2021年5月7日更新

ドラマ「ハコヅメ」で戸田恵梨香×永野芽郁が警察官に!気になるあらすじ・キャストを解説

ハコヅメ記事サムネイル

2021年7月期の新ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』で、戸田恵梨香と永野芽郁が共演することに!ワケあり刑事×天然新人の警察官コンビを演じます。この記事では、ドラマ「ハコヅメ」のあらすじやキャストなど最新情報をお届けしていきましょう。

目次

新7月期ドラマ「ハコヅメ」あらすじやキャスト最新情報をお届け!

放送局 日本テレビ
放送日時 水曜よる10時〜
放送開始 7月
主演 戸田恵梨香
永野芽郁
原作 『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』
作・泰三子
主題歌 未定
公式SNS Twitter:@hakozume_ntv
Instagram:@hakozume_ntv

戸田恵梨香と永野芽郁が初共演する、2021年7月スタートの日本テレビ系の新水曜ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』。戸田恵梨香がワケありの元エース刑事、永野芽郁が天然の新人警察官を演じます。 原作は泰三子による漫画『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』で、原作者自身が実は元警察官という異色の経歴を持つ漫画家!脚本を務めるのは、ドラマ『監察医 朝顔』などの根本ノンジです。 戸田恵梨香と永野芽郁がデコボコで最強な「交番女子ペア」に扮する「やけにリアルな交番エンターテインメント」。この記事では、そんなドラマ「ハコヅメ」のあらすじやキャストなど最新情報をお届けしていきます!

ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』のあらすじ

安定収入を求めて警察官になった新人の川合麻依(永野芽郁)は、地域の人たちのために働いているつもりがまったく感謝されず、ハードな交番勤務に身も心もボロボロになっていました。 意を決して辞表を握りしめた麻衣の前に現れたのは、元エース刑事の藤聖子(戸田恵梨香)。 彼女はパワハラで交番勤務に異動となったという話ですが、なにやらワケありの様子。そんな経歴も性格も真逆な2人が、突然ペアを組むことに! デコボコペアながら支え合い、事件や雑務に追われる日々のなかで奮闘します。そんな折、聖子が交番に来た本当の理由が明かされることに……。

登場人物/キャストを紹介!戸田恵梨香×永野芽郁がデコボココンビに

藤聖子役/戸田恵梨香

(画像左)

戸田恵梨香が演じるのは、刑事課の元エース刑事で、交番勤務に異動になった藤聖子。新任の川合麻衣とペアを組み、指導にあたることになります。 戸田恵梨香は、2019年のNHK連続テレビ小説『スカーレット』で主演を務めた若手実力派女優。子役として芸能活動を始め、初出演した2006年の映画『デスノート』では弥海砂役を演じて注目を集めました。 そのほかの代表作に「LIAR GAME」シリーズや「SPEC」シリーズがあります。 今回出演するにあたって、原作を読んで「警察官の方もやっぱり人間なんだな」と思ったそう。警察官という固いイメージを“ひっくり返すくらい”ユニークなキャラクターが登場するそうで、「笑ってもらえるように、共感して頂けるように、頑張ります」と意気込みを語っています。

川合麻衣役/永野芽郁

(画像右)

永野芽郁が演じるのは、地域課の警察官で、新任として町山交番に配属された川合麻衣。もともと安定収入を求めて警察官になったため、やりがいを感じられずに辞めようとしていた矢先に藤聖子と出会います。 永野芽郁は、2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインに抜擢された人気若手女優。元は子役で、ファッションモデルとしても活動していました。 映画主演作に『ひるなかの流星』(2017年)、『君は月夜に光り輝く』(2019年)があり、2021年には『地獄の花園』と『そして、バトンは渡された』の2本が公開されます。 原作がとても面白いようで、「原作ファンの方にも楽しんで頂きたい」そう。「実写でしか作れない空気感を出せるよう、色々な方向から私自身この川合役を作っていきたい」とも語っていました。

