『デスノート』の最終回とその後【ネタバレあり】

2017年5月17日更新 28716view

日本テレビにて現在放送中の話題のドラマ『デスノート』。その原作は根強いファンも多く、最終回を迎えた後もたくさんの人々を魅了し続けています。そんな『デスノート』ですが、実は最終回のあとに読みきりでその後の話が描かれていたことをご存知でしたか? 今回は原作『デスノート』の最終回とその後の話をご紹介します。

世界中を虜にした『デスノート』

『デスノート』

「週刊少年ジャンプ」で2004年から2006年まで連載され、今なお高い人気を誇る『デスノート』。マンガは映画化や舞台化もされ、2015年現在は日本テレビで毎週日曜22:30から連続ドラマとして放送されています。

人気は日本国内にとどまらず、海を越えてアメリカやフランスの人々までも魅了しているとのことです。そんな人気マンガ『デスノート』、実は最終回のその後の話が描かれた特別篇が存在しているをご存知でしたか?

今回は、『デスノート』原作の最終回と特別篇で描かれたその後の話をご紹介します。

原作『デスノート』の最終回

『デスノート』

物語は、天才的な頭脳を持つ少年・夜神月(後のキラ)が死神の落とした「デスノート」を拾ってしまったことから始まりました。

それから数年、名前を書かれた人間は死んでしまうという特殊な力を持つ「デスノート」で、世界中の犯罪者に裁きを下し、あとわずかでキラの理想とする世界を作り上げることができる、というときに事態は思わぬ方向へむかいます。

世界一の頭脳を持つと言われた探偵Lの後継者、ニアとメロの二人が動き出したのです。天才と呼ばれる彼らの間では様々な頭脳戦が繰り広げられます。

二人の天才ニアとメロに追い詰められたキラは、死神リュークに助けを求めます。しかしリュークは、ノートにキラの名前を書いてしまいます。こうして、夜神月の人生とキラの理想の世界は幕を閉じたのでした。

アニメ版『デスノート』ネタバレ、原作との違い

『DEATH NOTE コンプリート DVD-BOX』

アニメ版の『デスノート』は、2006年に放送され、原作『デスノート』に比較的忠実なストーリー展開となっていました。しかし、最終回では原作『デスノート』とは異なる夜神月の最期の姿を見ることができます。人の命を自由に操ることができる力を持ってしまった月は、人間らしい心を失い、キラとなってしまうわけですが、アニメではまだ純粋な普通の高校生だったころの自分の幻影に死の間際に出会います。

原作と同じく、警察とニアたちに倉庫で追いつめられる月ですが、狂気的な最期を迎える原作とは違い、アニメでの月は人間らしい表情を見せながら穏やかに死を受け入れていきました。

ドラマ『デスノート』ネタバレと最終回あらすじ

『「デスノート」Blu-ray BOX』

ドラマ『デスノート』は、2015年に放送され夜神月を窪田正孝、Lを山崎賢人が演じ、原作、アニメ、映画とも異なる二人のキャラクターが注目を集めます。居酒屋でバイトをしながら公務員試験を目指す普通の大学生・夜神月と、美意識が高く常にストイックな天才探偵・Lのキャラクターは新鮮でした。

警察官の父を持ち、公務員試験を目指しながら居酒屋でアルバイトしている月は、どこにでもいるような平凡な大学生。ある日親友が恐喝されている場面に遭遇しますが、自分ではどうすることもできず、激しい怒りと後悔を覚えます。悩む月の前に、1冊の黒いノートと死神リュークがあらわれ、月は名前を記入することにより人の命を奪うことができる不気味な能力を持ってしまうのでした。

月は犯罪者たちを次々に殺すようになり、世間では救世主「キラ」と呼ばれる存在に。父・夜神総一郎(松重豊)が所属する警察ではキラを阻止するため対策本部を設け、謎の探偵・Lを国際刑事警察機構から招き入れます。

