2023年6月30日更新

「オトナブルー」の元ネタ・本家は?和田アキ子の曲に似てる?

新しい学校のリーダーズ

「首振りダンス」がきっかけでTikTokで大ヒットした「オトナブルー」は、懐かしい香りと斬新さがミックスされた新感覚青春ソングです。 動画再生回数が25億回を突破した新しい学校のリーダーズの「オトナブルー」について、この記事で元ネタや本家、似ている楽曲などをまとめて紹介します!

AD

「オトナブルー」がSNSで話題に

新しい学校のリーダーズ

TikTokやYouTubeショート動画を開くと高確率で耳にする「オトナブルー」。昭和歌謡テイストなノスタルジックな雰囲気と、かわいい「首振りダンス」が印象的で、1度聴くとクセになります。 TikTokでバズったことがきっかけで、楽曲を歌う新しい学校のリーダーズは「Mステ」出演も果たしました!まさにSNS発のバズり曲です。

「オトナブルー」の元ネタ・本家は?

「オトナブルー」は2015年から活動する4人組の女性ダンスボーカルユニット・新しい学校のリーダーズが歌う楽曲です。楽曲自体はもともとデジタルシングルとして2020年にリリースされました。 2023年に入ると、「首振りダンス」がバズって楽曲にも注目が集まるように。一発撮りパフォーマンスをテーマとしたYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で改めて楽曲を披露するやいなや、公開初週だけで437万再生を記録しました。 2023年6月には「オトナブルー - From THE FIRST TAKE」もリリースしています。

「オトナブルー」は〇〇の曲と似てる!?

和田アキ子「古い日記」

昭和レトロな「オトナブルー」、とくに出だしのSUZUKAが歌うパートは和田アキ子の名曲「古い日記」を彷彿とさせます。「あの頃は~ハッ」と和田アキ子のモノマネでよく歌われる楽曲ですね。 オマージュしているのでは?とネットでも話題となり、「2023FNS歌謡祭 夏」ではついに新しい学校のリーダーズと和田アキ子のコラボが決定。これをきっかけにさらに「オトナブルー」への注目も集まりそうです。

AD

山本リンダ「どうにもとまらない」

出だしのメロディー、そしてノリの良さがSUZUKAに似ていると話題なのは山本リンダの「どうにもとまらない」です。メロディー自体は「古い日記」の方が似ていると思いますが、テンポ感や楽しそうに歌っている雰囲気を含めると、たしかに「どうにもとまらない」もそう遠くありません。 ハスキーな声質もSUZUKAに通じるところがありますね。

「オトナブルー」で大人ぶった思春期の気持ちに浸ろう!

「オトナブルー」のバズりで、TikTokフォロワー数国内女性アーティスト1位となった新しい学校のリーダーズ。子どもから大人へと背伸びしたい年頃の気持ちを表現する歌詞にもぜひ注目して、この曲を楽しんでみてください!