蓮佛美沙子がかわいい!ドラマ『お義父さんと呼ばせて』のヒロイン【画像】

2017年12月7日更新

ドラマ『37.5℃の涙』に主演し注目を集めた蓮佛美沙子の魅力に画像で迫ります。いま注目の演技派女優でもある蓮佛美沙子の出演作品や、プロフィールについての情報もまとめました。

蓮佛美沙子のプロフィールをチェック!

蓮佛美沙子は1991年2月27日生まれ。鳥取県鳥取市出身で、2007年には「とっとりふるさと大使」を委嘱されています。 女優を目指したきっかけは『ランチの女王』の竹内結子を観たこと。2005年に行われた第1回スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスのグランプリに選ばれて芸能界デビューが叶いました。 2006年『犬神家の一族』で映画デビューを果たし、同じ年の『転校生 -さよなら あなた-』で初主演に大抜擢され、第81回キネマ旬報ベスト・テン日本映画新人女優賞および第22回高崎映画祭最優秀新人女優のW受賞を果たしています。 女優業と並行して、白百合女子大学文学部で児童文学の研究をしており、卒業制作で郵便ポストをメインに据えた絵本「ポスト」を作りました。将来の夢は絵本作家になることとも語っています。

田舎者だったことがデビューのチャンスに

電柱がない!のどか!わーい! 田んぼ道いるとホッとする。 通学路思い出すな〜 #べっぴんさん

蓮佛美沙子さん(@renbutsu_misako)がシェアした投稿 -

蓮佛の芸能界デビューは2005年に出場し、グランプリを獲得したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス。4万人ほどいる女性の中から1位を勝ち取ったわけでしたが、その選考理由がなんと「田舎者だったから」なんです。 鳥取出身の彼女は名前を呼ばれる前に、いちばんの田舎者を選んだという審査員の言葉から落選したと諦めましており、名前を呼ばれてそれが初めて自分のことだとわかったと語りました。

蓮佛美沙子の魅力に出演作で迫る!

2007年『転校生 -さよなら あなた-』

蓮佛美沙子は、2007年に『転校生 -さよなら あなた-』で初主演に大抜擢されました。まだデビューしたての初々しさやぎこちない表情に注目です。 本作で蓮佛は日本映画新人賞を獲得しました。

2007年『バッテリー』

2007年『バッテリー』では、主人公原田巧のクラスメイト矢島繭役を演じました。

2010年『君に届け』

今までの黒髪清楚のイメージとは一変!2010年の『君に届け』では茶髪でボーイッシュとなりましたが、よく似合ってます!

2012年『RIVER』

2012年公開の『RIVER』は秋葉原無差別殺傷事件を題材にした映画です。蓮佛美沙子は事件で恋人なくしたヒロインを演じました。

2013年ドラマ『独身貴族』

ドラマ『独身貴族』の出演しました。本編では、ドレッシーにしっかりヘアセットをしている姿がサマになっています。

2014年『白ゆき姫殺人事件』

2014年に公開された『白ゆき姫殺人事件』では、ショートボブもよく似合っていますね。

2015年ドラマ『ランチのアッコちゃん』

NHK BSプレミアムの連続ドラマ『ランチのアッコちゃん』で、連続ドラマ初主演を飾りました。コンプレックスを抱える派遣社員澤田美智子を演じています。

『37.5℃の涙』で民放連続ドラマ初主演

人気コミックが原作の『37.5℃の涙』がドラマ実写化され、蓮佛美沙子が主演しています。不器用で、コミュニケーションが苦手な主人公の杉崎桃子役を演じます。

幼少時代は男勝りで活発な性格だった

#べっぴんさん 撮影+深夜+アイス=変なテンション????

蓮佛美沙子さん(@renbutsu_misako)がシェアした投稿 -

幼少期は木に登ったり、自転車に乗ったりすることが好きだったという蓮佛美沙子。外で遊ぶのが大好きで自由な時間を見つけては、どれだけ早く木に登れるかという一人遊びに熱中していたそうです。それにより体にはいつも擦り傷や切り傷を作っていたとか。男の子と喧嘩も絶えず、なかなかやんちゃな性格をしていたと語っています。 それは今の性格でも受け継がれているそうで、サバサバした男っぽい性格は変わらず。自他共に認める「自由人」だそうです。

2016年の蓮佛美沙子に期待大!

『お義父さんと呼ばせて』でヒロインを務める

2016年1月から放送を開始したドラマ『お義父さんと呼ばせて』にヒロインの花澤美蘭役で出演します。本作は、蓮佛美沙子演じる花澤美蘭の父と彼氏が同い年であることから発生する騒動を描いたコメディドラマ。花澤美蘭(23)の父花澤紀一郎(51)を渡部篤郎が、彼氏大道寺保(51)を遠藤憲一が演じます。

『大奥〜悲劇の姉妹〜』で悪女を演じる

真顔でキラーン????#大奥 #悲劇の姉妹

蓮佛美沙子さん(@renbutsu_misako)がシェアした投稿 -

2016年1月に2部構成で放送されたスペシャルドラマ『大奥』の「第二部〜悲劇の姉妹〜」に、沢尻エリカ演じる主人公梅の妹・歌役で出演しました。沢尻が「聖女」を演じ、蓮佛が強気な「悪女」を演じた姉妹の対決が注目されました。 江戸幕府の第十一代将軍・徳川家斉の側室お美代と梅の二役を沢尻エリカがひとりで演じることも注目を集めました。 これからの彼女の活躍も楽しみです。