2021年12月24日更新

【ネタバレ】映画「ホーム・アローン」シリーズ全6作品のあらすじを解説!

『ホーム・アローン』ジョー・ペシ、マコーレー・カルキン
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage

「ホーム・アローン」シリーズの基本情報

「ホーム・アローン」シリーズは何作品あるの?

「ホーム・アローン」シリーズはあわせて6作品あります。このうちマコーレ・カルキン演じるケビンが主人公なのは、1作目と2作目です。以降3作目からは、毎回主人公が変わっています。2021年には主人公にアーチー・イェーツを据え、6作目『ホーム・スイート・ホーム・アローン』がディズニープラスオリジナル作品として配信されました。

1作目『ホーム・アローン』の簡単なあらすじは?

旅行に出かけていった家族に置いていかれ、自宅にたった1人残されてしまったケビン。彼は1人の時間を楽しみますが、そこに泥棒2人が……。ケビンはあの手この手で、泥棒に罠を仕掛けます。この記事では1作目のほかにも、合計6作のあらすじを詳しく紹介していきます!

1作目『ホーム・アローン』あらすじ

マコーレー・カルキン『ホーム・アローン』
© LFI/Photoshot/zetaimage

クリスマスの時期がやってきました。シカゴに住むマカリスター一家は、パリへ家族旅行にいく準備をはじめます。しかしケビンは兄バズと喧嘩したため、たった1人で屋根裏部屋行きに。 翌日、目覚まし時計が鳴らないなどのトラブルがあり家族全員が大寝坊!慌てて空港へ向かいますが、屋根裏部屋で1人眠っているケビンのことはすっかり忘れていました。 ケビンは自分1人しか家にいないとわかり、大喜びです。なぜなら普段はとっても口うるさい親がいないうえに、意地悪してくる兄もいないからです。彼は1人でやりたい放題をはじめます。 まずは一人でスーパーマーケットへ。そこで「シャベル殺人鬼」と呼んでいる隣の老人マーリーに会いました。怖くなって急いで帰宅しようとしたところ、ケビンは怪しい2人組に出くわします。 怪しい2人組は、クリスマス・イブに空き巣に入ろうと考えていた泥棒のハリーとマーヴでした。ケビンは彼らが家に侵入しようとしていることに気付きますが、ビデオテープから流れる台詞の音声を上手に利用して、退散させることに成功しました。

『ホーム・アローン』マコーレー・カルキン、ジョー・ペシ、ダニエル・スターン、ロバーツ・ブロッサム
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage

ケビンが教会へ行くと、またあの隣人マーリーがいました。マーリーはむかし息子と大喧嘩して疎遠になってしまい、そのことを悔いている心優しい人物でした。このことを知って、ケビンはひと安心します。 その後もケビンはさまざまな罠を家中に張り巡らせて、泥棒を撃退します。子どもの知恵に翻弄されたハリーとマーヴでしたが、とうとうケビンは彼らに捕まってしまいました。 しかし危機一髪のところ、隣人マーリーが登場。シャベルで泥棒2人を気絶させ、彼らを無事警察の手にわたすことができました。 一方でケビンを家に置いてきた母ケイトはなんとか家に戻ろうとするも、次々と起こる障害のせいで簡単に家に帰ることができません。 飛行機が捕まらずに困っていたケイトを、貧乏バンド「ポルカ・キング」が車に乗せてシカゴまで送ってくれることになりました。無事に家についた母は、ケビンと再会するのでした。

2作目『ホーム・アローン2』あらすじ

『ホーム・アローン2』ジョー・ペシ、マコーレー・カルキン、ダニエル・スターン
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage

前回のクリスマスから1年が経ち、マカリスター一家はフロリダへ行く用意をしています。しかしケビンはまったく楽しくありません。なぜならフロリダだと、クリスマスツリーがないからです。 旅行前日にケビンは学校のコーラスに参加。彼が1人で歌うパートがありましたが、兄のバズがコーラスの最中にケビンを邪魔して、結局散々な結果となってしまいました。 家に戻ってから、バズは家族に謝罪します。しかしバズがケビンにも「謝れ」とささやいたことで、ひと悶着がおき、またもケビンは屋根裏部屋行きになりました。 母ケイトはケビンのもとに行って謝るように促すのですが、ケビンは頑として聞き入れません。しまいには、お金があったら家族とは別で1人でホリデーにでかけるのに、などと思ってしまう始末です。 翌日、家族を誰1人置き去りにすることなくなんとか空港に到着しました。しかし飛行機に乗り遅れそうなために大急ぎで搭乗ゲートまで走りることに。その途中でケビンは転んでしまいました。 ケビンが立ち上がって父だと思って追っていた人は、父ではありませんでした。そのため、彼は1人で違う飛行機に乗ってしまいます。 もうすぐマカリスター一家がフロリダに着くという時になって、ケビンがいないことに気がつきます。 一方ケビンはニューヨークに到着しました。しかし彼は自分がどこにいるのかわからないうえに、家族の姿も見当たりません。ケビンは空港の窓から外を眺めるのですが、フロリダのような雰囲気の街ではないのです。 フライトアテンダントにここはどこか尋ねたケビンは、なにが起きたのか知って驚くもすぐに、これで1人で思い切り楽しめると喜びます。ケビンは父のカバンを持っていたおかげで、クレジットカードや現金も持っていました。 フロリダでは、ケビンの両親が行方不明に気付き、シカゴの空港に連絡を取りはじめました。父は財布やクレジットカードなど諸々ないことに気がつき、紛失届を出します。これで、ケビンがクレジットカードを使うと、どこで使用されたのか追跡することができるようになりました。 ケヴィンはセントラルパークをうろうろしたあと、プラザホテルのあたりにいることを知り、ホテルを予約します。

