2021年7月13日更新

月9ドラマ『ナイト・ドクター』の全話ネタバレあらすじを解説!5人の医師がそれぞれ抱える思いとは?

『ナイト・ドクター』記事サムネイル

【ネタバレ】月9『ナイト・ドクター』全話あらすじを毎週更新!

放送局フジテレビ
放送日時月曜よる9時〜
放送期間6月21日〜
主演波瑠
脚本大北はるか
主題歌5組のアーティストによる
オリジナルナンバー
公式SNSTwitter:@nd_fujitv
Instagram:@nd_fujitv

2021年6月から「月9」枠として、主演の波瑠、田中圭、岸優太(King & Prince)らの共演による医療ドラマ『ナイト・ドクター』が放送開始されました。 「コード・ブルー」シリーズをはじめ、数々の名作医療ドラマを生み出したフジテレビが選んだ新たなテーマは、医療界の働き方改革!年齢も性格も価値観も異なる医師たちが、昼はそれぞれの人生に、夜は命に向き合っていく姿を描く青春群像劇です。 コロナ渦での医療崩壊が叫ばれ、国民も大きな関心を寄せている医療。その問題に一石を投じる、まさにタイムリーな作品となるでしょう。 この記事では、ドラマ『ナイト・ドクター』の全話あらすじやキャストなど、最新情報を毎週更新していきます!

読みたい見出しをクリック

【最新】4話あらすじを読む

ドラマ『ナイト・ドクター』のあらすじ 医療界が抱える問題に切り込む!

朝倉美月
(波瑠)
主人公の新人医師
成瀬暁人
(田中圭)
美月の先輩医師
深澤新
(岸優太)
研修医あがりの元内科医
桜庭瞬
(北村匠海)
研修医あがりの新人医師
高岡幸保
(岡崎紗絵)
美月の同僚医師

柏桜会あさひ海浜病院では、“365日24時間、どんな患者も断らない医療”救急医療の立て直しを両立すべく、夜間救急専門「ナイト・ドクター」を設立。 病院医師の当直を全面廃止し、専門チームによる「昼夜完全交代制」を試験的に導入します。これは医師の過重労働を解消しつつ、“夜の病院も守る”というもの。重要な使命のもとに、強い志で参加した者、それとは反対に本意ではない者など、5人の医師たちが集められました。 友だちでも家族でもなく、ただの職場の同僚ともいえない。そんな彼らが時に信念をぶつけ、時に励まし合いながら、強い絆を育んでいきます。 医師として、人として成長していく5人は、崩壊寸前の救急医療を救う光となるのでしょうか?

1話あらすじ:どんな患者も見捨てない!ナイト・ドクターの戦いが始まる

視聴率:13.4%

柏桜会あさひ海浜病院では、働き方改革の一環として夜勤専門のチーム「ナイト・ドクター」が新設されます。 メンバーとして集められたのは、朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)の5人。彼らの指導医は、ニューヨーク帰りだという本郷亨(沢村一樹)です。 初出勤の日、深澤は美月の姿を見て驚きます。というのも2人は以前、街でホームレスが倒れた現場に居合わせたことがあったからです。しかもそのとき何もできなかった深澤は、美月に厳しい言葉を浴びせられていました。 5人がお互いについてよく知る間もなく、電話が鳴ります。工事現場の崩落事故が発生し、重傷者が3名いるとのことで、本郷は全員受け入れるよう指示。早速、処置を始めることになりました。

慣れない現場に、おろおろするばかりの深澤と桜庭。経験豊富な成瀬はてきぱきと動き、美月と幸保も負けじとついていきます。 するとそこに再び連絡が入り、新たな重症者が運ばれてきます。その男性患者は、運び込まれてくるのが遅れたため、「クラッシュ症候群」を起こし危険な状態にありました。 美月は彼の命を救うため、本郷の指示に従って足の切断をすることを決意します。しかし必死の処置により一度は持ち直したにもかかわらず、彼は翌日命を落としてしまいました。 この出来事がきっかけで、深澤は救命医としてやっていく自信がなくなります。そもそも彼は内科医で、ナイト・ドクターにも半ば無理やり配属されたため、救命という仕事に何の思い入れもありませんでした。 結局、深澤は院長にナイト・ドクターを辞めたいと話します。しかし彼が救命医として働く最後の夜、花火大会で爆発事故が発生。仲間たちが現場に向かう中、深澤はひとりで待機することになります。 そこに電話が入り、腹痛を訴え倒れていた人を受け入れてほしいと言われますが、彼は自分には何もできないという気持ちから断ってしまいます。 しかし実は、その電話の患者とは持病を持つ深澤の妹・心美(原菜乃華)のことでした。結局、近くに居合わせた美月が受け入れると決め、無事助けますが、深澤は当然強いショックを受けてしまいます。 妹の容態が安定した後、屋上でひとりたたずむ深澤。そんな彼に対し、美月は自分の身の上話を始めます。彼女の母親は、深夜に倒れ病院をたらい回しにされた結果死んでしまったのだと。 だからこそ彼女は、どんな患者でも絶対に受け入れを断らないと決めたのでした。そんな美月の強い志を知った深澤は、心を入れ替え、本郷に「もう少しだけここで働きたい」とお願いします。

