©︎ciatr

是枝裕和監督のおすすめ映画ランキングTOP11!【『そして父になる』『万引き家族』他】

2018年6月16日更新

『そして父になる』や『海街diary』などの作品が国内外で高い評価を受ける是枝裕和監督。家族愛・ホームドラマについて描いた作品が多い中、2018年には法廷サスペンスを描いた『三度目の殺人』が公開され、日本アカデミー賞を受賞しました。そんな監督の長編作品をおすすめランキング形式でご紹介いたします。

1位:原作ファンも納得の是枝裕和最高傑作!【2015年】

kappy421 繰り返し見たい作品♡ 図がきれい。(女優さんがきれいなのは勿論だけど‼︎♡)姉妹いいなー。 家族の描き方、是枝監督の右に出る人は今いないでしょうね。。
niida 結構前に観て、これは2回目観たい!と思った作品。残念ながらなかなか時間が合わなくて2回目は観れなかったけれど素晴らしかった。 原作を少しだけ読んだことある自分としては、全然実写化の失敗感や問題はないというか うまく是枝監督感を出しつつも原作が大事にされててとても良かったし、心が洗われる作品。 ただ原作が好きで細かい所にこだわる人は、気になる点があったりするかも…

(気になったシーンの例) [父の葬儀のシーンでシャチ姉がすずの親に怒るシーンはちょっと雰囲気が違った。 本来はもっとビシッとキリッと言うシーンなのに綾瀬はるかの演技はだいぶ柔らかかった。別にそれは悪いことではないのだが、気になる人は気になるかもというだけ]

自転車で駆け抜ける桜のトンネル、 堤真一と加瀬亮のあの優しい感じ、 鎌倉の雰囲気の良さ そして、メインの美少女四姉妹 どれもどストライク! 邦画だからこそできる邦画の良さを感じられる、そんな作品だと思う。 また観たいなぁ

吉田秋生による同名漫画を実写映画化した作品。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずと、それぞれ主演を張るような女優たちが4姉妹を演じたことで話題になりました。 また本作は、第39回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞などを受賞。4姉妹を演じた女優もそれぞれ賞を獲得しました。2015年公開邦画の傑作とも言える作品です。