ドラマ『デスノート』の最終回では、月を救おうとしたLが命を落とし、月は自分の正体がキラであることに気づいた総一郎さえも手にかけてしまいます。自分の信念を疑うことを知らない月は、最後の邪魔者であるメロ(優希美青)を殺すべく、警察を味方に付け居場所を突き止めようと躍起になり、魅上(忍成修吾)の「死神の目」を利用しようとします。

メロのもうひとつの人格ニアは、デスノートのすり替えを実行。それに気づかず月は自分がキラであることを証明するかのような行動を取ってしまいます。ニアからノートを奪い返した月でしたが、松田の銃に倒れます。月の負傷で逆上した魅上は、一面にガソリンをまき火を放つという凶行に出、月は炎に包まれながらも最後までデスノートへの執着をあらわにしたまま最期を迎えました。

月もLも亡き後、遺されたのはLからのビデオレターのみ。予測できぬ結末になっても大丈夫なように、何通りものパターンが収められた用意周到なビデオレター。「Lらしい。」とメロ(ニア)からは笑われてしまいますが、そこで語られていたのは、月はキラではないということ。

Lは月に友情を感じ、彼なりに月を守ろうとしていたのです。アニメとも映画とも違う、ドラマ版デスノートだけの、Lの月への本心と友情に気づかされるエンディングでした。

映画『デスノート the Last name』ネタバレ

『デスノート the Last name』

1023 最後はちゃんとデスノートのルールに乗っ取っていたので、原作とは違いますがありだと思いました。

公開当時の2006年から11年経った2017年現在でも、藤原竜也が演じた夜神月、松山ケンイチが扮したLの印象が強く残っている、と言う人は多いのではないでしょうか。キャラクター設定は、比較的原作『デスノート』に忠実で、正義感にあふれる優秀な学生・夜神月と、天才的な頭脳を持ちながら少々不気味なところがあるLの緊迫した心理戦・頭脳戦が楽しめる作品です。

名前を書かれたものが死んでしまう、恐ろしい力が秘められている「デスノート」を手にした夜神月。司法を学びながら犯罪の無い世界を夢見ていた理想にあふれる大学生・月は、人の命を操れる力を手にし、「新世界の支配者・キラ」となります。次々と凶悪な犯罪者たちを裁いていくキラの凶行を見た弥海砂(戸田恵梨香)は、家族が強盗殺人の被害に遭った過去から熱狂的なキラ信者となり、遂には月の前に現れるのでした。

弥海砂には「レム」という死神が憑いており、彼女には特殊な能力「死神の目」がありました。海砂の「死神の目」を使える、と踏んだ月は海砂に共犯を持ち掛け、二人は手を結ぶことに。一方、月の父・夜神総一郎(鹿賀丈史)が所属する「キラ対策本部」は天才的頭脳を持つLが巧妙な罠を仕掛け、海砂を監禁、月が自ら自分たちの元へやって来るように仕向けます。

自分がキラなのかも知れないという不安を拭い去るため、月は自分を監禁してくれとLに懇願します。デスノートを放棄し、記憶をなくしていた月。監禁されている間に第3のキラ・高田清美(片瀬那奈)による犯行がおきます。Lたちの罠にはめられ、警察に取り押さえられた高田をデスノートの切れ端を使って月は殺害し、再び記憶を取り戻しました。

ミサに放棄したデスノートを取りに行かせ、再び凶行へと走る月。ノートに父の名前を書きますが、それはLの手の内でした。デスノートは偽物であり、月は自らがキラであることを証明してしまったのです。追いつめられ、その場にいた全員をデスノートで殺そうとする月でしたが、リュークにより名前を書かれてしまい、L、海砂、父の目の前で息絶えるのでした。

映画『デスノート Light up the NEW world』ネタバレ

toshibakuon Lの後継者とキラの意思を継ぐ者。デスノートの掟も少し追加されていたけど説明含みのセリフで戸惑いはない。いろいろ伏線もはられててワクワクした。前作からの出演者もしっかり絡んでいるし死神にも愛があった事心打たれた。デスノート(6冊)の所有者それぞれガチバトルも見たかったけどそれでは映画の時間内には収まらないので仕方ないかな。

