『ミルク』でデビューしたボイド・ホルブルックが『ナルコス』のスティーブ・マーフィ役でブレイク!

2017年7月6日更新

ネットフリックスオリジナルドラマ『ナルコス』で、麻薬取締局員を演じブレイクしているボイド・ホルブルック。ガス・ヴァン・サント監督の『ミルク』でスクリーンデビューした彼の出演作、プライベート、今後の出演作をまとめました。

ボイド・ホルブルックのプロフィール

“Little Accidents” Portraits – 2014 Sundance Film Festival

出典: heavy.com

ボイド・ホルブルックは、1981年9月1日生まれ、アメリカはケンタッキー州プレストンバーグ出身の俳優です。

ファッションモデルとして活動を開始

ボイド・ホルブルック_モデル時代

2001年にエリート・モデル・マネジメントと契約し、グッチやジャン・ポール・ゴルチエ、ヒューゴ・ボス、カルバン・クライン等のモデルを務めました。

モデル活動で学費を稼ぎ、ニューヨーク大学映画科に進学。さらにコロンビア大学でも映画史と脚本執筆を学び、演劇学校 ザ・ウィリアム・エスパー・スタジオで2年間みっちりと演技を学びました。

2007年にガス・ヴァン・サント監督に脚本を送ったことがきっかけで気に入られ、映画『ミルク』でデビューすることになります。

アート作品のモデルにも

ボイド・ホルブルック『オマイラ&ボイド』

2005年にはスーパーモデルのオマイラ・モタとともに、ドイツの女性写真家エレン・ヴォン・アンワースがパリで開いた個展『オマイラ&ボイド』の出品作品のモデルになりました。

ガス・ヴァン・サント監督『ミルク』で鮮烈な映画デビュー

ガス・ヴァン・サントが監督を務め、ショーン・ペン主演で、実在したゲイの政治家ハーヴェイ・ミルクの生涯を描いたこの映画。2008年にアメリカで公開され、アカデミー賞では8部門にノミネートされるなど映画ファンからの評価も高い作品です。

ボイド・ホルブルック『ミルク』

出典: ravepad.com

ボイドは、デントン・スミス役で映画デビューを果たしました。以前、大学で演技やシナリオの作り方について学んでいた彼は、ガス監督に自らシナリオを送ってアピールしたこともあるそうで、本作への出演もそのことがきっかけになったということです。

映画『ウルヴァリン3』に出演決定!

デヴィッド・ジェームズ・ケリー脚本の『ウルヴァリン』第3弾が2017年に公開予定となっています。

ボイド・ホルブルックは原作のコミックには登場しない、ウルヴァリンを追跡する頭の切れる警備会社の責任者という悪役を演じますが、詳しい内容はまだ未定のようです。

ボイド・ホルブルックの出演映画

『ブラッド・ヒート 肉弾戦争』(2011)

WWEの人気プロレスラー、ジョン・シナ主演のアクション。父の死をきっかけに再会した4人の兄弟が、莫大な遺産を相続する条件として家族で私立探偵を始めるという物語。

ボイド・ホルブルック『ブラッド・ヒート』

ホルブルックは、4人兄弟の末っ子で3男のダグラスを演じています。

『ハイヤー・グラウンド』(2011)

ボイド・ホルブルック『ハイヤー・グラウンド』

出典: www.wbur.org

実在の女性の自叙伝をもとに、愛と信仰に悩む女性が両親の離婚、自身の妊娠・出産、娘の事故など、さまざまな出来事を経て自立への道を模索する姿を描いています。

主人公コリーヌの後の夫となるイーサンの10代の頃を、ホルブルックが演じています。

『ザ・ホスト 美しき侵略者』(2013)

戦争も飢餓もなくなった近未来の地球に、「ソウル」と呼ばれる地球外知的生命体が侵略を始めるSF映画です。

ボイド・ホルブルック『ザ・ホスト』

ホルブルックは、コロニーに住む青年カイルを演じています。

『恋するリベラーチェ』(2013)

