2021年6月4日更新

新ドラマ『推しの王子様』あらすじ・キャストは?比嘉愛未&渡邊圭祐がおくる“尊い”ラブコメディ

『推しの王子様』サムネイル

2021年の夏ドラマ『推しの王子様』で、比嘉愛未がフジテレビ系ドラマに初主演!若手注目株の渡邊圭祐が相手役に抜擢され、ますます注目度もアップしています。この記事では『推しの王子様』のあらすじやキャスト・スタッフなど、最新情報をお届けします。

目次

木曜劇場『推しの王子様』で比嘉愛美が深キョンの代役に!【あらすじ・キャスト】

放送局 フジテレビ系
時間帯 木曜日10時から
放送期間 2021年夏
メインキャスト 比嘉愛美、渡邊圭祐
原作 なし、オリジナル脚本
主題歌 未定
公式SNS Instagram:oshi_no_oji

フジテレビ系「木曜劇場」で2021年7月にスタートする夏ドラマ『推しの王子様』で、比嘉愛未が主演を務めることが決定しました。休養を発表した深田恭子の代役として立った比嘉愛未は、本作がフジテレビ系連続ドラマ初主演に。 共演は『仮面ライダージオウ』や『恋はDeepに』などで注目を集める渡邊圭祐。「逆マイ・フェア・レディ」ともいえるラブコメ『推しの王子様』のあらすじやキャスト・スタッフなど、最新情報をお届けします。

新ドラマ『推しの王子様』あらすじ

乙女ゲー会社女社長の逆マイ・フェア・レディ!?

日高泉美(比嘉愛未)は、ベンチャー企業「ペガサス・インク」の社長。彼女が自分の理想通りに創り上げたキャラクター「ケント様」と恋に落ちる乙女ゲーム「ラブ・マイ・ペガサス」が大ヒットし、新進気鋭の経営者として注目されていました。 ある晩、突然ケント様にそっくりな容姿を持つ青年が空から舞い降りて来て、彼女を抱きしめるという衝撃的な出会いが。その青年は五十嵐航(渡邊圭祐)といい、借金取りに追われていました。 理想通りなのは容姿だけと気付いた泉美は、航を「自分の理想の男性に育てる!」と決意。彼を自分の会社で雇い、まるで乙女ゲームのように言葉遣いからマナーや知識、仕事や恋に至るまで一から教えるようになります。

深キョンの代役キャストに比嘉愛美が決定!

深田恭子がかかってしまった“適応障害”って?

もともと深田恭子が本作に主演することが決まっていましたが「適応障害」により活動休止を発表。残念ながら降板することになり、当面は治療に専念することになりました。 適応障害とは、環境の変化などに適応できないことがストレスとなり、不安や不眠など心身に症状が現れるもの。環境の調整やストレスにうまく適応できるようにしていくことが、治療の基本となるようです。 代役に抜擢された比嘉愛未も、「深田さんの、一日も早いご回復を願っております」とコメントしています。

日高泉美役/比嘉愛美

本作の主人公・日高泉美は、ゲーム制作会社「ペガサス・インク」の社長です。保険会社に勤めていた時に乙女ゲームにハマり、自ら理想のゲームを創り出すために起業。「ラブ・マイ・ペガサス」を大ヒットさせますが、次回作の開発に苦心し資金の調達に奔走する日々を送っています。 演じるのは、「コードブルー」シリーズの冴島はるか役で知られる比嘉愛未。2007年のNHK連続テレビ小説『どんど晴れ』のヒロインに抜擢され、2009年には大河ドラマ『天地人』で菊姫役を務めました。 それ以降も『マルモのおきて』(2011年)や「DOCTORS〜最強の名医〜」シリーズなど、ヒットドラマに出演。2021年は6月3日スタートのドラマ『にぶんのいち夫婦』にも主演しています。

相手役には渡邊圭祐が大抜擢!

五十嵐航役/渡邊圭祐

泉美の前に突然舞い降りてきた、ケント様にそっくりな容姿を持つ青年・五十嵐航。見た目は理想通りですが、その中身は無作法・無教養・無気力の「ないないづくし」の残念すぎるイケメンです。「ペガサス・インク」に雇われ、泉美に育成されることに。 演じるのは、『仮面ライダージオウ』(2018年)の仮面ライダーウォズ役でブレイクした渡邊圭祐。 2020年は『恋はつづくよどこまでも』や『MIU404』などヒットドラマに出演し、2021年に入って映画『ブレイブ 群青戦記』やドラマ『恋はDeepに』で印象的な役柄を演じて話題を呼んでいます。

ディーン・フジオカが恋敵に!5年ぶりのラブストーリー!?

光井倫久役/ディーン・フジオカ

泉の大切なパートナーであり、彼女への思いを胸に秘める光井倫久を演じるのはディーン・フジオカです。 光井は泉美が社長を務める会社「ペガサス・インク」の副社長で、敏腕ゲームディレクター。泉美の才能を見出し企業に誘った人物で、航の恋のライバルとなるようです。 演じるディーンは『ダメな私に恋してください』(2016年)以来5年ぶりにラブストーリーに出演。前作で深田恭子とW主演を務めていたこともあり彼女との再共演が期待されましたが、深田の体調を気遣うコメントを寄せています。

脚本は『マルモのおきて』コンビ

原作なしのオリジナルストーリーとなる本作の脚本を務めるのは、『マルモのおきて』を手がけた阿相クミコと「大人のカフェ」の伊達さん。 阿相クミコはドラマ「ワカコ酒」シリーズや映画『ReLIFE』(2017年)など、ハートウォーミングな作風を得意とする脚本家。 演劇コントユニット「大人のカフェ」のメンバーとしても活躍する伊達さんも、『おじさまと猫』(2021年)や『知ってるワイフ』のスピンオフドラマ『知ってるシノハラ』(2021年)など心温まるコメディタッチの作品で知られています。

新ドラマ『推しの王子様』あらすじ・キャストの続報を待とう

深田恭子の代役として比嘉愛未が主演を務め、若手注目株の俳優・渡邊圭祐が共演する『推しの王子様』。乙女ゲームさながらに理想の「推しの王子様」を育成していくという内容にも興味津々です! 2021年夏の新ドラマ『推しの王子様』はフジテレビ系列で7月スタート予定。今後もあらすじやキャストなどの続報を随時更新していきますのでお楽しみに!