『ホームアローン』キャストの現在

2017年7月6日更新

クリスマスの定番映画『ホーム・アローン』が公開されてから2015年ですでに25年もたちます。あの時10歳だった主人公の子役も今はなんと35歳になっています。一体どんな風に変貌してるのでしょうか?出演していた主な俳優たちの今をまとめてみました。

大人気映画『ホーム・アローン』のキャストたちは今

今ではすっかりクリスマスの定番映画となっている『ホーム・アローン』は、1990年公開のアメリカ映画で、世界的に大ヒットしました。

主人公のケビン少年を演じた子役は、制作当時たったの10歳。あれから2015年でちょうど25年経ちます。あの時ケビンをはじめこの映画にでていた子役たちは、どのように成長したでしょうか?キャスト達はどのような映画にその後出演してきたのか、見ていきましょう。

ケビン/マコーレー・カルキン

1980年8月26日、7人兄弟の次男として生まれたマコーレー・カルキンは、4歳のころから子役として活動をはじめました。彼を一躍有名にしたのは、1990年公開の『ホーム・アローン』のケビン・マカリスター役です。その後の『マイ・ガール』『ホーム・アローン2』も続けて大ヒット映画となりました。しかし、マネージャーをしていた父が母と金銭面でトラブルなどを起こし、1996年マコーレー・カルキンは俳優を休業しました。

2004年『パーティモンスター』で俳優業を再開。2012年2月にThe velvet UndergroundのカバーバンドであるThe pizza undergroundをいうバンドを結成し、活動中です。

@hiya_rachey drops by the studio, photos us.

The Pizza Undergroundさん(@cheesedayz)がシェアした投稿 -

インスタグラムにのせたバンドThe pizza undergroundの80年代の映画のパロディ写真が、ネット上で話題になり、死亡説が流れました。

ハリー/ジョー・ペシ

泥棒ハリー役として出演したジョー・ぺシは、1943年2月9日生まれ、アメリカ合衆国ニュージャージ州出身です。『ホーム・アローン』に出演する以前に、すでにハリウッドで素晴らしい経歴をもっていました。ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコッセシとタッグを組んだ映画『レイジング・ブル』で英国BAFTAで新人賞を、その後も『グッドフェローズ』でアカデミー助演男優賞を受賞しています。

その後も映画『JFK』『リーサル・ウェポン3』『リーサル・ウェポン4』に出演しながら、再びロバート・デ・ニーロとマーティン・スコッセシと一緒に仕事をし『カジノ』に出演しています。最近の活動としては、2010年の『ラブ・ランチ 欲望のナイトクラブ』に出演しました。

マーブ/ダニエル・スターン

泥棒役マーブを演じたダニエル・スターンは1957年8月28日生まれ、アメリカ合衆国メリーランド出身の俳優です。1990年に『ホーム・アローン』に出演する前からハリウッドでのキャリアは長く、1979年の映画『ヤング・ゼネレーション』でデビュー後、『キャット・ピープル』『バウンティフルへの旅』『ミラグロ/奇跡の地』など出演しました。

最近はテレビドラマ『Manhattan(原題)』や『House of Lies(原題)』などに出演しています。

ピーター/ジョン・ハード

主人公の少年ケビンの父ピーターを演じたのは1945年3月7日生まれのジョン・ハードです。

1975年にテレビ映画でデビューを飾り、その後『レナードの朝』『バウンティフルへの旅』『特捜刑事マイアミヴァイス』『特捜刑事マイアミヴァイス』『プリズン・ブレイク』など多数出演しています。『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』に出演後も、様々な映画に出演しています。

最近のジョン・ハードですが、ベテラン俳優にもかかわらず、相変わらず様々な役をこなしているようです。2013年には、パロディ画像が続出したディザスター映画『シャークネード』にも出演しています。

マーリー/ロバーツ・ブロッサム

1924年3月25日生まれのロバーツ・ブロッサムは、アメリカ合衆国の俳優であり詩人です。映画『ホーム・アローン』では、ケビンが不審に思う隣人の老人を演じています。『未知との遭遇』『アルカトラズからの脱出』『ドク・ハリウッド』など多くの作品に出演しましたが、1995年の『クイック&デッド』が出演映画としては最後になります。