映画『デスノート the Last name』の公開から10年の歳月を経て蘇った『デスノート』最新作の『デスノート Light up the NEW world』。実際のストーリーも『デスノート the Last name』から10年後の世界を生きる3人の男性を軸に展開していきます。

夜神月の死から10年経っても、デスノート対策本部は起動しているままでした。熱心なキラ研究家でありデスノート対策本部の捜査官である三島(東出昌大)は、新生キラ事件解決に追われる毎日を送ります。対策本部は天才Lの遺伝子を受け継ぐ探偵、竜崎(池松壮亮)の協力を得て、真相解明へと乗り出しました。

白づくめの謎の男・紫苑(菅田将暉)は怪しげな行動を見せる上に狂信的なキラ信者。しかし複雑にストーリーは絡み合い、誰がキラであるのか予測が付きません。夜神月と共犯でありデスノートを所持していた経験のある弥海砂(戸田恵梨香)は、月が起こした事件当時の記憶をなくしていて、現在は女優として成功、しかし再びデスノートに触れすべての記憶を取り戻してしまいます。

再び死神と契約した海砂は、月がもはや存在していないことを知り、紫苑にすべてを託そうとします。自分の名前をデスノートに記入し死亡した海砂からの情報をもとに、新生キラを殺そうと目論む紫苑。月との約束の場所でキラを待ちます。そこに現れたのは、竜崎と三島でした。

弥海砂から竜崎の本名を聞いていた紫苑はデスノートに書き込みますが、竜崎に変化は起こらず。すでに彼の名前は別のデスノートに書かれていたのでした。このことから、紫苑は新生キラが三島であることに感づきます。三島は所有権を放棄していたため、記憶を失っていたのです。

夜神月には子どもがおり、アメリカで魅上を後見人として生活していました。キラ信者の魅上は月の子どもに恐れをなし、自らデスノートで殺していしまいます。凶行に走る魅上を撃ち、デスノートを奪った三島は新生キラとして覚醒してしまったのでした。

『デスノート』のその後

デスノート

『デスノート』本編のその後の話である特別編が、2008年に「週刊少年ジャンプ」に掲載されます。単行本未収録の短編ですので、現在では入手することが困難になっています。

死神リュークによって、ノートに月の名前が刻まれてから3年。キラの事件に似た手法で、老人の不自然な死が相次ぐという不可解な事件が起こっていました。

世界の平均寿命ランキングで日本は転落し、騒ぎが大きくなると殺害を乞う人までもが出てくるという事態に。Lの後継者二アは、この事件に新たなキラの存在を嗅ぎ付けますが、この事件に関しては一切捜査はしないと公表しました。

真相は、キラの事件に興味を持った死神ミードラが、リュークと同じく興味本位でデスノートを落としたことがきっかけでした。それを拾った第2のキラは、死を望む高齢者の名前を次々とデスノートに綴っていたのでした。

しかし、捜査されないことを知った第2のキラはショックを受け、自分の名前をデスノートに記載。そして死神ミードラも死神界に戻って、この事件の終止符は打たれます。この話が、デスノート連載終了後の後日談となっています。

各作品ネタバレ比較総評

『DEATH NOTE デスノート ・DEATH NOTE デスノート the Last name complete set』

アニメにドラマ、そして二つの映画作品と『デスノート』はこれまでさまざまなメディアで描かれてきました。

アニメ『DEATH NOTE』【2006年-2007年】

アニメ版デスノートはストーリー展開は原作に忠実であるものの、最終回での主人公・夜神月の心情がどの作品とも異なっており、死に近づく間際で本来の月の心を取り戻したような救いが感じられます。

ドラマ『デスノート』 【2015年】

ドラマ『デスノート』はキャラクター設定が原作とは大きく異なり、各キャラクターの新たな魅力がストーリーに意外性と新鮮さをもたらしてくれていました。最終回に向けてのストーリー展開は原作に忠実であり、映画には登場しない重要人物メロとニアもしっかりと登場します。ドラマだけの設定として、メロとニアが二重人格による同一人物となっていました。

