本田望結は子役にしてフィギュアスケート選手!

2017年10月4日更新

爆発的な人気となったドラマ『家政婦のミタ』で大ブレイクした本田望結。子どもらしい表情と愛くるしい演技が幅白いファンの心を掴んでトップクラスの人気子役となりました。子役として活躍するほかフィギュアスケート選手としても頑張っている彼女の魅力に迫ります。

11歳にして、芸歴7年の本田望結!

2004年6月1日生まれ京都府出身の本田望結は、2008年にCM出演で芸能界にデビュー。当時時はまだ4歳でした。さらにそれより1年前、3歳の頃にはすでにフィギュアスケートも始めていたというので驚きです。 彼女は、5人兄弟の4番目で兄と姉2人と妹がおり、中でも、6歳上の兄の太一と3歳上の姉の真凜は国際ジュニア大会でも表彰台にあがる実力を持っています。 この記事では、映画・ドラマ・CMに引っ張りだこの子役本田望結に迫ります。

本田望結ブレイクのきっかけとなったドラマ『家政婦のミタ』

ドラマ視聴率の低迷が嘆かれる中、高い視聴率を誇り大ヒットとなった『家政婦のミタ』で、母の自殺によりバランスを崩した阿須田家の末っ子、希衣を好演し高い評価を得た本田望結。屈託のない無邪気な笑顔や、素直な感情表現が主人公のミタとは対照的であり、登場人物の中でも一際目を引き一気にブレイクを果たしことになったのです。 このドラマへの出演で、天才子役と呼ばれるようになり子役ブームを牽引する存在となりました。

子役もフィギュアスケートも大事なもの

それまで圧倒的な人気を誇る子役としては芦田愛菜の独壇場という感じではありましたが、彼女の人気をきっかけとして多くの子役たちにスポットが当たるようになったのも事実です。 その中の一人とも言える本田望結でしたが、ほかの子役たちとは一線を画すものを持っていたのがフィギュアスケート選手としてもうひとつの顔でした。子役として活躍しながらも、当然学校へ通い、その時間の中でもスケートへの練習も怠ることなく日々を送る本田望結はもしかしたら、日本でもっとも忙しい小学生かもしれませんね。 2013年に放送されたスペシャルドラマ『スケート靴の約束』では、子役としての高い演技力とともに見事なスケーティングを披露しその実力を見せてくれました。

将来の夢は、歌って滑れる女優

ドラマや映画だけではなくバラエティの出演も多くその子供らしい発言が人気を集めている本田望結は幅広い活躍が目覚しいですね。 まだ11歳とは言え芸暦は貫禄の7年を誇り、バラエティ番組に出演した際に「もう子役という言い訳は通じない。長く仕事をやってきたのだから甘えずにしっかりとやらなきゃいけないと思う。」と大人顔負けの発言も飛び出しています。そんな彼女の将来の夢は、歌って滑れる女優になることだそうです。 演技、歌、スケートということをきちんとマスターしたマルチな女優になるということが目標だということでしょうか。彼女の無限の可能性を感じますね。

氷上の無敵の王子プルシェンコに認められた実力

以前出演した『炎の体育会TV』でオリンピック金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ選手からレッスンを受けることができるという貴重な体験も持っています。演技指導をした際に、本田望結の飲み込みの速さの驚きを隠せなかったプルシェンコ選手ですが、一方で厳しい忠告も投げかけました。 本田望結は子役も続けながらスケートも上達させたいと思っていますが、プルシェンコ選手は女優との両立というのは非常に難しいと言います。それほど、集中力と根気が必要だという厳しい世界なのでしょう。

兄弟4人がフィギュアスケート選手!?気になる親の職業は?

