2019年10月22日更新

峰不二子が愛され続ける理由を解説!『ルパン三世』ヒロインの生い立ちや正体は?

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』

『ルパン三世』シリーズのヒロイン的存在・峰不二子。彼女はルパンを裏切ったりする悪女な反面、セクシーでどこか憎めない美女です。今回は、峰不二子に隠された秘密を解き明かしつつ、彼女の魅力に迫っていきます!

目次

峰不二子の魅力を解説!セクシーだけが売りじゃないヒロイン、ルパンとの間に子供が?

モンキー・パンチ原作のアニメ「ルパン」シリーズを語る上で外せない、ルパン一味唯一の女性キャラクター・峰不二子。彼女はセクシーでいてワイルド、知的で自分の信念をしっかり持っている姿が格好いい女性です。 峰不二子といえば、誰もが見とれるナイスバディーでセクシーな美女。しかし、お金や宝石を得る為なら他人を利用し、平気で裏切ることのできる悪女でもあります。ルパン一味を裏切ることもしょっちゅうです。 男性顔負けなワイルドな部分も、彼女の大きな魅力となっています。峰不二子は、全身を皮のライダースーツに包みハーレーダビッドソンを乗り回したり、重火器を容易く操ってみせたり……。武器の扱いひとつをとっても、石川五エ門らが愛用の武器を使うのに対し、利用できるものはなんでも利用するという彼女らしいたくましさが見て取れます。 原作版やアニメ版によって設定も違い、つかみどころがない峰不二子。今回はそんな魔性の女スパイの魅力を紐解いていきます。なぜいつの時代も彼女は愛されるのか、その理由に迫りましょう。

峰不二子のモデルは誰?気になる年齢設定は……

峰不二子のモデルとなった人物はいるのでしょうか? シリーズ原作者のモンキー・パンチは、『ジェームズ・ボンドは永遠に』というテレビ番組のなかで不二子のモデルについて語ったことがあります。このインタビューでは、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ映画「007」シリーズに登場するボンドガールに影響を受けたと彼は答えていました。 ボンドガールといえば、主人公と敵対する女性スパイ。原作での不二子は、登場する度にまるで別人のような容姿や性格をしています。それも作品ごとに違うボンドガールが活躍する「007」シリーズに通じる部分ですね。 また実年齢を明かさないのも峰不二子流。彼女の年齢は、“年齢不詳”と設定されています。

ルパンとの関係は?実は同じ大学に通っていた!

ルパンとの関係

ルパンと不二子の関係は、とらえどころがない印象です。彼女の気まぐれや思惑によって、味方になったり敵になったり、ときには恋人関係にもなります。特に原作版『ルパン三世』では、回によってルパンとの様々な関係性が描かれているのです。 原作64話「義賊部々員」では、ルパンが通う東西京北大学の先輩になったかと思いきや、第66話「ルパン三世対女子大学生」では同大学の同級生として登場。 また第11話「健在ルパン帝国」、第24話「トブな悪党」ではそれぞれ彼女の医者の父親、科学者の兄が登場しています。しかも、両者ともにルパンによって殺されているのです。 第11話で父親をルパンに殺された不二子ですが、彼女の父親は過去にルパンの父親を殺しており、この回はとくに2人は複雑な関係性となっています。 峰不二子とルパンの関係は、一言では言い表せないような、入り組んだかたちになっているのです。

漫画『ルパン小僧』で息子が登場?

1975年から連載されたスピンオフ漫画『ルパン小僧』では、ルパン三世の息子が主人公・ルパン小僧ととして活躍する様子が描かれました。作中では、彼の母親が峰不二子とされています。 しかし、ルパン小僧が本編に登場した「死闘!!不二子対ルパン小僧」では、『ルパン三世』の世界の不二子に対しルパン小僧は「偽物」だと言い放っているのです。それに対し、不二子もルパンと関係を持ったことはないと断言。 『ルパン小僧』に登場する彼女と、本編『ルパン三世』に登場する彼女、どちらが本物の峰不二子なのか……。謎は深まるばかりです。

峰不二子と銭形警部との関係は?

アニメシリーズでは世界的なスパイ・峰不二子と、それを追う銭形警部という構図が一般的。しかし、メディアやシリーズによって描かれ方や設定が違うのも、この「ルパン」シリーズの面白さでもあります。 原作の第64話でルパンの先輩として登場した不二子。ここでは銭形も同じ大学に通っており、さらに不二子の恋人という設定です。 一方で、アニメ『LUPIN the Third -峰不二子という女-』(2012年)では、銭形は不二子のことを犯罪者として軽蔑しているため、彼女の色仕掛けも効きません。 一般的な「銭形警部」のイメージとは違い、原作に近いやり手の警官として描かれており、不二子との関係性もより殺伐としたものになっています。 ルパンと不二子の関係同様に、銭形との関係もシリーズや作品ごとに様々な設定があるのですね。

峰不二子がメインで活躍する作品を紹介

『LUPIN the Third -峰不二子という女-』(2012年)

