リアル過ぎる戦争映画『野火』のあらすじとキャストまとめ

2017年7月6日更新

第71回ベネチア国際映画祭で話題となった『野火』が2015年7月25日に公開されます。作品のあらすじや監督情報、注目のキャストについてまとめました。

『野火』のあらすじ

第71回ベネチア国際映画祭で上映され、会場を震撼させたことで話題となった『野火』が2015年7月25日に公開されます。1959年以来の大岡昇平の同名小説の再映画化になります。

第二次世界大戦末期のフィリピン戦線が舞台で、病院にも部隊からも拒絶された結核を患った田村一等兵を中心に物語は展開されていきます。戦場という異常な環境で極限状態に追い込まれた人々の苦悩や絶望がリアルに描かれております。

監督塚本晋也のプロフィールをチェック!

yahi

1979年に『蓮の花飛べ』で映画監督デビューを果たし、1989年に公開された『鉄男』でローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリに輝き一躍有名となりました。

他にも2003年の『六月の蛇』で第60回ヴェネツィア国際映画祭コントロコレンテ部門審査員特別賞を受賞するなど、数多くの作品を手掛けており、数々の賞を受賞している名監督です。

注目のキャスト情報をチェック!

塚本晋也/ 監督 / 田村一等兵

yahi

塚本晋也は、監督だけでなく俳優としても出演しています。本作の主人公で、結核に侵され行き場をなくす日本兵士田村一等兵の役を演じます。

本作以外でも2002年には『クロエ』、『殺し屋1』、『溺れる人』、『とらばいゆ』等にも出演しており、これらの演技が評価され毎日映画コンクール男優助演賞を受賞しています。

リリー・フランキー/ 安田 

yahi

リリー・フランキーは、イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など幅広く活躍しているマルチタレントです。

2005年の長編小説『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』は本屋大賞を受賞し、ベストセラーになりました。演技の評価も高く、2008年に『ぐるりのこと。』ではブルーリボン賞新人賞、2013年の『そして父になる』と『凶悪』では、第37回日本アカデミー賞、第87回キネマ旬報ベスト・テン、日刊スポーツ映画大賞、日本映画批評家大賞など数多くの映画祭で助演男優賞を受賞するという快挙を成し遂げました

中村達也 / 伍長

yahi

カリスマ的ロックバンド「BLANKEY JET CITY」のドラマーとして知名度が高い中村達也。俳優業では、1998年の『BULLET BALLET/バレット・バレエ 』でデビューを果たし、その後は2009年の主演作品『蘇りの血』で注目を集めました。2010年にはNHK大河ドラマ『龍馬伝』にも出演しています。

森優作/永松

yahi

2013年『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で映画デビューを果たした、今もっとも期待されている俳優のひとりです。

野火 (2014)
2015年7月25日公開
日本 87分

>> 感想・評価・ネタバレを見る