2021年3月4日更新

4月期新ドラマ『ネメシス』櫻井翔×広瀬すず×入江悠監督の豪華タッグ!あらすじ・キャスト情報を紹介

ネメシス サムネイル

2021年4月から日本テレビ系列で放送が開始される新ドラマ『ネメシス』。櫻井翔演じるポンコツ探偵と、広瀬すず演じる天才助手が難事件をつぎつぎと解決していくミステリー・エンターテインメントとなる本作の最新情報を紹介します。

目次

4月期新ドラマ『ネメシス』で櫻井翔と広瀬すずがポンコツ探偵と天才少女に!【あらすじ・キャスト紹介】

放送局 日本テレビ系列
放送日時 日曜よる10時30分
放送開始日 4月
主演 櫻井翔・広瀬すず
原作 なし、片岡翔・入江悠によるオリジナル脚本
主題歌 未定

2021年4月から日本テレビ系列で、櫻井翔と広瀬すずが共演するドラマ『ネメシス』が放送されることが発表されました。 櫻井演じる“ポンコツ探偵”と広瀬すず演じる“天才助手”の凸凹コンビがおくる本作は、1話完結で毎回超豪華共演者が登場するミステリー・エンターテインメントです。 いったいどんな作品になるのか、2021年2月現在の最新情報を紹介します。

ドラマ『ネメシス』はどんなあらすじに?原作なしのオリジナル脚本

「ネメシス」とは、正義の鉄槌で悪を砕くギリシャの女神。ドラマ『ネメシス』では、そんな名前がつけられた横浜の探偵事務所を舞台にしていきます。 ネメシス探偵事務所の所長・風真尚希は、おっちょこちょいな元刑事のポンコツ探偵。彼は天才的なヒラメキを誇りながらも無鉄砲な助手・美神アンナと助け合いながら、難事件に挑んでいきます。 実はアンナは探偵助手をしながら、数年前に行方不明になった天才科学者の父を探しているのです。 しかしひとつひとつの事件を解決し、アンナが父につながるヒントを見つけ出すたびに、新たな謎が生まれてしまい……。やがて2人は、全ての謎を解く鍵が、20年前闇に葬られた“ある事件”にあると知るのでした。 原作なしのオリジナル脚本で、凸凹バディの笑えるやりとりや超難解な謎解きが見どころとなりそうな本作。さらに、毎話2人をサポートしてくれる強力な助っ人が登場するとのことで、そちらのキャストやキャラクターにも注目が集まります。

8月には映画も公開?橋本環奈や上白石萌音が出演の噂も

4月から3ヶ月のドラマ放送終了後の8月には、本作の映画が公開されるとの噂も。映画やドラマには、橋本環奈や上白石萌音などが出演するのだとか。昨年7月から約3ヶ月かけて、ドラマはすでに撮影を終えているそうです。 確定情報が楽しみですね!

5人の推理小説家と入江悠が作る1話完結ストーリーに期待! 最終話に向けてすごい仕掛けが?

映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』(2017年)などで知られる入江悠が総監督を務める本作は、1話完結のストーリーになることが伝えられています。しかし同時に、“すべての事件が、最後の謎のつながる”壮大な物語でもあるとか。 “1話完結の事件”と“20年前の謎”が複雑に織りなす、全10話の物語。1話1話の事件を解決することで、20年前の謎の断片が明らかになっていき、最終回に向けて衝撃の展開を迎えます。 各エピソードに隠されているであろう伏線が、“最後の謎”に関わってくると思われ、考察しがいのあるドラマにもなりそうです。 また事件のトリックは「屍人荘の殺人」の今村昌弘をはじめとして藤石波矢、周木律、降田天、青崎有吾の気鋭の推理小説作家5人が監修。見応えのある謎解きになることが期待されます。

ポンコツ探偵役を演じる櫻井翔 日テレは“櫻井祭り”に!?

櫻井翔が演じる風真尚希は、ポンコツですが人望に厚い元刑事の探偵です。 本作に出演するにあたって彼は「まずは、オリジナル作品のミステリーであること、そして映画スタッフが集結するというスケールの大きさに驚きました。」とコメントしています。 また3年ぶりのドラマの撮影についても「入江監督のもと、まるで映画の撮影をしているかの様な空気が 流れる中、緊張感がありながらも楽しみながら撮影を進めています。」と語り、 3度目の共演となる広瀬すずについては「一緒にいる誰をも笑顔にしてしまう魅力の持ち主ですが、お芝居のスイッチが入ると、圧巻の一言です。」と賛辞を贈りました。 櫻井は日テレのニュース番組『News Zero』の月曜キャスターとしても出演しており、昨年末に終了した『嵐にしやがれ』の後続番組『1億3000万人のSHOWチャンネル』でも司会を務めています。日テレ系は、今回のドラマで“櫻井祭り”ともいえる状態になるのではないでしょうか。

広瀬すずはヒラメキ型の天才少女・美神アンナ

櫻井演じる風真の助手・美神アンナは天才的なヒラメキを持っていますが、無鉄砲な性格。彼女を演じるにあたって、広瀬すずは次のようにコメントしています。 「“美神アンナ“を演じるうえで、自分の中に軸はあり、でもそれを感じてるのは私だけでいいかなと思いながら、自由人なアンナを、楽しみながら見てもらえたら嬉しいです。意外とまだ18歳(アンナの年齢)という、、不意に出る素直な隠しきれない思いも大切にしたいです!」 脚本のテンポの良さも本作の魅力だと語った広瀬すず。その演技とストーリー展開に期待が高まりますね。

江口洋介はイケオジな探偵事務所のSEO・栗田一秋

探偵事務所ネメシスのCEO栗田一秋役は、江口洋介が演じます。江口は1990年代、『東京ラブストーリー』(1991年)や『ひとつ屋根の下』(1997年)などのトレンディドラマの常連だったイケメン俳優。 本作の公式サイトでは「広瀬すずさん、櫻井翔さんと僕の探偵事務所のメンバーが、ファミリーのようであり、その関係性も楽しんで頂ければ」と語りました。 また「沢山の伏線が最終回に向けてどう絡みあっていくのか、ご期待ください。タイトルに含まれた秘密、言いたいけど言えない!」とも語っているので、伏線とタイトルの意味を考察しながらドラマを鑑賞すると面白そうですね。

『22年目の告白 -私が殺人犯です-』で衝撃のラストを作り上げた入江悠監督

『ネメシス』の総監督を務めるのは、『SR サイタマノラッパー』(2009年)や『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年)などで知られる映画監督の入江悠です。 「22年目の告白」で衝撃的などんでん返しを作り上げた彼が手掛けるミステリー・エンターテインメントということでも注目が集まっています。 入江は本作について「オリジナル脚本なので、映像で見たときに驚きのあるトリックを考えたりと自由度を楽しめた半面、各話完結ものながらも全話を通して各話が複雑に絡み合い繋がっていくという構成構築にとても苦労しました。」と語っています。 また公式サイトに「最終話に向けて、すごい仕掛けがありますので、是非最後まで見逃さずにご覧ください!」と期待を煽るコメントを寄せています。

新ドラマ『ネメシス』は4月から放送開始!詳細なあらすじ・キャストは続報を待とう

櫻井翔と広瀬すずの共演、入江悠総監督のミステリー・エンターテインメントということで、すでに注目を集めているドラマ『ネメシス』。さらに毎話豪華キャストが登場するとのことで、期待は高まるばかりですね。 『ネメシス』は2021年4月から日本テレビ系列で放送開始。ciatrでは、詳細やあらすじやキャストについても発表され次第紹介していきます。