2017年7月6日更新

IT業界関係者必見!アメリカのITベンチャーを描いた映画6選

Apple、Google、Facebook、Twitter...数々の世界的サービスを生み出しているアメリカ、シリコンバレーのIT業界を舞台にした作品を6作品ご紹介します。

Google協力のもと撮影!おっさん2人がGoogleのインターン生になって正社員を目指す!

tophelos 突然失業したオッサン二人が本来の営業職とは全く畑違いのIT企業、しかも天下のGoogleのインターン生になって正社員を目指すというコメディ映画。どうみてもGoogleの全面協力で作られた内容で、Googleファンにはたまらない映画だろう。若いデジタルオタク達に混じって奮闘するアナログ人間なオッサン二人、はじめは頓珍漢な発言に周りもまったく相手にしないのだが…。まあ、コメディとしては分かりやすくて良くあるパターンではあるのだが、Googleが舞台と言うだけでなんかワクワク感が上がる不思議。劇中で「ハリポタ」の球技(?)をプレイしていたのだが、あれって実際にGoogleでやってるのか気になるところ。

革命は誰も見ていないところで起こる。世界を変えた2人、ビル・ゲイツとスティーブ・ジョブズを描く!

革命は誰も見ていないところで起こる。

それはガレージの中で、学生寮の一室で、たゆみない努力と想像と策略の中から発生する。アップル(R)共同設立者スティーブ・ジョブズとマイクロソフト (R)共同設立者ビル・ゲイツ。彼らは世界の仕組みや生活、コミュニケーションを、根本的に変えようとしていた。

ノア・ワイリー(「ER」)がジョブズ、アンソニー・マイケル・ホール(「デッド・ゾーン」)がゲイツに扮し、創成期のパーソナルコンピュータ帝国の覇権を巡るときに激しく、ときにユーモラスな戦いの日々が綴られる。

Appleを創った男の伝記

jitsuwashokudou Appleを創った男の伝記。人々に未来とワクワクを与え続けたジョブズは性格も強烈!アシュトン・カッチャーの似せ方もすごい。

共同創始者の親友に訴訟を起こされてしまう!Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグの半生

Shoko Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグの半生を描いた映画。 いまや誰もが羨む億万長者に上り詰めたマークだが、映画ではちょっと性格曲がった奴みたいに描かれている。実際の性格は知らないが、確かにこれで性格も良かったら、我々一般人にはもう何も勝ち目がないよなぁ。 共同創始者の親友に訴訟を起こされてしまうものの、本当は親友のことを大切にする気持ちはある。元カノのことも忘れられない。天才と言われても、普通の20代の一面もあるところには親近感がわく。 個人的にはFacebook立ち上げからの様子をもう少しドラマチックに緻密に描いてほしかったかも。

すべての事情を知りジョブズとAppleについての予備知識がある人へ

wiggling iTunesレンタルにて。映画として公開されてるけど、これを映画として観ると辛い思いをしそう。でも、すべての事情を知りジョブズとAppleについての予備知識があるなら楽しめるはず。ジョブズ関連の本を読んでいればほぼ既知の内容なんだけど、それが本人の口から発せられている様を見れるというのが本作のキモですね。 当時のApple社について、「もう巻き返しは不可能だろう」と言いつつ、翌年に復帰して巻き返しを遂げてしまうんだよねー。その時はそんな事は想像もしてなくて本心だったんだと思う。なんという波乱に充ちた人生。

若い女性に大人気!アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロ共演のデトックスムービー

ririri511 レイトショーにて鑑賞してきました! 久しぶりに心から観て良かったな、この映画に出逢えて良かったな、と思えるような作品でした。 人生の再挑戦に遅すぎる事なんて無いんだと気付かせられた。 アン・ハサウェイは「プラダを着た悪魔」の役柄とは立場が逆転して若手キャリアウーマンの起業家、デニーロは人生にポッカリ開いた穴を埋めるべくシニアインターンに挑戦するおじいちゃん。 なんと言ってもやっぱりデニーロ演じるベンが素晴らしい、ベンは人生の楽しみ方を知っている人だと感じた。 仕事も人間関係も楽しんでこその人生、壁に当たる事も楽しんでこその人生、でも休日はゆっくり羽伸ばす(笑) この作品から大切な事を教えられた気がします♪

今後も続々映像化予定のアメリカのIT業界

・Twitter創業者同士の確執や権力争いがアメリカでドラマ化 ・『ソーシャル・ネットワーク』の監督&脚本コンビがApple創業者スティーブ・ジョブズを新たに映画化 と、まだまだIT業界を舞台にした作品が公開される予定です。