©Van Tine Dennis/ABACA/Newscom/Zeta Image

キャットウーマン役の美少女キャムレン・ビコンドヴァ【画像】

2017年7月6日更新

FOXのTVシリーズ、『ゴッサム』で若かりし頃のキャットウーマンを演じるキャムレン・ビコンドヴァ。彼女のはじける魅力を、動画や画像と共にお届けします!

キャムレン・ビコンドヴァのプロフィール

本名は、キャムレン・ルネ・ビコンドヴァ(Camren Renee Bicondova)といいます。

1999年5月22日生まれの16才で、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ出身の女優です。ダンサー、モデルとしても活動しています。

キャムレン・ビコンドヴァ演じる、キャットウーマンの若かりし姿!

2014年から放送されているバットマンのスピンオフドラマ『GOTHAM/ゴッサム』で、キャムレン・ビコンドヴァは、のちにキャットウーマンとなるセリーナ・カイルを演じています。

本作は青年期のゴードン刑事であり、ブルース・ウェイン(バットマン)はまだ幼く、ほかの悪役たちも傘持ち係であったり、まだ悪役として活動していないなど、これまでのバットマンよりだいぶ前の時代を描いています。

ミステリアスでチャーミングなキャットウーマン。やはりダンスをしているだけあって、立ち姿やポーズのとり方が綺麗で自然です。そういった点も彼女の魅力といえるでしょう。

また、女優としてあまり名前を知られていなかったということも、今回のミステリアスな役にピッタリだったのではないでしょうか。

キャムレン・ビコンドヴァはインタビューで、セリーナ・カイルという役に関して次のように話しています。

彼女はサバイバーなの。私が人々とセリーナ・カイルについて話すと、彼らはいつも「悪者を演じられるなんて、クールじゃない?」って言うの。実際、彼女を演じるのはとても興味深いわ。なぜなら、彼女には「邪悪な傾向」があるからよ。でも、彼女は、心の善良さからそういうことをやるのよ(笑)。本当に。そう、彼女は盗んだりするわ。でも、それは、お腹が減らないようにやるのよ。または、お腹が減った猫のために盗むの。
引用:mdpr.jp

ダンスグループに所属

海外ドラマ『ゴッサム』への出演で注目されている彼女ですが、本来は8 Flavahz というガールズ・ダンスグループの一員です。

2012年、8 Flavahz は「America’s Best Dance Crew」という番組で2位を獲得しました。

キャットウーマン役に抜擢されたのも、キャムレンのステージ度胸や表現者としての経験が大きかったのかもしれません。

日本でも流行った、ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」に合わせて踊るキャムレンの姿がキュートです!

体全体で表現していますね。ダンスが本当に大好きなのが伝わってきます。見ているこちらがハッピーになりますね!

役者としてのキャリア

『ゴッサム』(2014)で注目を浴びる前は、『ガールハウス』(2014)や『バトルフィールド・アメリカ』(2012)に出演しています。

『バトルフィールド・アメリカ』はキッズのダンスバトルを描いた作品です。

撮影当時は13才前後だったキャムレンも、そのダンススキルを惜しみなく披露しています。

健康的な美少女!ダンスで鍛えられた肉体美

キャムレン・ビコンドヴァの魅力はなんといっても、ダンスで鍛えられたこの肉体美と、キュートな顔立ち!

これからも、自分の持っている魅力を存分に活かし活躍していって欲しいです!