2020年11月30日更新

4月期の月9ドラマは『イチケイのカラス』に決定!竹野内豊が刑事裁判官に【あらすじ・キャスト】

ドラマ「イチケイのカラス」記事サムネイル

2021年4月期の月9ドラマ『イチケイのカラス』で竹野内豊が刑事裁判官に!11年ぶりの月9主演、黒木華との初共演と話題たっぷりの新ドラマについて、あらすじやキャストなどの最新情報を紹介します。

目次

月9『イチケイのカラス』で竹野内豊が11年ぶり主演!あらすじやキャストは?

竹野内豊が11年ぶりにフジテレビ月9ドラマの主演を務める『イチケイのカラス』。刑事裁判官を主人公にした同名原作マンガの設定を大胆に変更した本作は、竹野内が黒木華と共演することでも注目を集めています。 この記事では、話題のリーガルドラマ『イチケイのカラス』のあらすじやキャスト、スタッフなど最新情報を紹介。原作マンガから変更された部分や「刑事裁判官」という職業についても解説します。

リーガルドラマ『イチケイのカラス』のあらすじ

絶対に冤罪を生むことがないように、自ら事件の現場検証を行うという異端の刑事裁判官・入間みちお(竹野内豊)。カジュアルな服装にヒゲを生やし、常にマイペースな彼ですが、自由な観察眼と徹底した探究心によって弁護士団や検察官の両方から恐れられています。 みちおが勤務するのは、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称「イチケイ」)。実はみちおは元弁護士という異色の経歴を持っており、イチケイに異動してきた東大法学部出身のエリート特例判事補・坂間千鶴(黒木華)とは正反対のタイプです。 はじめは反発していた2人ですが、千鶴は事件を「被告人の人生」として扱うみちおの信念に気付き、それまで迅速さと効率性を重視していた自分自身に“裁判官として何ができるか”という問いを投げかけることになります。

刑事裁判官ってどんな職業?

本作の主人公となる「刑事裁判官」とは、刑事事件を担当する裁判官のこと。坂間千鶴の「特例判事補」とは、裁判官の実務を5年以上経験した、判事と同等の権限を持つ判事補です。 裁判官は検察官や弁護士から提出された証拠を調べ、被告人が有罪か無罪かを判断し、有罪の場合はその罪に相当な刑罰を下します。 これまで、木村拓哉が型破りな検察官を演じた「HERO」シリーズや、松本潤が裁判有罪率99.9%の刑事事件に挑む弁護士を演じた「99.9 -刑事専門弁護士-」シリーズなど、検察官や弁護士を主人公にしたドラマは多々ありました。 しかし今回、民放ドラマで刑事裁判官が主人公になるのは初めてとのこと! 普段はあまり知られていない刑事裁判官の仕事にも興味津々ですが、何よりも気になるのは“人が人を裁く”ということ。このテーマに真っ向から挑んでいるのが、『イチケイのカラス』なのです。

原作マンガについても解説!主人公に大幅な変更が?

原作は講談社の週刊マンガ雑誌「モーニング」で、2018年から2019年の間に連載されていた浅見理都による漫画『イチケイのカラス』。 主人公は特例判事補の坂間真平で、相対するのが元弁護士の判事である入間みちおです。

原作から大幅な変更が!

今回ドラマ化にあたり、原作マンガの設定から大胆な変更が行われました。 それは主人公を坂間ではなく、入間にしたこと。しかも原作者の了承のもと、ビジュアルも大幅に変更されました。原作での入間は“眼鏡をかけた小太りの中年男性”でしたが、その役柄をイケメン俳優として知られる竹野内豊が演じることになります。 そして黒木華が演じる坂間千鶴が、原作の主人公・坂間のキャラクターを踏襲しているようです。主人公だった坂間をサブキャラにして、なおかつ女性に変更している点は、物語にどのような変化を生むのでしょうか。

竹野内豊が『流れ星』以来11年ぶり月9主演に!

竹野内豊/入間みちお

本作の主人公・入間みちおを演じるのは、2010年のドラマ『流れ星』以来11年ぶりの月9主演となる竹野内豊。連ドラ出演はTBS系ドラマ『義母と娘のブルース』(2018年)以来3年ぶりです。 竹野内豊はこれまでも、出世作となった『ビーチボーイズ』(1997年)をはじめ、『氷の世界』(1999年)や『できちゃった結婚』(2001年)など、月9ドラマで何度も主演を務めています。 また刑事や教師、弁護士など幅広い役柄を演じてきましたが、裁判官役は本作が初めて。原作とは違う新たな「入間みちお」というキャラクターを、どのように演じるのかが注目されるところです。

黒木華が堅物エリートの裁判官を演じる

黒木華/坂間千鶴

黒木華が演じるのは、東大法学部卒の特例判事補・坂間千鶴。冗談の通じない堅物で、事件をただの「案件」として迅速に処理することを重視するタイプです。 黒木華は2019年の主演ドラマ『凪のお暇』以来2年ぶりとなる連ドラ出演で、竹野内豊とはドラマ初共演。『重版出来!』(2016年)といったヒットドラマだけでなく、映画界でも『舟を編む』(2013年)や『小さいおうち』(2014年)などで高い評価を受けている実力派です。 原作では主人公だった坂間真平をドラマでは女性に変更し、竹野内豊演じる入間みちおと相対するサブキャラクターとして新たに作り上げていきます。黒木華がどんなエリート裁判官を演じるのかも見どころです。

脚本は『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』などの浜田秀哉

ドラマ『イチケイのカラス』で脚本を手がけるのは、フジテレビの人気ドラマシリーズ「絶対零度」で知られる浜田秀哉。 ほかにも2018年のNHKドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』や、2019年の日本テレビ系ドラマ『ボイス 110緊急指令室』といったハードな社会派ドラマを得意としています。 正反対の性格である入間と坂間の2人に、どんなやり取りをさせるのかも気になるところ。「絶対零度」シリーズのようにハードな内容のなかにも、コミカルな場面が取り入れられるかもしれませんね。

爽快リーガルドラマ『イチケイのカラス』は4月から放送スタート!

民放ドラマ初となる刑事裁判官が主人公のドラマ『イチケイのカラス』は、2021年4月からフジテレビ系列で毎週月曜よる9時に放送されます。 竹野内豊演じる型破りのクセ者裁判官・入間と、黒木華演じる堅物エリート裁判官・坂間が繰り広げる「爽快リーガルエンターテインメント」。あらすじやキャストの続報を待ちましょう!