有村架純。2020年はドラマ『姉ちゃんの恋人』で主演を務め、NHKドラマ『太陽の子』にも出演しました。

仲野太賀/美濃輪潤平(みのわ じゅんぺい)

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー、美濃輪潤平を演じるのは仲野太賀です。「息苦しい時代の中で希望になるような、そんなドラマになれば」と思いを語り、「今後この5人がどういう化学反応を起こしていくのか」が楽しみとコメントしています。 2020年は『生きちゃった』と『泣く子はいねぇが』の主演作2本が公開された仲野太賀。さらに山里亮太役で主演したドラマ『あのコの夢を見たんです。』や『この恋あたためますか』の新谷役でも話題を呼びました。 2021年2月には出演作『すばらしき世界』と『あの頃。』の2本の映画が公開されます。

古川琴音/中浜つむぎ

里穂子の妹で、姉の世話を言い訳に目標もなく夜の街で働く中浜つむぎ。演じるのは、『この恋あたためますか』でも仲野太賀と共演した古川琴音です。2020年は他にも、NHK連続テレビ小説『エール』にも出演しています。 また『泣く子はいねぇが』や「はな恋」にも出演しており、本作で共演する面々とはすでに馴染みもあるよう。公式コメントでは「凄くもがきながら人生を進めていく5人だ思うのですが、そんな5人を思いっきり笑い飛ばしながらドラマを見て頂けたら」と語っていました。

神木隆之介/朝吹瞬太(あさぶき しゅんた)

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー、朝吹瞬太を演じるのは神木隆之介です。これまで同世代の役者と群像劇をした経験がなかったそうで、「リアルな自分の年齢を演じられることが楽しみ」ともコメントしています。 子役からの長い芸歴を持ち、その出演作も多い神木隆之介。『バクマン。』(2015年)や『3月のライオン』(2017年)など漫画実写化映画への出演も多く、さらに『サマーウォーズ』(2009年)や『君の名は。』(2016年)などアニメ映画で声優としても活躍しています。

脚本は『俺の話は長い』の金子茂樹

『コントが始まる』の脚本を手がけるのは、2019年のドラマ『俺の話は長い』で向田邦子賞を受賞した脚本家の金子茂樹。本作は原作のない、金子茂樹によるオリジナル脚本となっています。 これまでドラマを中心に、『世界一難しい恋』(2016年)や『ボク、運命の人です。』(2017年)、『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(2018年)などの脚本を担当してきました。どの作品も、優しくも希望を与えてくれるようなコメディタッチの作風が特徴です。 『俺の話は長い』の主人公・岸辺満がニートながらも、少しずつ前を向いていく展開だったことを考えると、おそらく本作も1歩踏み出す勇気や、明日への活力をもらえるような結末へ向かうのではないでしょうか。

同世代の豪華キャストが集う群像劇『コントが始まる』に期待大!

菅田将暉をはじめ、有村架純、神木隆之介、仲野太賀という同じ1993年生まれの同世代キャストが織り成す青春群像劇『コントが始まる』。実際の年齢の役を演じられることも大きなメリットであり、きっと高岩たちの等身大の人生を見せてくれるはず! ドラマ『コントが始まる』は、2021年4月の毎週土曜夜10時から、日本テレビ系で放送スタートです。