映画『デスノート the Last name』【2006年】 

HMworldtraveller 正義感の行使が、正義感の暴走になり、やがてそれが正義のかけらもない殺人鬼へと変わる。けれど本人は自分の正しさを微塵も疑わない。デスノートはそれ自体が文字通りの殺人ツールであると同時に その所有者の人格をも変えてしまう。デスノートを手に入れた者たちの変わりっぷりを見るとつくづく思う。権力や武器は人を変えてしまうんだなと。

夜神月とミサミサのやり取りの芝居っぽさ、どうしてもチープな感じを受ける劇中のニュース映像、Lと夜神月以外の演技、終盤の強引な展開、この人やあの人はお咎めなしなの? などなど 納得感の無い箇所や不満な点を挙げればキリが無い。けれど、この終わり方、私は悪くないと思う。

2人の天才の直接対決は純粋におもしろい。が、何よりも印象的だったのは、Lの命をかけた一手と 夜神総一郎との最後の会話。終盤のあのシーンは Lの孤独な重圧の裏にある気持ちのすべてを代弁していたように感じて ひどく切なくなってしまった。彼は ほんとは孤独な天才として生きるよりも 何もかもをさらせる人が欲しかったのではないだろうか。そんなことを思うセリフだった。

夜神月とLの頭脳戦にハラハラする一方で、権力(パワー)を持った人間の変貌・転落ぶりや深層心理、思いがけずヒューマンドラマの醍醐味にも似たものまで味わうことができ、個人的に感じていたマイナス部分が帳消しとなった。原作を知らない私は圧倒的にL派。藤原竜也もハマっていたけど本作の松山ケンイチは良かった。これは彼のための映画だったとさえ思う。

waruitottori デスノートは原作も読んだが劇場版のほうがうまくまとまっているように思える。勝者のロジックも明確であり、所々の粗さえ目をつぶれば十分楽しめる。藤原達也の見苦しい演技もたのしめる。

映画『デスノート the Last name』では、メロやニア、検察庁検事でありながらキラ崇拝者の魅上照は登場しません。そのため、月とLの頭脳戦が際立ち、月と共犯関係を結ぶ海砂のキャラクターもより魅力的に映ります。登場人物を絞ったことでよりストーリーに引きこまれ、結果として2017年公開の『デスノート Light up the NEW world』につながるという、作品の中で最も強い影響力を持つものとなりました。

映画『デスノート Light up the NEW world』【2016年】

Pit7775Pit 前作にはやはり敵わないかな。 藤原竜也さんがどれだけ凄いかわかります。 ですが続編としてはとてもいいと思います。今が旬の豪華俳優陣がそれぞれ後継者を演じます。どうせどんでん返しが待ってるんだろ?と思って警戒して観てましたが足元をすくわれたようにやられました。 まず、ミサの登場と目を持って竜崎の名前を書く所。ラストの三島がキラだったという展開。面白かったです。 前作のファンを逃さない工夫も良かったですね。同じ人物を使う。 個人的にはキラの後継者は染谷将太さんが良かったかなと思います。

Lの後継者が明るく感情的になりやすくなり キラの後継者が新世界らしく白ベースに この違いはいいと思います。

そしてデスノート6冊は斬新。 それに2時間にまとめるのはちょっときつそうかな。もっと膨らませてもいいと思います。

所有者に船越英一郎さんの登場は笑ってしまった。

月に子供がいたという設定はイマイチかな。 #ネタバレ

toshibakuon Lの後継者とキラの意思を継ぐ者。デスノートの掟も少し追加されていたけど説明含みのセリフで戸惑いはない。いろいろ伏線もはられててワクワクした。前作からの出演者もしっかり絡んでいるし死神にも愛があった事心打たれた。デスノート(6冊)の所有者それぞれガチバトルも見たかったけどそれでは映画の時間内には収まらないので仕方ないかな。

映画『デスノート Light up the NEW world』は、完全にオリジナルストーリー。『デスノート the Last name』から10年後の世界を描きます。この作品でしか出会うことのできない登場人物や、大人の女性となり、女優として成功している海砂の姿など、長年のファンも新たに作品に触れる人も楽しめる要素がいっぱいです。