女優とフィギュア、二足の草鞋を履く子役スター・本田望結。本田家では望結ばかりでなく、長男・太一、次女・真凛、四女・紗来もまたフィギュアスケート選手として活躍しているのです。 一説には海外遠征、コーチ代で年間数百万がかかるといわれるフィギュアの世界。兄妹4人がフィギュアスケートをやると一体どの位かかるのでしょう?そうなると気になってくるのがご両親の職業ですよね。 しかし、彼女の両親の職業が公式に明かされたことはありません。かなりのお金持ちであることが予想できますが、普通のサラリーマン家庭という説が有力なようです。

姉・真凛は「ポスト浅田真央」を囁かれるフィギュア界の新星!

本田望結の3つ年上の姉・本田真凛。言わずと知れたフィギュアスケート界で活躍する本田兄妹の次女です。 2017年9月、ソルトレイクシティで開催されたUSインターナショナルクラシックでは、SP(ショートプログラム)1位、フリー1位という完全勝利。2位の長洲未来とは15点近くの大差をつけ、シニアデビュー戦とは思えない華々しいスタートを切っています。 「ポスト浅田真央」を囁かれるのも納得のフィギュアスケート界の新星です。

映画『ポプラの秋』に主演

本田望結は、2015年9月19日公開の映画『ポプラの秋』に主演しています。父親を亡くした少女千秋(本田望結)とポプラ荘の大家のおばあさん(中村玉緒)の交流を中心に描いた作品です。

スペシャルドラマ『一千兆円の身代金』に出演

2015年10月17日に放送されるスペシャルドラマ『一千兆円の身代金』に篠田真由役として出演します。篠田真由は元副総理の孫で誘拐されてしまうという役どころです。篠田真由を誘拐した犯人は、日本の財政赤字と同額の1085兆円の身代金を支払うか、巨額の財政赤字を招いた責任を公式に謝罪し再建案を示すことを日本政府に要求します。

2015年冬には大御所との共演も

吉永小百合主演で、息子役には二宮和也を向かえ早くも話題を集めている『母と暮せば』でベテラン俳優との共演を果たす本田望結。戦地から帰らぬ父の安否を求める少女・民子役として出演するということで、注目が集まっています。

同作は山田洋次監督作品とあって、女優としてのキャリアにも弾みがかかることになりそうです。ほか出演者には、浅野忠信をはじめ、黒木華、橋爪功など豪華キャストが揃いました。ここで、本田望結らしい初々しいフレッシュな演技がどのように作品に華を添えるようになるのか楽しみです。

ディズニー映画『BFG:ビッグフレンドリージャイアント』で初の吹き替えに挑戦!

『チャーリーとチョコレート工場』のロアルド・ダール原作のファンタジー「オ・ヤサシ巨人BFG」をスティーヴン・スピルバーグが完全アニメーション化。 ロンドンの児童養護施設に暮らす一人ぼっちの少女ソフィーは子供たちに夢を届ける巨人、ビッグフレンドリージャイアントと出会い、しだいに心通わせていきます。本田望結が日本語吹き替えを担当したのは、好奇心旺盛な少女ソフィー。 ディズニー映画が大好きで声優にも興味があったという本田は、ソフィー役に選ばれたことを一生の宝物だと語っています。今回の仕事を通して芝居や声優への想いが更に深くなったのだとか。

ドラマ初主演作『探偵少女アリサの事件簿』で天才探偵役に挑んだ本田望結!

『謎解きはディナーのあとで』で知られる東山篤哉による推理小説を原作に、本田望結が天才探偵少女・綾羅木有紗役に挑戦します。天才子役の彼女にとって本作はドラマ初主演作。 セリフも多く難解な単語がいくつもあったけれど、原作小説のファンなので役を演じることができて幸せだったのだとか。 孤島に建つ屋敷を舞台に連続殺人事件が発生。探偵少女・有紗が「不思議の国のアリス」をモチーフにした事件の謎解きに挑みます。 閉じ込められた空間で起きた殺人事件の容疑者として浮かび上がるのは宿泊者と家政婦の合わせて7人。ミステリードラマ常連の名取裕子が怪しい家政婦役を演じます。