俳優業をリタイアしたあと彼は、カリフォルニア州バークレーに居を構え、詩を書いて暮らしていました。2011年7月8日カリフォルニア州サンタモニカで死亡。享年87歳でした。

ケイト/キャスリン・オハラ

1954年3月4日生まれのカナダ出身の女優キャスリン・オハラは、『ホーム・アローン』で主人公の8歳の男の子ケビンを家に忘れて大慌てする母親ケイトを演じています。この映画以前にも、ティム・バートン監督の映画『ビートルジュース』でウィノナ・ライダー演じるゴスファッションに身をくるんだ少女の母親役を演じています。

数々のドラマや映画に出演している彼女ですが、特に声優としてのキャリアは長く、ティム・バートン監督作品『ナイト・メア・ビフォー・クリスマス』ではサリーの声を演じています。

キャスリンの最近の目立った活動は、『シックス・フィート・アンダー』でのキャロル・ウォード役、2012年に公開されたティム・バートンの映画『フランケンウィニー』での声優、ジブリ映画作品の英語版『思い出のマーニー』で、日本版では森山良子が声を演じた老婦人役を吹き替えています。

リニー/アンジェラ・ゴーサルズ

1977年5月20日生まれのアンジェラ・ゴーサルズは、ケビンの姉を演じています。また、オリジナルキャストで唯ひとり『ホーム・アローン2』出演しなかったキャストです。映画『ホーム・アローン』出演後、テレビでシットコム『Phenom』に出演、注目を浴びます。

大学を卒業後に仕事に復帰、『シックス・フィート・アンダー』『FBI失踪者を追え』などに出演します。

最近出演していたテレビドラマは『救命医ハンク2 セレブ診療ファイル』です。

バズ/デビン・ラトリー

I'm not laboring about a selfie on this day...

Devin Ratrayさん(@devinratray)がシェアした投稿 -

1977年1月11日生まれのデビン・ラトリー演じるバズは、主人公ケビンのいじわるな兄役でした。この役が俳優デビンにとって最も有名な役です。両親が俳優だったこともあり9歳の時、映画『Where are the Children?』でデビュー、その後テレビに出ながら子役として活躍しました。

現在もデビンは俳優を続けていて、『LAW & ORDER:犯罪心理捜査班』『スーパーナチュラル』『サード・ウォッチ』などの人気ドラマに出演。ブルース・ダンがアカデミー主演男優賞に選ばれた『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』やジョンレノン殺害に関する映画『The Lennon Report』など話題作にも出演しています。

フランクおじさん/ゲリー・バンマン

1941年9月18日生まれのゲリー・バンマンは、ケビンの意地悪なおじさんフランクを演じました。映画『ホーム・アローン』『ホーム・アローン2』出演後も、映画やオフブロードウェイの舞台で活躍しています。彼のもっとも知られている舞台は『ベニスの商人』で、その舞台ではヴェニスの公爵を演じています。

ミーガン/ヒラリー・ウルフ

1977年2月7日生まれのヒラリーウルフはアメリカ合衆国の女優であり、柔道選手です。彼女は『ホーム・アローン』でケビンの姉ミーガンを演じました。もしかすると兄弟姉妹のなかでただ一人、ケビンの不在を心配してくれた役柄かもしれません。ヒラリーは、『ホーム・アローン2』にも同じくミーガン役で出演します。

『マイ・スイートファミリー』に出演後、ヒラリーは真剣に柔道をやることに決めました。1996年にオーストリア国際で優勝を飾っています。

現在は、Wolf Judoという柔道教室をひらき、柔道の先生をしています。

ガス・ポリンスキー/ジョン・キャンディ

1950年10月31日カナダ出身の俳優・コメディアンであるジョン・キャンディは、映画『ホーム・アローン』にポルカ演奏者のガス・ポリンスキーとしてカメオ出演しました。

ジョンがカメオ出演するに至った経緯は、『ホームアローン』の脚本・制作者であるジョン・ヒューズの別の映画『大災難P.T.A.』にジョン・キャンディが出演しており、ヒューズが彼を大好きになったからだと言われています。

『ホーム・アローン』以前から話題の映画に出演していたジョン・キャンディですが、『ビッグ・ランニング』という映画を撮影後、1994年3月4日に死亡しました。