2021年4月14日更新

『殺し愛』の魅力をネタバレ解説!殺し屋×殺し屋のラブサスペンス

殺し愛

無口な女性殺し屋シャトーとうさんくさい凄腕殺し屋のリャンハの歪な関係を描いた『殺し愛』がアニメ化決定!この記事では、『殺し愛』の主要キャラクターであるシャトーとリャンハについて、プロフィールや2人の関係性、謎の多い過去などを紹介します。

目次

『殺し愛』の魅力をネタバレ解説!リャンハとシャトーの過去とは?

『殺し愛』はイラスト投稿サイト「Pixiv」で閲覧数300万を記録し、2021年4月現在は『月刊コミックジーン』にて連載中の作品です。殺し屋の男女による歪な愛情の形や、謎多き登場人物の過去が段々と明らかになっていく展開などで注目を集めています。 2020年にはアニメ化も発表された『殺し愛』について、この記事では主要キャラのプロフィールや2人の関係性、謎の多い過去について紹介します。 ※この記事は2021年4月現在までのネタバレを含みますので、読み進める際は注意してください。またciatr以外の外部サイトでこの記事を開くと、画像や表などが表示されないことがあります。

『殺し愛』を読むならこのサービスがおすすめ

サービス名 U-NEXT まんが王国 ebookjapan
おすすめ度 1位 2位 3位
こんな人に
おすすめ
動画も観たい 毎日漫画を
読む
価格/作品数
重視
公式HP 公式HPはこちら 公式HPはこちら 公式HPはこちら

※表は横にスクロール可能
※配信状況は4月14日時点のものです。

あらすじ

賞金首の暗殺を請け負う殺し屋組織「リッツランサポート商会」に所属する女性スタッフ、シャトー・ダンクワースは、ある日単独行動中に謎の男、ソン・リャンハに出会います。賞金首を奪われた上に拘束されてしまったシャトーでしたが、リャンハが彼女に求めたのは連絡先の交換でした。 その後、リャンハの正体は凄腕の殺し屋かつ賞金首だったことが判明。しかし彼はなぜかシャトーに一方的な好意を持ち、ストーカーさながらにつきまとうようになります。

【魅力①】設定が斬新すぎるキャラ

シャトー・ダンクワース

殺し屋組織リッツランサポート商会の期待の新人。上司の命令を聞かずに単独行動を取ることが多いものの、殺しの腕前は組織の中でも随一であり、また彼女の父が社長の恩人であることからも多めに見られているようです。 常に無表情でデレの欠片もないクールな性格をしていますが、時には無鉄砲な一面も。自分につきまとうリャンハのことを警戒している様子が見られますが、何かの事情があるのか彼を完全に突き放すことはありません。

ソン・リャンハ

凄腕の殺し屋であり、多くのマフィアなどから狙われている賞金首。細目に飄々とした態度が特徴的で、その殺しの腕前はシャトーすらも凌ぐほどです。 彼女を前にした時だけ穏やかな雰囲気になりますが、普段は恐ろしいほどの冷血漢。彼女が追っている賞金首を差し出す行為は、彼曰く「取引」ではなく「奉仕」とのことですが、その目的は分かっていません。なぜシャトーに対して執拗に近づこうと試みているのかという点が、本作の最大の謎です。

【魅力②】2人の関係性がクセになる

『殺し愛』というタイトルからも分かるように、本作の主人公のシャトーとリャンハは殺伐とした関係です。しかしながらリャンハにとってシャトーは特別な存在であり、殺意ではなく歪な愛情を向けているため、ストーカーじみたリャンハ×嫌がるシャトーという構図がしばしば見られます。 初対面でシャトーに殺意を向けられても、リャンハはナンパと称して彼女に名前や連絡先を尋ね、その後も彼は彼女に対して猛アタックを仕掛けるように。求められてもいないのに賞金首を捕まえては彼女に連絡し、賞金首を渡すという不可解な行為もしています。 一方シャトーはリャンハの目的が分からず、彼から向けられる行為には顔を顰めることもしばしば。それでも彼からの呼び出しには応じていることから、彼女自身にもなんらかの目的があると考察されています。

【ネタバレ注意】2人の過去は?明らかになった謎を解説

これまでシャトーとリャンハの2人は1巻序盤で初めて出会ったと考えられていましたが、過去編にて2人は幼少期から繋がりがあったことが判明しました。 シャトーの上司であり、彼女の父親に恩があるエウリペデス・リッツランが実家に訪れた際、彼女の母がシャトーの幼少期について語っています。 昔南部の田舎町で国籍不明の少年の遺体が乗った不審車両が発見された時、同じ車両から幼い頃のシャトーが発見されたというのです。さらに彼女は身元不明であり、戸籍のない「シャトー・ノーブル」という名前しか口にしませんでした。 そのうち彼女は事件を調べていたダンクワース捜査官にだけは心を開き始めたため、彼に養子として引き取られて「シャトー・ダンクワース」となりました。 ちなみに、死亡していた少年が所持していた身分証には「ソン・リャンハ」という身元不明の名前が記載されていたと言います。シャトーが自分の名前以外何も喋らなかったことから事件は迷宮入りとなりましたが、シャトーとリャンハには繋がりがあったことが分かりました。

『殺し愛』2人を取り巻く謎は明らかになるのか?最終回に期待

無口な殺し屋の女性シャトーと、飄々とした凄腕殺し屋のリャンハ。物語が進むにつれて段々と2人の謎が明らかになっていく展開が本作の見どころです。 彼らの殺伐とした愛の形はいったいどのような結末を迎えるのでしょうか?2021年4月現在10巻まで発売中の『殺し愛』をぜひ1度手に取って読んでみてくださいね!