赤い彗星、シャア少佐の名言まとめ

2017年7月6日更新

ガンダムシリーズの中でも主人公を押しのけ1位2位を争う人気のシャア少佐の口から語られる台詞。それはシャア語録と呼ばれ、多くの人の心をつかんでいる名言集に注目。

シャア・アズナブル少佐

maxresdefault

『機動戦士ガンダム』で敵キャラを演じているシャア・アズナブル少佐はファンの多さもずば抜けています。インパクトに残るのはやはり赤。仮面を付け、素性や顔を隠しているはずなのに、かなり目立つデザインを好んで身に着けます。

親の仇をとるために敵キャラを裏切ったり、ザビ家討伐のために親友を裏切ったりと立場が変わっていくのもポイント。

本名は、キャスバル・レム・ダイクンといい、生き別れの妹がいます。

認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを

a5138c05

サイド7で、アムロのガンダムとの初戦闘の時、味方のスタンドプレイのせいで、ザクを2機も落とされてつぶやいた台詞。

当たらなければどうということはない

20150309230054

ガンダムに慣れていないアムロが撃った射撃に対して言った言葉で、自自信を感じさせる言葉。

坊やだからさ

ga04gg4f5dg6

ガンダム好きなら誰もが印象に残っている名セリフ。自身が裏切ったことでガルマ・ザビが戦死して、その責任を取ったシャアがバーでつぶやいた一言。

かつての友人だった人に対してクールな発言です。

戦いは非情さ。それぐらいのことは考えてある

77498d00

大気圏突入時に、的勢力をおびき寄せたときに発した台詞。常に冷静な判断と決断力を持つシャアの強さを見た瞬間でもあります。

私もよくよく運のない男だな。

shaa_2

作戦終了後の弾薬などが尽きかけている状態で敵の新造艦に出会ってしまったシャアがホワイトベースに戻ってきたときに言ったストーリー上の初台詞。

戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだ

img_0

戦い面だけでなく、仕事の場面でも使うことのできる言葉ですね。リーダーという立場に立った人間が冷静に決断できるためには、未来への先読みが不可欠というわけです。

君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ。

27226156

引用: prcm.jp

シャアの裏切りにあってやられてしまったガウに向かっての一言。復讐のために、わざわざ言葉にしてまで言う、シャアの恨みがこもっています。

マスクをしている訳はわかるな、私は過去を捨てたのだよ

DSCF3688R

引用: nc700x.jp

生き別れの妹セイラとの再会を果たした後にいうこのセリフには、男らしさが詰まっていますね。シャアのクールさを表す一言。

チャンスは最大限に生かす、それが私の主義だ

20150220010404f86

セイラとの別れの時に「兄さんはどうするのか」と問われた後のセリフ。目の前にチャンスが来るのであれば、どんなことも逃さないという強い信念が見えます。

戦いの中に身を投じる一人の男としてのかっこよさが詰まっているシャア少佐。仕事で自信を無くしたときなど、この言葉たちを思い出し、やる気を出してほしいと思います。