源誠二役/三浦翔平

三浦翔平が演じるのは、「取り調べの天才」と呼ばれる捜査一係の刑事・源誠二。後輩の山田武志とペアを組んでいます。藤聖子とは警察学校の同期で、「聖子ちゃん」と呼ぶフレンドリーな人物。 三浦翔平は、2007年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でフォトジェニック賞と理想の恋人賞を受賞したファッションモデル・俳優。 2011年には映画『THE LAST MESSAGE 海猿』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。2020年の映画『天外者』とドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』では、三浦春馬と共演しました。 ドラマでは『警視庁いきもの係』や『僕たちがやりました』など刑事役を演じることも多く、今回の源誠二役では「警察の日常を描いた作品ですが、ほっこりと心温まる作品にしたい」と話しています。

山田武志役/山田裕貴

山田裕貴が演じるのは、源誠二とペアを組む捜査一係の刑事・山田武志。藤と源とは警察学校の1期後輩で、水と油のような正反対な2人の間を取り持つ潤滑油的な役割を果たしています。 山田裕貴は、ワタナベエンターテインメントの俳優集団「D-BOYS」のメンバー。2011年に『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役で俳優デビューを果たしました。 2021年には『特捜9』シーズン4や『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』に出演するなど、ドラマでの刑事役が続いています。 今回の役柄については「源さん、藤さんの1年後輩でいじられ、こきつかわれる。こういうキャラクターが自分は本当に多い気がします(笑)」とコメント。どんな後輩ぶりを見せてくれるのか楽しみですね!

原作はモーニング連載の人気漫画『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』

ハコヅメ

原作は泰三子による漫画『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』で、雑誌『モーニング』で2017年から連載中。シリーズ累計発行部数は120万部を突破し、2021年には第66回小学館漫画賞「一般向け部門」を受賞した話題作です。 作者の実体験から生まれた警察の日常系漫画として人気を博し、警察官向けの月刊誌『警察公論』で出張連載『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜出向編』も行われるなど、その専門性にも注目が集まっています。 「ハコヅメ」の「ハコ」とは交番のこと。架空の町・岡島県警の町山警察署を舞台に、交番に勤務する女性警察官が日々奮闘する姿を描いています。主人公はドラマ同様、新人警察官の川合と元エース刑事の藤。今のところ、設定に大きな変更はなさそうです。

原作者は実際に県警勤務経験が!

原作者の泰三子は、とある県警に10年間勤務した元警察官。2017年に安定した公務員職を辞め、専業漫画家に転身しています。 『モーニング』に掲載された短編『交番女子』が話題となり、2017年から『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』の週刊連載がスタートしました。 本作を描くきっかけとなったのは、警察官時代に出会った男子高校生。彼は親に「警察官は立派な人がやる仕事だ」と言われ、自分はそうではないからと諦めてしまったそう。 そのことから「警察にいるのは一生懸命働く、普通の人ばかりだ」ということを広く伝えるため、漫画を描きはじめたといいます。

脚本を務めるのは『監察医 朝顔』などの根本ノンジ

ドラマ「ハコヅメ」の脚本を担当するのは、脚本家の根本ノンジ。小劇団の作演出などを務めるかたわら構成作家として活動していましたが、2001年に日本テレビシナリオ登竜門に入選して脚本家として活動を始めました。 近年の作品に、映画『終わった人』(2018年)、ドラマ『フルーツ宅配便』(2019年)やドラマ「相棒」シリーズがあります。また2019年から2020年にかけて2シーズンが放映されたヒットドラマ『監察医 朝顔』で、脚本を手がけたことでもよく知られています。 これまで手がけた作品の傾向や原作の主旨から、ドラマ「ハコヅメ」は警察官という職業についての部分はリアルに描きながらも、観る人の心を動かす展開のあるドラマになるのではないでしょうか。

新ドラマ「ハコヅメ」は7月スタート!あらすじやキャスト情報を随時更新

戸田恵梨香と永野芽郁が凸凹な交番女子ペアとして初共演する「やけにリアルな交番エンターテインメント」ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』。真逆な2人がどんな奮闘ぶりを見せるのか、今から楽しみですね! ciatrでは、本作のあらすじやキャストなど最新情報を随時更新していきます。ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』は2021年7月から、日本テレビ系の新水曜ドラマ枠でスタートです。