2話あらすじ:“普通”って何?失敗を乗り越え美月が出した答えとは……

視聴率:10.6%

彼氏である大輔(戸塚純貴)の浮気現場に遭遇してしまった美月(波瑠)。彼女はうまく気持ちを切り替えられず、仕事中も苛立ちを隠せません。 当然、様子がおかしいことに周りが気付かないはずもなく、成瀬(田中圭)からは私情を持ち込むなと厳しい言葉を投げつけられてしまいます。 その夜、深澤(岸優太)と幸保(岡崎紗絵)はウォークイン当番をすることに。ナイト・ドクターの仕事の中には、昼に病院に行けない外来患者の診察も含まれています。しかし緊急性のない症状を訴える患者ばかりで、幸保と、同じくウォークインに入ることになった美月は思わずイライラ……。 そんな中、美月の診察室に美月の父・哲郎(佐戸井けん太)がやってきます。足の怪我をしたとのことですが、軽い捻挫だけで、本当の目的はなかなか顔を見せない娘に会いにくることでした。怒った美月は、ここは軽症者が気軽に来る場所ではないと大声を出してしまいます。 ちょうど隣の部屋では、深澤が鮎川希実(谷村美月)の幼い息子・玲生を診ていました。しかし美月の言葉を聞いた希実は、あわてて家に帰ってしまいます。 実は哲郎は、美月がナイト・ドクターとして働くことに反対していました。「“普通”に幸せになってほしい」という父親の言葉を受け止めきれない美月。さらに大輔から、「“普通”のカップルみたいにデートがしたかった」と別れを告げられ、深く傷つくことに。 その夜、希実が再び玲生を連れてやってきます。診察を担当した美月にただの風邪と告げられ、希実は帰宅。しかし玲生のようすが気になっていた深澤の一言によって、その診断が間違っていたのではないかという疑惑が浮上しました。

悪い予感は的中してしまい、玲生は意識を失って救急搬送されてきます。すぐに本郷がオペをおこなったため、大事には至りませんでしたが、美月はウォークインでのこれまでの自分の言動を反省します。 希実とその夫に謝罪する美月。しかし希実は自分がどこかで気付かないふりをしていたと話し、「普通の母親になれない」とこぼしました。 それに対し、美月は「“普通”は変えられる」という言葉を返します。それは、父親や彼氏に“普通”という言葉を投げかけられ、「“普通”って何?」と悩んだ彼女が、自分なりに考えて出した答えでした。 そんな彼女の姿を陰から見ていた哲郎は、患者を救うことが美月にとっての“普通”なのだと気づき、これ以上娘の人生に口出ししないことを決めます。 そして夜。病院に警察から連絡があり、ここ最近「舌を噛んだ」と言ってやってきていた患者・斎藤(赤ペン瀧川)が変質者だったことが明らかになります。ちょうど斎藤を診察していた美月は、彼に襲いかかられてしまい……?!

3話あらすじ:桜庭がチーム離脱?!救命医にこだわる理由が明らかに

視聴率:11.7%

変質者に襲われた美月(波瑠)をかばい、怪我をしてしまった桜庭(北村匠海)。 「柏桜会」の会長を務める桜庭の母親・麗子(真矢ミキ)は事件について聞き、息子にナイト・ドクターを辞めてイギリスに留学するよう言い渡しました。さらに本郷(沢村一樹)までもが、初歩的な処置すらできない足手まといは必要ないと、桜庭を突き放します。 寮へ向かう帰り道、美月たちになぐさめられる桜庭。彼は成瀬(田中圭)に問い詰められ、生まれつき心臓が弱いことを告白します。「頑張ってもどうにもならないことがある」とこぼす桜庭に対し、美月たちは何も答えられません。 どうしても救命医にこだわる桜庭に対し、主治医は自分の身体を大切にするよう言います。というのも桜庭は、ドナーから譲り受けた心臓のおかげで生き延びたという過去を持っていたのです。 救命医としての未来が見えなくなり、落ち込む桜庭。 そんな彼に美月は大量の参考書を渡し、応援していると励ましの言葉をかけます。これをきっかけに桜庭は、今まで以上に熱心に仕事や勉強に打ち込むように。そして仲間たちに、本郷に憧れて救命医を目指したことを打ち明けます。

