2016年3月5日更新 820view

市村正親、ミュージカルで有名な舞台俳優が『高台家の人々』に出演!

60歳を過ぎてもアグレッシブな魅力を振りまく、日本を代表する名ミュージカル俳優・市村正親のデビューから役者としての歴史、胃がんに悩まされた過去とそれを支えた妻・篠原涼子とのエピソードなどをご紹介します。今やミュージカル以外に映画やドラマなどでも活躍をしている市村正親の“今”をご覧ください。

市村正親のプロフィール

市村正親

出典: pobjp.com

市村正親は1949年1月28日生まれ、埼玉県川越市で共働きの両親のもとに一人息子として生まれました。両親が共働きだった為、一人で遊んだり食事をしたりすることが多く、寂しさを感じるのが嫌で、人がいる時は相手が喜んでくれることをしていたそうです。

みんなが喜んで笑っている姿を見ると、寂しさはなくなったといいます。幼少期のそんな思い出に、市村正親の役者としての原点がある気がすると後に語っています。

舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務め、1973年には劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター』(後の『ジーザス・クライスト=スーパースター』)への出演を夢見てオーディションを受け、見事合格し、ヘデロ役でデビューを果たします。

エクウス

出典: jacsa.me

1974年には劇団四季に正式入団し、『エクウス』での全裸演技が話題となりました。名作『オペラ座の怪人』の初演では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、自他ともに認める劇団四季を代表する看板俳優として、その名を轟かせていきました。

市村正親のパーマをかけた髪型は、彼のトレードマークとしても知られ、その風貌からも大物感を漂わせていました。ただ、そんな彼にも弱点があり、自身でも認めるほどの悪声の持ち主で、ミュージカルをする上で大切な「歌唱力」には恵まれていませんでした。

しかし、歌唱力に恵まれずとも、そこは持ち前の演技力と存在感でカバーし、それ以上のもので観客を魅了していきました。市村正親のパワフルで、すべてを注いだような演技には誰もが引き込まれ、見るものを虜にする力がありました。

1984年には同団員と結婚をしますが、人気絶頂の中1990年に劇団を退団し、2003年には離婚しています。その後、2005年に篠原涼子と結婚、2人の男の子に恵まれ、2016年現在は一家4人で暮らしています。

舞台俳優として一線で活躍し続けている

市村正親

劇団四季を退団後は、ミュージカル、ストレートプレイ、テレビドラマ、ナレーション、一人芝居など新しいジャンルにどんどん挑戦していき、自分で活躍の場を広げていきました。

芝居にこだわる市村正親が語る「芝居の魅力」とは、「演ずるのが人間なら、観てくれるのも人間というところ」と表しています。見ていてくれる人間がいるからこそ演じ続けることができると語っており、稽古中にはわからなかったことが、本番の舞台に立ち、実際の観客の反応を見ることで初めて気づかされることもあると話しています。

芝居を通して、日々新たな発見をする事が、市村正親にとっての「芝居の魅力」ともいえるようです。

ミュージカル『ミス・サイゴン』

市村正親

出典: natalie.mu

名ミュージカル俳優として演技力は高い評価を得ている市村正親は、『ミス・サイゴン』で演じたエンジニア役で「世界一のエンジニア」と言わしめるほどの実力を見せつけました。2007年4月には、長年の功績を称えられ紫綬褒章を受章しており、日本の舞台を牽引してきた功労者として称えられています。

NHK紅白歌合戦に出場したこともある!

ミュージカル『オペラ座の怪人』

オペラ座の怪人

実は、1989年『第40回NHK紅白歌合戦』に歌手として出場した経験も持っていることを皆さんはご存知でしょうか。この時、市村正親が満を持して歌った楽曲が、自身が主演を務めた『オペラ座の怪人』でした。

舞台の一部を切り抜いたかの様に、船をこぎながら登場してきたファントム(市村正親)。帽子とマントを脱ぎ去り、まるで本物の舞台を観に来ているような本格的なセットの中、堂々たる歌を披露しました。

妻・篠原涼子の語る市村正親とは

舞台『ハムレット』

市村正親

出典: laughy.jp

二人の出会いは、2001年に共演した舞台『ハムレット』で、その後の2005年12月に結婚、2008年には長男が誕生し、市村正親は59歳にして初めて父親となりました。2012年には次男が誕生し、一家4人で賑やかな毎日を過ごしているそうです。

年の差にして24歳、ふた周りも離れている二人ですが、妻・篠原涼子から見た夫・市村正親は正に「子供」だと話しています。テレビでもテンションが高くおちゃめな一面を見せてくれる市村正親ですが、家でも例外ではなくサービス精神が旺盛だそうです。

子供と3人で遊んでいる時は、どちらが子供かわからないほどはしゃいでいるそうで、篠原涼子曰く「永遠のピーターパンとはこういう人のことを言うんだな」と例えています。この一言や普段の市村正親の姿を思い浮かべると、家庭での生活も安易に想像がつきますね。

胃がんに悩まされていたことも

市村正親

2014年6月、体調不良を訴えた市村正親は急性胃炎と診断され、1週間の入院を余儀なくされました。その際に、妻・篠原涼子から、「やれるだけの検査はすべてやってほしい」との要望があり、精密検査を受けたところ、胃に悪性腫瘍が見つかり「胃がん」であることが発覚しました。

篠原涼子の一言があったからこその早期発見で、市村正親は体に負担の少ない腹腔(ふくくう)鏡手術の末、2014年9月には復帰会見を開くことができました。

市村正親

元気な姿をアピールするとともに、家族への感謝も伝えています。退院後、自宅で迎えてくれた家族を見て、「家族って本当にいいな」と改めて感じたそうです。

手術後は、より子供との時間を大切にするようになり、子供の為にも1年に1度は人間ドックに行くことを夫婦間のルールとして取り決めたそうです。入院中に妻・篠原涼子の誕生日があり、市村正親は何のお祝いもできなかったことを謝罪したそうですが、「あなたが健康な体になってくれたことが最高のプレゼント」と、篠原涼子の献身的な良妻ぶりが際立ったエピソードを語り、変わらぬ夫婦の良さをアピールしました。

『高台家の人々』で3年ぶりに映画出演!

映画『高台家の人々』

高台家の人々

『高台家(こうだいけ)の人々』は、『ごくせん』『デカワンコ』の作者としても知られている森本梢子の人気漫画を実写映画化したもので、2016年6月4日に公開を予定しています。

ストーリーは、妄想癖のある冴えないふんわり系女子が、人の心が読めるテレパス能力を持つ名家のイケメンエリートと繰り広げるラブコメディーで、主演は綾瀬はるか、相手役を斎藤工が演じており、市村正親はそんな名家高台家の大黒柱である父・茂正Jr.(通称マサオ)を演じています。日本人の父・茂正、イギリス人の母・アンの間に生まれた一人息子でありながら、高台家で唯一テレパス能力は受け継がずに生まれた茂正Jr.は、人一倍鈍感で、空気が読めない父親という設定です。

他にも、妻役に大地真央、高台家の兄弟役に水原希子、間宮祥太朗など豪華で個性的なキャストが脇を固めている本作品は、原作者も完成を今か今かと待ち望んでいるそうです。今年67歳を迎えた市村正親の勢いは留まることを知りません。

ミュージカル俳優として培われた演技力を『高台家の人々』でも遺憾なく発揮してくれることでしょう。今回はどんな一面を見せてくれるのか、今から公開が待ち遠しい作品です。

PAGE TOP

カテゴリー一覧