『ホーム・アローン2』
©︎Twentieth Century Fox Film Corporation/Photofest

翌日リムジンで出かけたケビンは、おもちゃ屋でちょっと買い物をすることに。 老人が経営しているこのおもちゃ屋では、購入金額のいくらかを小児科医療専門の病院へと寄付するというので、ケビンはお金を寄付することにしました。 彼は次になにをするか考えている時に、聞き覚えのある声を耳にします。あたりを見回すと、そこにはハリーとマーヴが。昨年ケビンの家に忍び込もうとしていた泥棒です。ケビンは猛スピードでプラザホテルに戻りました。 しかしクレジットカードの件がばれて警察を呼ばれてしまったとわかり、大慌てでホテルからも逃亡。 ホテルの非常ドアから出ようとすると、ちょうどハリーとマーヴも駆け込んできました。ケビンはハリーとマーヴの2人に1度捕まるも、彼らから逃げだしてセントラルパークに身を隠します。 日が暮れてきて、ケビンは叔父と叔母の家に向かいますが、改築中で誰もいません。しかたなくセントラルパークに戻ったケビンは、ホームレスの老婆と仲良くなります。 夜になって、ケビンはハリーとマーヴがおもちゃ屋からお金を盗むという計画を立てていたことを思い出しました。それを止めようと考えたケビンは、おじさんとおばさんの家に戻って罠をしかけます。 ケビンがおもちゃ屋に行くと、ハリーとマーヴがレジを漁っているのが窓から見えました。ケビンは窓ガラスを割ってアラームを鳴らし、2人の注意をひきます。 なんとかおじさんの家におびきよせることに成功するのですが、形勢は逆転し、ケビンはハリーとマーブに捕まってしまいます。 そこで運よく、ホームレスの老婆がまいた鳩のえさのおかげで、泥棒は鳩に襲われました。すぐに警察がやってきて、2人は逮捕されます。そのすきを利用して逃げだしたケビンは、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーの前で、母と再会するのでした。

3作目『ホーム・アローン3』あらすじ

『ホーム・アローン3』アレックス
©︎Twentieth Century Fox Film Corporation/Photofest

FBIがマークしている4人の犯罪者たちピーター・ボープレ、アリス・リボンズ、アール・アンガー、バートン・ジャーニガンは北朝鮮のテロリストグループのために、マイクロチップを盗みました。 そして盗んだチップをリモコンカーにいれて、サンフランシスコ・インターナショナル・エアポートのセキュリティの目を騙すことに成功します。 しかしミセス・ヘスが間違ってリモコンカーが入ってるカバンを持って行ってしまい、泥棒はマイクロチップを追いかけてシカゴまでやってきました。 8歳のアレックス少年は、水ぼうそうにかかってしまったので家の中から双眼鏡で外を見て遊んでいます。彼はたまたま泥棒が近所の家に入っていくところを目撃。警察に電話するも、泥棒は警察が到着する前に逃げてしまっていました。 再び警察に泥棒がいると通報するも、またもや警察が来る前にいなくなってしまい、警察はもう彼の言うことを信じません。 アレックスはミセス・ヘスからもらったばかりのリモコンカーに、ビデオカメラを取り付けます。それで泥棒を映像でとらえようと考えたのでした。ちょうど泥棒は、隣人の家を物色しているところなのです。 アレックスはボープレを映像に録画することに成功しますが、リモコンカーは見つかってしまい、アリスによってテープは取り上げられてしまいました。 なぜ泥棒がリモコンカーを欲しがったのか不思議に思い、アレックスが車を開けると、盗まれたマイクロチップを発見。すぐに郊外にあるエアー・フォース・リクルート・センターへ連絡し、泥棒とマイクロチップについて話しました。 泥棒たちはアレックスがマイクロチップを持っていることを知り、取り戻しにやってきます。その前に、アレックスは家の中に罠をしかけました。 一方でFBIもマイクロチップを追いかけています。エアー・フォースからの連絡により、アレックスの学校に向かうFBI。アレックスの家族が捜査官とともに家に着いたとき、警察がジャーニガン、アンガー、リボンズをとらえていました。 しかしボープレだけは、まだ裏庭に隠れています。そこでアレックスの兄スタンが飼っているペットのオウムが、ボープレが隠れている かまくら めがけて飛んでいきました。彼はなんとかしてオウムを追い払おうとするのですが失敗に終わり、警察に捕まります。 アレックスと彼の家族は、父親の帰りを待ってお祝いをしました。 警察に捕まった犯罪者たちが、逮捕後の写真を撮影。彼らの顔写真には、アレックスから感染した水ぼうそうが写っていました。