次の日、桜庭の名前がシフト表から消えていることが発覚。本郷は彼に、麗子の指示だと言って転科届を手渡します。そこにはすでに、本郷のサインも添えられていました。 そんな中、くも膜下出血で倒れた患者・下田宏が運ばれてきます。しかし彼は無保険で治療費が払えないため、手術をすることを拒否していました。 下田の息子・真吾は父親の決断を仕方がないものとして受け入れていましたが、桜庭と本郷の説得を受け、考えを変えます。はじめは頑なだった下田も、息子の涙ながらの言葉を聞いて手術を受けることに。 本郷と成瀬が手術をしている途中、とある患者が気道閉塞を起こし危険な状態になってしまいます。その場にいたのは桜庭と深澤のみ。本郷に電話をかけた桜庭は、自分のできることをやれと言われて処置をすることになります。 はじめはメスを持つ手が震えていた桜庭ですが、その場に駆け付けた美月の言葉でなんとか落ち着きを取り戻しました。そして猛勉強の成果もあり、適切な処置をとることができた桜庭。患者の容態も無事落ち着きます。 すべてが終わった後、桜庭は本郷に「よくやった」と褒められ、思わず嬉し泣き。 その後、彼は母親のところに訪れ、ナイト・ドクターを続けさせてほしいとお願いします。はじめは聞く耳を持たなかった彼女もその熱意に根負けし、いくつか条件を出したうえで続けることを認めました。 そんなある日、20代の女性があさひ海浜病院に搬送されてきます。その付き添いとしてやってきたのは、なんと幸保(岡崎紗絵)の彼氏・青山北斗(竹財輝之助)で……!?

4話あらすじ:北斗との関係に亀裂が……幸保が人知れず抱えていた悩み

視聴率:12.4%

幸保(岡崎紗絵)は、病院に運ばれてきた女性・花園詩織(松井愛莉)の恋人として、彼氏の青山北斗(竹財輝之助)が付き添ってきたことに愕然とします。 北斗は、自分がインフルエンサーの詩織を利用したせいで、付き合っていると誤解させてしまったと弁明。もう会わないという話を切り出して少し揉めた際に、彼女が階段から落ちたのだといいます。 意識を取り戻した詩織は、これ見よがしに北斗に甘えはじめます。彼女の経過観察を任されたせいで、幸保は仕事中イライラしっぱなし。 その後も詩織は、勝手に病室を抜け出したり、ベッドや布団に文句をつけたり、幸保にコーヒーを買いに行かせたりと、とにかくやりたい放題です。 そんなあるとき、詩織はネットで幸保の実家が美容整形外科であることを突き止めました。どこで見つけたのか幸保の幼少期の写真まで持っていて、今の顔も整形なのかと馬鹿にしたように言う詩織。 ついに我慢の限界を迎えた幸保は、体調不良で早退すると本郷(沢村一樹)に申し出ます。 帰り支度をする幸保を引き留めようとする美月(波瑠)。しかしお互いに感情的になったせいで、売り言葉に買い言葉状態になってしまいます。 夜に働く北斗に合わせてナイト・ドクターになったこと、彼の好みに合わせて服装も何もかも変えたことを暴露する幸保に対し、美月は本当の高岡はどこにいるのかと問いかけるのでした。

