2021年5月24日更新

『ゴースト・オブ・ツシマ』映画化決定!判明情報からキャスト予想まで紹介

『ゴースト・オブ・ツシマ』サムネイル

PS4の人気ゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』が実写映画化されることが決定しました。監督を務めるのは「ジョン・ウィック」シリーズを手掛けたチャド・スタエルスキ。この記事では映画『ゴースト・オブ・ツシマ』に関する最新情報をまとめています。

目次

『ゴースト・オブ・ツシマ』映画化が決定!世界的人気ゲームが劇場に!

2020年7月の発売直後から「神ゲー」との評価が高く、世界的大ヒットとなったプレイステーション4用アクション・アドベンチャー・ゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』。 鎌倉時代にモンゴル軍に侵略された対馬を舞台に、民を守る武士の戦いを描いたメインストーリーや美麗なグラフィックが映画のようであると評判です。 2021年3月、この人気ゲームが実写映画化されることが発表されました。あの美しい世界を映画館のスクリーンでも体験できることに期待が高まっています。 この記事ではこの映画に関して2021年5月の時点で判明している最新情報をまとめてみました。

『ジョン・ウィック』シリーズ監督が民を守る武士の戦いを描く!

映画版『ゴースト・オブ・ツシマ』はソニー・ピクチャーズとプレイステーション・プロダクションの提携で製作されます。本作は2022年2月に公開予定の『アンチャーテッド』に続いて、このパートナーシップで製作される2本目の作品です。 『ゴースト・オブ・ツシマ』の監督は「ジョン・ウィック」シリーズを手がけたチャド・スタエルスキが努めます。キアヌ・リーブスの武術・スタント・コーディネータから監督になったスタエルスキはアクションの描き方が華麗で、本作でもその才能を遺憾なく発揮してくれそうですね。 ゲームを開発したサッカーパンチ・プロダクションズのクリエイティブ・ディレクターであるネイト・フォックスも、スタエルスキ監督に全幅の信頼をよせています。 フォックスはプレイステーションのサイトで「(主人公・仁の)刀さばきを実写化できる人がいるとすれば、それはチャド・スタエルスキ氏しかいない」と大変な褒めようです。

キャストや声優は誰になる?現時点での可能性を考える!

キャストや吹き替えはゲーム声優らが実写版でも続投か?

2021年4月の時点で、映画『ゴースト・オブ・ツシマ』に関しては製作陣と監督が公表されたのみで、キャストなどは一切わかっていません。 しかし主人公である仁をはじめ、彼の伯父である志村やヒロインのゆなといった個性的で忘れられないゲームのキャラクターは映画にも登場するのではないでしょうか。 特に英語版で仁の声を演じたダイスケ・ツジは日系ですので、実写版でも彼が主役を演じる可能性がないわけではないでしょう。英語版ゲームの声優は国際色豊かな顔ぶれでしたから、映画でもさまざまな背景を持った俳優が起用されるかもしれません。 ゲームの日本語吹き替えで主人公の仁の声は、「ONE PIECE」のゾロで知られる中井和哉が担当していました。映画の仁のキャラクターがゲームのイメージと大きく変わらなければ、映画の吹き替えで中井が続投する可能性はあると思います。

仁の声優ダイスケ・ツジは主演に前向きなツイートも!

ゲームで主人公・仁の声優を務めたダイスケ・ツジはTwitterで映画に出演できるなら「全裸シーンもやります」と前向きな姿勢を示しました。 さらにファンの声を代表するかのように、対馬の観光物産協会もブログで「仁さんはツジ・ダイスケさんなのか、日本語吹き替えは中井和哉さんなのか、(中略)ソワソワする~」と想像を膨らませています。

ゲームの舞台となった対馬観光物産協会も喜びの声

映画化決定のニュースに、ゲームの舞台となった対馬の観光案内サイトなどを運営する対馬観光物産協会もブログで「誉!!!」と喜びの声を上げました。 上述のネイト・フォックスは、ゲーム製作が縁で「対馬市永久アンバサダー」に任命されています。 対馬観光物産協会はブログで「美しい景色、あたたかい人情、そして長い歴史のある地」である対馬をいずれ訪問してほしいというフォックスの言葉を引用。サッカーパンチ、ソニー、そしてファンの人びとに対して深い感謝の意を表しました。

世界的ヒット作『ゴースト・オブ・ツシマ』とはどんなゲーム?

本作のもとになるゲーム『ゴースト・オブ・ツシマ』は、2020年7月に発売されたプレイステーション4用のソフト。鎌倉時代、モンゴル軍に占領された対馬で民を救うため主人公の仁が侍の道を外れて戦う、ステルス性も豊富なアクション・アドベンチャー・ゲームです。 広大なマップからなるオープンワールド型・3人称視点のゲームで、メインストーリーや美麗なグラフィックは映画のようであると言われています。 2020年7月の発売開始から3日間で世界合計240万本を販売、2021年3月下旬には累計実売本数が650万本を突破した大ヒット作です。 黒澤明監督の『七人の侍』(1954年)といった時代劇映画に触発されたこのゲームは、武器や甲冑なども非常に日本的に仕上げられています。 さらに1950年代から60年代の黒澤映画を意識して画面がモノクロ映画のように変わる「黒澤モード」を搭載するなど日本文化をリスペクトした内容のゲームです。

劇場版『ゴースト・オブ・ツシマ』は今後発表される情報に注目だ!

この記事では2021年3月に実写映画化が決定した『ゴースト・オブ・ツシマ』について執筆時点で判明している情報をまとめました。 ゲームの華麗な風物やアクションが実写映画化されることで、日本の歴史や文化ばかりでなく舞台となった対馬への関心も高まりそうです。 映画化が決定したばかりでキャストなどまだわからない情報が多いので、これから公開される情報を楽しみに待ちましょう!