テレビアニメシリーズ40周年を記念して制作された『LUPIN the Third -峰不二子という女-』は、シリーズ初となる深夜アニメ。青年誌で連載された原作漫画の刺激的な作風を、できるだけそのままアニメ化するというコンセプトがあり、キャラクターデザインも原作風のタッチとなっています。 その内容は峰不二子とルパン、次元、五エ門、そして銭形の若かりし頃を描くストーリーで、彼らの出会いが1クールを通してじっくりと描かれました。 これまでのアニメシリーズではチャーミングな一面や、敵に寝返っても結局裏切られてしまう姿など、どこか憎めない女スパイとして描かれてきた不二子。本作では一転、よりクールでハードボイルドな雰囲気の彼女を楽しむことができます。

『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』(2019年)

2019年5月に公開されたスピンオフシリーズ「LUPIN THE ⅢRD」の第3弾が、『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』です。 この作品では、彼女のもとに舞い込んだ小さな少年からの依頼をめぐるドラマが描かれています。少年とともに命を狙われることになってしまう彼女の活躍が思う存分に楽しめるスピンオフ作品です。 男を騙し手玉に取ることは朝飯前の彼女がつく嘘と、決してつかないと心に誓っている嘘。その違いは一体どこにあるのか。 全編を通して、峰不二子という女性の強さの理由や、多くの女性が彼女に憧れる理由が垣間見える作品となっています。

実写映画版では黒木メイサが演じた

実写映画『ルパン三世』(2014年)では、黒木メイサが峰不二子役を演じました。小栗旬がルパン役を演じたことでも話題となった本作。不二子はヒロインとして、ルパンとの恋の駆け引きやセクシーな姿も描かれていました。 そして、彼女の魅力でもあるアクションシーンも本作の見どころです。妖艶なバスルームのシーンから、そのままアクションへ突入する不二子ならではの見せ場もありました。漫画やアニメとはまた一味違った、生身の役者が演じているからこそ感じられる臨場感を楽しんで欲しい作品です。

峰不二子を演じた歴代声優陣を紹介!

二階堂有希子

アニメ第1シリーズを担当した初代峰不二子は、二階堂有希子です。彼女は声優だけでなく、女優としても活動していました。夫は司会や俳優として活躍する柳生博です。 アニメ作品では、『母をたずねて三千里』のアンナ・ロッシ役を担当。また、グレース・ケリーの吹き替え声優としても活躍しました。二階堂はすでに現役は引退しており、特別養護老人ホームに入所していることを家族が明かしています。 第1シリーズは全23話。不二子を演じていた期間は短いものの、初代という重要なポジションを担った人物です。

増山江威子

2代目峰不二子役は、増山江威子(画像右)です。2019年現在、もっとも長く同役を演じている声優で、1977年から2011年まで変わらぬ声色を披露しました。 さらに、アニメ第1シリーズ放送前に制作されたパイロット版でも、実は彼女が声を当てていました。その後、声優が変わってしまっていたため、第2シリーズのオーディションに参加して不二子役をつかみとったというエピソードが残っています。 彼女の代表作には、『天才バカボン』のバカボンのママ役や『パーマン』の星野すみれ役、『キューティーハニー』の初代ハニー役などがあります。妖艶な女性から、独特のだみ声まで演じ分ける実力派声優です。

小山茉美

幻の峰不二子役ともいえるのが、劇場版4作目にあたる『ルパン三世 風魔一族の陰謀』(1987年)で同役を演じた小山茉美(画像左)です。この作品では、キャストが一新されるという思い切った制作方針がとられており、ルパンをはじめとするメインキャラもすべて変更となっていました。 小山は、『Dr.スランプ アラレちゃん』(1981年)の則巻アラレ役や『キテレツ大百科』(1987年)の初代コロ助役などで知られる声優です。 また、テレビスペシャルシリーズ12作目の『ルパン三世 1$マネーウォーズ』(2000年)では、ゲストヒロインのシンシア・F・クレイモフ役を担当。2代目不二子の増山江威子との共演を「ルパン」内で果たしています。

沢城みゆき

峰不二子役としては4人目ですが、一般的に3代目と呼ばれているのが沢城みゆきです。テレビスペシャル『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』(2011年)から彼女が担当しています。 彼女の代表作は『HUNTER×HUNTER』(2011年)のクラピカ役や『Go!プリンセスプリキュア』(2015年)のキュアスカーレット役、『ゲゲゲの鬼太郎』(2018年)の5代目鬼太郎役など。 沢城は実力派声優として人気が高く、少年や少女、大人な女性まで幅広い声を操ります。英語も堪能で、国外のインタビューでは英語でのスピーチもおこなうほど。知的な魅力もある不二子にぴったりの声優です。

峰不二子は強さと美しさを兼ね備えた、魅力いっぱいの美女スパイ

「ルパン」シリーズに華を添える峰不二子の魅力について解説しました。自身の美貌を武器にするしたたかさを持つ一方で、ときには自ら戦い強さをみせる彼女は、一筋縄では理解しつくせない魅力を持っています。彼女にスポットを当てたシリーズが制作されるなど、今後も彼女は多くの人を魅了していくのでしょう。