その後美月たちはガス中毒患者を処置する中で、幸保が過去に残した丁寧なカルテのおかげで助けられます。改めて医者としての彼女の姿勢を見直す美月。 色々考えた末に心を入れ替えた幸保は、本郷に謝罪したうえで仕事に戻ることになります。その夜、病棟を巡回していた幸保は、詩織が眠りながら泣いているところを目撃。 これをきっかけにさまざまなケースを調べ、彼女が精神疾患なのではないかと疑うようになり、精神科の受診を勧めます。その見立ては正しかったようで、のちに詩織は「境界性パーソナリティ障害」の可能性が高いと診断されました。 仕事終わり、幸保は深澤(岸優太)とコーヒーを飲みながら、自分ももしかしたら詩織のようになっていたかもしれないとこぼします。 彼女は20歳のとき、両親から誕生日プレゼントで整形してあげようかと言われたことがトラウマになっていました。そのせいで自分をつまらない人間だと思いこみ、必死で自分を飾っていたのだといいます。 深澤はそんな幸保に対し、俺は高岡がつまらない人間だとは思わないと励ましの言葉をかけました。 その後、なんと幸保も美月たちが住む寮に引っ越してきます。ありのまま生きると決意し、北斗とも別れたという彼女は、どこかすっきりとした表情です。こうして美月、幸保、深澤、桜庭(北村匠海)の4人は、寮の屋上で仲良くパーティーをするのでした。

5話あらすじ:7月19日放送予定

※あらすじは放送後に更新されます。

【見どころ】医療界の働き方改革にスポットをあてる

今回取り上げられる「夜間救急」は、医師不足や救急車のたらい回し、コンビニ受診など課題が山積みで、以前から問題視されていました。 昼も夜も救うべき命がありますが、当直は新人への“押し付け”が存在するのも事実です。そのため、専門外の治療ができなかったり、重症患者の対応が難しかったり……。 そんな状況のなかで、2024年に施行される医師の働き方改革によって、勤務医の時間外労働は「原則960時間」までの上限が適用に!人手不足の早期解決が求められていますが、革新的な対応策は見つかっていません。 本作の製作に至った背景には、夜間救急の過酷さも伝えながら、労働時間と夜の病院を守る可能性を提示したい、という企画意図があったようです。

主題歌にも注目!5組のアーティストがバトンを渡す

ドラマ『ナイト・ドクター』では、5組のアーティストが代わる代わる担当する主題歌も大きな見どころ。物語の魅力を引き出すために、従来の1曲限りという概念を覆したといいます。 オリジナルナンバーを奏でるアーティストは、yama、eill、琴音、Tani Yuuki、三浦風雅。メインの登場人物も5人いるので、それぞれのイメージに合った楽曲が聞けそうですね。

【結末予想】ドラマ『ナイトドクター』はどんな展開になる?

前述した通り、ドラマ『ナイトドクター』では「夜間救急」に焦点があてられ、医師の働き方改革の可能性を探っていきます。 すでに放送されたドラマ前半では、波瑠演じる主人公の美月はデートよりも仕事を優先せざるを得なかったり、夜間病院に訪れたにもかかわらず緊急性のない患者にイライラしたり……。私生活と両立できない勤務形態などに不満を感じています。 それは同時に、実際の夜間医療の現場で叫ばれている悲痛の声ともいえるでしょう。ドラマ後半では、そんな現場を改善すべくナイトドクターたちが声を上げて戦っていくのではないでしょうか。 最終話に向けて、昼の医師たちの「スペア」として集められた彼女たちが、自分たちらしい働き方、働く意義を見つけていく姿に期待したいですね。

人気キャストが集結!ドラマ『ナイト・ドクター』の登場人物を紹介

ここからは、ドラマ『ナイト・ドクター』の登場人物と演じる俳優たちを紹介します。 月9初出演にして初主演となる波瑠をはじめ、今をときめく人気キャストが出演。波瑠は田中圭外の岸優太、北村匠海、岡崎紗絵とは初共演とのことです。 いったいどんな化学変化を起こしていくのか楽しみですね。

朝倉美月役/波瑠

主人公の朝倉美月は強い信念を持ち、「ナイト・ドクター」に応募した新人医師。過酷な現実に打ちのめされても、持ち前の行動力と熱意で周囲を変えていきます。 そんな美月を演じるのは、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(2016年)以来、5年ぶりのフジテレビ系ドラマ出演が決定した波瑠です。 2020年はドラマ「#リモラブ」、映画『ホテルローヤル』に『弥生、三月-君を愛した30年-』と、出演作すべてで主演を務める大活躍ぶりでした! 月9ドラマ初主演に際して、「病院が舞台ではあるけれど、ただお仕事だけを描いていくのではなく、そこにある人間関係や、それぞれがどんな思いで命と向き合っているのか、細かい人間模様も描いていけたら」と意気込みを語りました。

