映画『トランスポーター』シリーズ、あらすじ・キャストまとめ

2017年6月2日更新 33889view

「名前をきかない」「契約厳守」「依頼品は開けない」をモットーに、依頼されたものなら何でも運ぶプロの運び屋、フランク・マーティンの活躍を描く人気カーアクション映画『トランスポーター』シリーズのあらすじ・キャストをまとめてご紹介します。

スリリングなストーリー、カーアクションが人気の『トランスポーター』シリーズ

「名前をきかない」「契約厳守」「依頼品は開けない」。ワケありの依頼人からのワケありの依頼品を、契約どおりにきっちり届ける天才運び屋の活躍を描いた『トランスポーター』シリーズ。 第一作目『トランスポーター』は2003年に日本公開、その後『トランスポーター2』『トランスポーター3 アンリミテッド』、リブート作の『トランスポーター イグニション』が公開されています。

シリーズ第一作『トランスポーター』

黒いスーツに身を包み、黒いBMWを駆るプロの運び屋、フランク。今回の依頼品は黒くて大きなバッグ。そしてその中身が動いている…始めはルールに従って無視していたフランクですが、どうにも気になって開けてしまいます。中には手足を縛られた中国人の女が。そしてフランクは様々な災厄に巻き込まれて行きます。

『トランスポーター』のキャスト

フランク・マーティン/ジェイソン・ステイサム

シリーズの主人公、運び屋フランク・マーティンを演じた<a href="http://ciatr.jp/topics/23581">ジェイソン・ステイサム</a>。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で俳優デビュー後、『ザ・ワン』でジェット・リーと共演し、アクション俳優への道が開けます。 『トランスポーター』シリーズの他、『エクスペンダブルズ』や『ワイルド・スピード』等のシリーズでも活躍。過去のインタビューでは、アクションシーンをできるだけスタントなしで演じたいと語っています。

ライ・クワイ/スー・チー

第一作目の“依頼品”である中国人女性を演じるのは、台湾出身のスー・チー。当初はセクシーな路線で売り出していましたが、香港映画界にデビュー後はその演技力が評価され数々の映画賞を受賞、香港を代表する女優の一人に成長します。『トランスポーター』出演後は海外映画へも進出。カンヌ映画祭の審査員も務めるなど、国際派女優として活躍しています。

タルコーニ警部/フランソワ・ベルレアン

フランクを追うタルコーニ警部。しかしその後仲良くなり、シリーズ第二作以降はフランクのよき理解者となるキャラクターです。演じるのはセザール賞受賞歴を持つフランスのベテラン俳優、フランソワ・ベルレアン。近年の出演作に『オーケストラ!』『恋のベビーカー大作戦』など。

シリーズ第二作『トランスポーター2』

危険な運び屋からは足を洗うことを決意したフランク。裕福な家庭の一人息子、ジャックの送り迎えの仕事を依頼されます。これなら安全そう…と引き受けたフランクでしたが、ある日ジャックの検診のため訪れた病院にて、怪しい医師と謎の女性がいきなり二人に発砲。フランクはジャックの誘拐事件と、その裏にある大きな陰謀に巻き込まれて行きます。

『トランスポーター2』のキャスト

ジャンニ/アレッサンドロ・ガスマン

ジャックの誘拐を画策した一味のボス、ジャンニを演じるのはアレッサンドロ・ガスマン。イタリア・ローマ出身の彼は父親も俳優という家庭で育ち、17歳でデビューしています。主にイタリア映画で活躍中です。

オードリー・ビリングス/アンバー・ヴァレッタ

15歳よりモデルとして活躍、ルイ・ヴィトン、ヴェルサーチ等有名ブランドのモデルを務めました。2000年に女優へ転身。一時期、<a href="http://ciatr.jp/topics/1432">レオナルド・ディカプリオ</a>と交際していたことでも知られています。

シリーズ第三作『トランスポーター3 アンリミテッド』

ジョンソンという男から、彼が誘拐したウクライナの環境大臣の娘、ヴァレンティーナの移送を依頼されたフランク。一度断ったものの、車から75フィート離れると爆発するという腕輪をつけられてしまいます。依頼を受けるしかなくなったフランクと、”依頼品”であるヴァレンティーナ。ジョンソンの指示に従い移動を続けながら、二人は逃げ出す方法を探し出そうとします。

『トランスポーター3 アンリミテッド』のキャスト

ジョンソン/ロバート・ネッパー

本作の悪役、ジョンソンを演じるロバート・ネッパーはアメリカ・オハイオ州出身。人気テレビシリーズ『プリズン・ブレイク』で演じた凶悪犯、セオドア・"ティーバッグ"・バッグウェルで強烈な印象を残し一躍人気となった後、『トランスポーター3 アンリミテッド』に出演。以降、テレビシリーズ『Heroes』等で活躍しています。

ヴァレンティーナ/ナタリア・ルダコーワ

本作でヒロインを演じたナタリア・ルダコーワは、少し変わった経歴の持ち主。ロシア出身の彼女はニューヨークで美容師として働いていたところ、リュック・ベッソンにスカウトされ俳優養成所へ。数か月後、オーディションを受けて晴れてヒロインに抜擢されたそう。

キャストを一新!リブート作『トランスポーター イグニション』

妖艶な美女、アンナからの依頼を受けたフランク。待ち合わせ場所に到着すると、いきなり銃をつきつけられ、人質に取られた父親の映像を見せられます。父親の命の猶予は12時間。自身の流儀に反する依頼を強制されたフランク。そしてこの依頼にはある裏切りが待ち受けていたのでした…

『トランスポーター イグニション』の主人公

フランク・マーティン/エド・スクレイン

前作までのジェイソン・ステイサムに代わり『<a href="http://ciatr.jp/topics/52481">トランスポーター イグニション</a>』で主人公フランク・マーティンを演じたのはイギリス出身の新進俳優、<a href="http://ciatr.jp/topics/43876">エド・スクレイン</a>。 イギリスのインディペンデント映画やドラマ『<a href="http://ciatr.jp/topics/21835">ゲーム・オブ・スローンズ</a>』、『バトルフィールド』等に出演後、『トランスポーター イグニション』の主役に抜擢されました。2016年に公開を控えたX-Menのスピンオフ映画『<a href="http://ciatr.jp/topics/48293">デッドプール</a>』にも出演するなど、今後が期待されています。