1950年代から1980年代にかけて世界的人気を博したアメリカ人ピアニスト、リベラーチェの最後の10年を描いた作品。マイケル・ダグラス、マット・デイモン出演しています。

ボイド・ホルブルック『恋するリベラーチェ』

出典: www.hbo.com

ホルブルックは、キャリー・ジェームズという役で出演しています。

『スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方』(2014)

疎遠だった双子の姉弟が偶然同じ日に自殺を図ろうとしたことをきっかけに、故郷で同居生活を始め、そこで自分たちの関係を見直すことになります。

ボイド・ホルブルック『スケルトン・ツインズ』

双子の姉、マギーのスキューバのインストラクターをホルブルックが演じています。

『ゴーン・ガール』(2014)

ベン・アフレックロザムンド・パイク主演のミステリー映画。突然の妻の失踪から、妻エイミーの殺害容疑をかけられてしまう夫ニック。しかし、そこにはエイミーのある計画があったのです。

ボイド・ホルブルック『ゴーン・ガール』

ホルブルックは、エイミーが潜伏先で出会うカップルの男、ジェフ役で出演しています。

『誘拐の掟』(2014)

元刑事のマット(リーアム・ニーソン)が、誘拐被害者救出のため、猟奇殺人犯と頭脳戦を繰り広げつるミステリー。

ボイド・ホルブルック『誘拐の掟』

主人公のマットに兄の危機を助けてほしいと依頼する麻薬中毒のピーターを、ホルブルックが演じています。

『ラン・オールナイト』(2015)

これまで犯した罪にさいなまれ、酒に溺れる殺し屋のジミー(リーアム・ニーソン)。ある日、疎遠になっている息子が殺人事件を目撃したことで命を狙われていると知り、息子を助けるために相手を殺害。しかし、殺した相手はジミーの親友でマフィアのボスであるショーン・マグワイア(エド・ハリス)の息子ダニー。復讐に燃えるショーンから、ジミーはニューヨークの街中を逃げ回ることになります。

ボイド・ホルブルック『ラン・オールナイト』

ホルブルックは、ダニーを演じています。

ネットフリックスドラマ『ナルコス』でブレイク!

実在した麻薬王パブロ・エスコバルと麻薬取締局捜査官たちの戦いを描いたネットフリックスで話題のドラマ『ナルコス』。この作品で、ホルブルックはDEA(麻薬取締局)捜査官スティーブ・マーフィーを演じています。

ボイド・ホルブルック『ナルコス』

ホルブルック演じるマーフィー捜査官は、元々はマイアミ勤務でしたが、麻薬流通の出処を突き止めるため、コロンビアにやってきているという設定です。

ボイド・ホルブルック関連情報

エリザベス・オルセンと婚約していた

ホルブルックとエリザベス・オルセン

2014年3月から2015年1月までの間、海外ドラマ『フルハウス』等でおなじみのオルセン姉妹の妹、エリザベス・オルセンと婚約していました。2人は3年間の交際の末、破局に至ってしまいました。

「注目すべき10人の俳優」に選出

ボイド・ホルブルック_1

ボイド・ホルブルックは、米バラエティー誌が選ぶ「2012年に注目すべき10人の俳優」に選ばれています。当時選出された残りの9人の中には、『スターウォーズ/フォースの覚醒』に悪役カイロ・レンでの出演が決まっているアダム・ドライバーもいました。

ボイド・ホルブルックの今後

『ナルコス』シーズン2の製作が決定!

ボイド・ホルブルック『ナルコス』2

ネットフリックスの人気ドラマ『ナルコス』は、2015年9月8日にシーズン2の製作にゴーサインが出たと報じられました。ボイド・ホルブルックも、引き続き出演すると思われます。

映画出演予定

ボイド・ホルブルック『ジェーン・ゴット・ア・ガン』

ボイド・ホルブルックは2015年以降、『モーガン(原題)』、ウェスタン・アクション映画『ジェーン・ゴット・ア・ガン(原題)』、『カードボード・ボクサー(原題)』、『ザ・フリー・ワールド(原題)』等に出演が決定しています。

『ナルコス』の今後の展開とともに、ホルブルックの活躍にも期待が高まります。