『バトルシップ』出演、テイラー・キッチュがイケメン過ぎて人気爆発!【画像】

2017年9月8日更新

一目見たら忘れられない魅力を持つ、大注目のイケメン若手俳優テイラー・キッチュ。彼の波乱万丈な人生から、最新出演作品までを画像とともに紹介します。

テイラー・キッチュのプロフィール

テイラー・キッチュは1981年4月8日生まれ、ブリティッシュコロンビア州ケロウナ出身のカナダ人俳優です。幼い時からホッケー選手として活躍していたテイラー・キッチュですが、ひざの故障のせいでホッケー選手の道を諦めました。そして、2002年にモデルとして機会を得てニューヨークに移り、そこで演技についても勉強を始めたのです。

テイラー・キッチュの出演作品

出世作品『Friday Night Lights』

テイラー・キッチュを一躍有名にしたのはNBC放送で放映された『Friday Night Lights』(2006年)で演じたフットボール部の問題児役でした。幼少期ホッケーで鍛えた彼はハマリ役で、ファンでなくても覚えている人も多いほどです。

『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』

テイラー・キッチュの活躍の中で欠かせないのは、2009年に公開された『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』への出演です。大ヒットを記録した本作で、テイラー・キッチュはガンビット役を好演。トランプと棍棒を使っての彼のアクションシーンは大迫力です。

『ローン・サバイバー』

ネイビー・シリーズ史上最大の悲劇といわれるレッド・ウィング作戦を映画化した『ローン・サバイバー』にマイケル・マーフィという作戦時の士官を演じました。

大ベストセラーの映画化である本作には、コメディ俳優でありながら、美しい筋肉を持つマーク・ウォールバーグや、エミール・ハーシュ、ベン・フォスターなど大物俳優が集結しています!

他の話題作

2012年公開『バンバン・クラブ -真実の戦場-』では南アメリカの部族紛争を追う戦場カメラマン、ケビン・カーター役を熱演。同年、ディズニー映画『ジョン・カーター』では主人公、ジョン・カーター役を演じました。

テイラー・キッチュの噂の彼女

ハンサムなテイラー・キッチュは度々、恋人の噂をスクープされます。2014年にはアメリカの情報誌によって、ドラマシリーズ『TRUE DETECTIVE』で共演した女優レイチェル・マクアダムスとの熱愛を報じられました。関係者の話によると“真剣交際”、との事です。本人達から直接の報告はありませんが、二人が一緒にいるとお似合いのカップルに見えますね。

ホームレスだったことも!?

順風満帆の俳優人生を歩んできたように見えるテイラー・キッチュですが、ニューヨークに移り住んできた頃はホームレス同然の生活をしていたそうです。当時、カナダ人であるテイラー・キッチュはアメリカでの就労ビザが下りず、金欠なのに働けないという状況が続いていたという。彼は数週間、地下鉄の駅で寝泊まりし、友達の家を転々とする生活をしていたと語っています。

テイラー・キッチュがホームレス生活から抜け出せたのは、演技指導者、シェイラ・グレイとの出会いでした。彼女はテイラー・キッチュに無料の演劇クラスを提供してあげました。シェイラ・グレイの存在なくしてテイラー・キッチュの成功はあり得ませんでした。

テイラー・キッチュの筋肉は努力の賜物?

美しい筋肉を持つテイラーですが、『ローン・サバイバー』では超スパルタトレーニングに苦しんだと言います。アフガニスタンで起きた実話をもとに作った『ローン・サバイバー』では最大限まで本物に近くするように、過酷なトレーニングの日々に明け暮れたそうです。

その様子を作戦時の士官・マイケル役を演じたテイラー・キッチュはこう語っています。

「なんとかついていこうと必死だったよ。とにかく、彼らはレベルが全然違う。伝説的な兵士達が身近にいるという素晴らしい体験だった。他の軍部隊と一線を画す何かがシールズにはある」

テイラー・キッチュの今後の活躍!

2015年に『Almosy Heroes 3D』というCGアニメーション映画が公開予定になっています。そこでテイラー・キッチュはサムという少年の声を演じます。整備士のサムは友人達と共に、悪のロボット群団に立ち向かいます。ファミリー層をターゲットにした映画ですが、大人も一緒に楽しめる作品とのことです。 その容姿と演技で世界の女性を虜にしているテイラー・キッチュ。話題の作品に多く出演する彼の活躍に期待したいですね!

合わせて読みたい