4作目『ホーム・アローン4』あらすじ

『ホーム・アローン4』
©︎ABC/Photofest/Zeta Image

ピーターは妻ケイトと離婚を考えていて、新しい恋人ナタリーと暮らすことに決めました。彼はケビンを含め3人の子どもたちに、クリスマスの時期は一緒に過ごせるようにするとだけ伝えます。ケビンは父ピーターと過ごしたいと思いましたが、残りの兄弟は反対でした。 結局ケヴィンだけがナタリーのところに行きました。ナタリーとピーターが外出中、ケビンは泥棒マーヴと彼の新しい相棒ヴェラを家の外でみかけます。 マーヴとヴェラを家から追い払うためにあれこれと罠をしかけ、ケビンは家を水浸しにしてしまいます。彼が掃除をしていると、父ピーターが帰宅。ケビンが事情を説明しても理解してくれません。 ケヴィンは防犯カメラで自分が正しいことを証明できると思うも、カメラは作動していませんでした。さらにマーブとヴェラと同盟を結んでいると思われる、執事のプレスコットに捕まってしまいました。 ロイヤルファミリーのためのパーティの席で、ケビンはマーヴとヴェラが食事を運ぶ係をしているのを発見します。そこでケビンは、彼らをベッドルームの窓から突き落としました。 残念なことに、ロイヤルファミリーはパーティに参加できなくなりますが、そこでピーターとナタリーは2人の婚約を発表。そんな時にケビンが問題ばかり起こすので、ピーターはケビンがナタリーとの仲を壊そうとしているのだと思い、激怒しました。 誰もケビンのことを信じないので、彼はマーヴとヴェラを捕まえるための罠をしかけます。執事のプレスコットは地下に閉じ込めてありますが、実はマーヴとヴェラの手助けをしていた人物は、メイドのモーリーでした。実は、モーリーはマーヴのお母さんだったのです。 ケビンも地下室に閉じ込められてしまい、執事のプレスコットに間違ったことを謝ります。そしてケビンは食堂用の小さなエレベーターから脱出。 ケビンはモーリーを罠にかけて捕まえ、マーヴとヴェラはシャンデリアから落ちて気を失いました。罠から逃げ出したモーリーを、執事のプレスコットがお盆で叩いて気絶させます。 ピーターやケイトたちが到着した頃、ケビンはマーヴとヴェラを追いかけて家の外に追い出していました。さらに、そこにロイヤルファミリーとナタリーが到着し、逮捕されたマーヴ、ヴェラ、モーリーを見ます。 プレスコット執事は辞任し、マカリスター一家はロイヤルファミリーと一緒にクリスマスを過ごすことになったのでした。

5作目『ホーム・アローン5』あらすじ

バクスター一家が太陽まぶしいカリフォルニアからメイン州に引っ越した時、フィンはまだ8歳でした。新しい家は、ベッドで窒息死させられた悪名高いギャングのジミーが、幽霊となって取り憑いているという噂がある家です。 3人のゴーストが登場する物語『クリスマス・キャロル』のような気分を味わうために、フィンは家のゴーストを捕まえようと考えます。 しかし彼の家に取り憑いている3人のゴーストは、マルコム・マクドウェル、デビ―・メイザー、エディー・スティープレスという生身の人間で、彼らは泥棒でもあったのです。 実はゴーストの噂は、ギャングのジミーがもともと家に隠してある高価な絵を盗まれないために作ったもの。この噂を3人の泥棒が利用し、絵を盗もうとしているのでした。 両親がホリデーパーティに参加して街をさまよっているあいだ、家には姉のジョーデルとフィンしかいません。フィンは勇気と知恵で、姉と家を守るために泥棒に立ち向かうのでした。

6作目『ホーム・スイート・ホーム・アローン』あらすじ

主人公は10歳のマックス・マーサー。彼の家族はクリスマスに日本へ旅行に出かけますが、うっかりマックスのことを家に置いていってしまいます。 そこにやってきたのは、マックスの家にある「家宝」を取り戻そうとする夫婦。家に忍び込もうとする泥棒から我が家を守るため、彼は罠をしかけて奮闘することになるのです。 実はこの「家宝」とは、マックスが以前夫婦の家でトイレを借りた際に、勝手に持って帰ってきてしまった古くて高価な人形のこと。夫婦は経済的な悩みを抱えていましたが、この人形があればどうにかなるだろうと考えていたのです。 つまりこの夫婦は決して悪人ではなく、家庭の事情を抱えていた善人でした。しかしマックスはそうとは知らず、夫婦と人形をめぐって攻防戦を繰り広げることになります。