成瀬暁人役/田中圭

成瀬暁人は美月と同じ救急で働いており、柏桜会あさひ海浜病院で再会する先輩医師。過去のある出来事が原因で、医療は技術が第一と信じる現実主義者です。 クールでドライな成瀬を演じる田中圭は、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(2017年)以来、約4年ぶりの月9出演となります。2016年以降、「おっさんずラブ」シリーズで一躍時の人となりましたが、遅咲きのブレイクが終わる兆しはありません! 本作では「アンサング・シンデレラ」(2020年)の製作陣との再タッグが実現し、「医療モノだけど医療モノではない、青春群像もあるけど、それだけではない、見たことない作品に仕上がるのではないかなと思います」と、自身も期待を寄せました。

深澤新役/岸優太(King & Prince)

研修医あがりの元・内科医で、亡き両親の代わりに妹の面倒を見ている深澤新。病気がちな彼女のために医師になったため、美月ほど強い信念は持てずにいます。 等身大な新人医師を演じるのは、アイドルグループKing & Princeの岸優太です。2013年に俳優デビューし、映画『ニセコイ』(2018年)などに出演した岸。フジテレビ系ドラマへの出演も、医師役を演じるのも今回が初挑戦となります。 事務所の大先輩が主役を張ってきた月9への出演に、喜びと緊張が抑えきれないそう。キンプリのメンバーも喜んでくれたと言い、「(撮影を通して)医療従事者の方々への感謝の気持ちが自分の中で大きくなっていくのを感じています」と、実直なコメントを寄せました。

桜庭瞬役/北村匠海

(画像右)

桜庭瞬は研修医上がりの新人医師で、人懐っこく、チームのムードメーカー的存在です。救急医を夢見ながらも複数の科を転々としており、心に“ある陰”を抱える役どころ。 どこか達観した瞬を演じる北村匠海は、映画『君の膵臓を食べたい』(2017年)などで注目され、ダンスロックバンド「DISH//」としても人気を集めています。 月9への出演は『信長協奏曲』(2014年)以来、約7年ぶりとなり、レギュラー出演は初めてです。 北村は医師の1日を追う本作について、「昇ってくる朝日を見て、張り詰めていた表情から、“あ~終わった”とほっと一息つく表情まで、細部がきちんと描かれている」と、その特徴を語りました。

高岡幸保役/岡崎紗絵

高岡幸保は美月の同僚医師で、高学歴高収入イケメンなハイスペック男子と交際中です。高飛車な部分はありますが、頭の回転の早さと強い責任感で一目置かれています。 仕事にも私生活にも手を抜かない幸保を演じるのは、『トレース~科捜研の男~』(2019年)以来、約2年ぶりに月9にレギュラー出演する岡崎紗絵。ゲスト出演した月9ドラマ『監察医 朝顔』第2シーズンでは、孤独を抱えるシングルマザーを好演しました。 岡崎は公式コメントでコロナ渦に触れ、「とても大変な時期で、医療従事者の方にも、そうではない方にも、大変な時期だからこそ届くもの、伝わるものがあるのかなと思い、見た方が前向きになれる作品になれば……」と医療現場に心を寄せました。

製作スタッフ陣には、医療ドラマの名手たちが勢ぞろい

ドラマ『ナイト・ドクター』のプロデューサーを務めるのは、演出・プロデュースで『グッド・ドクター』(2018年)、「アンサング・シンデレラ」にも携わった野田悠介です。時代背景を取り入れ、多角的な視点から医療の現場を捉える「医療ドラマの名手」といえる存在でしょう。 また脚本は『グッド・ドクター』や「ラジエーションハウス」(2019年)などの大北はるかが担当しており、原作のない完全オリジナル作品となっています。 演出には月9ドラマ『監察医 朝顔』の澤田鎌作、「ラジエーションハウス」の関野宗紀が名を連ね、医療ドラマはお手のもの!というべき製作陣が勢ぞろいしました。 安心と信頼の面々が描く医療の働き方改革に、業界内外から多くの期待が寄せられるでしょう!

月9ドラマ『ナイト・ドクター』全話ネタバレあらすじを毎週更新中!

夜間救急専門の医師を中心に、夜の病院を守る彼らの現実と葛藤、1人の人間としての姿をリアルかつユーモラスに描く『ナイト・ドクター』。勢いのあるキャストを揃え、医療ドラマの名手たちが紡ぐ青春群像劇から目が離せません! 月9ドラマ『ナイト・ドクター』は、毎週月曜よる9時から放送中です。この記事では毎週あらすじをネタバレありで解説しているので、ぜひチェックしてくださいね!