2017年4月21日更新 74,555view

映画『エイリアン:コヴェナント』あらすじ・キャスト【シリーズ最新作!プロメテウスの続編】

2017年9月に公開を控える、エイリアンシリーズの最新作『エイリアン:コヴナント』。リドリー・スコット監督が再び構築するエイリアンワールドについて、現時点で明らかになっている情報や予想をまとめてチェックします。

期待の新作『エイリアン:コヴェナント』とは

『エイリアン:コヴェナント』とは、1977年製作の『エイリアン』の流れを汲む、いわゆるエイリアンシリーズの最新作となります。時系列的には、『エイリアン』の前日譚を描いた2012年製作の『プロメテウス』の続編になると云われています。

『エイリアン』『プロメテウス』のリドリー・スコットが監督を務めるとあって、正統派なホラーテイストの内容になるのは確実でしょう。

映画『エイリアン:コヴェナント』のあらすじは?

Paradise. #AlienCovenant

Alien: Covenantさん(@alienanthology)がシェアした投稿 –


銀河系のはるか彼方の惑星を目指して出航したコロニー船、コヴナント号は、謎の惑星にたどり着きます。そこには、かつてプロメテウス号で発生した事故での生存者と思わしき人物が…果たしてコヴナント号の乗組員たちを待ち受ける運命とは?

不気味なポスタービジュアル


真っ黒な背景に不気味に浮かびあがるエイリアン。ポスターには「逃げ…」と一言だけポツリとあるデザインで、恐怖心を抱くようなビジュアルです。

映画『エイリアン:コヴェナント』の出演キャスト

ダニエルズ/キャサリン・ウォーターストン

キャサリン・ウォーターストーン

キャストとして発表されているのが、『インヒアレント・ヴァイス』などで知られるキャサリン・ウォーターストン演じるダニエルズ。例によってどういう役柄なのかは謎に包まれていますが、一部リークされた情報によるとダニエルズは『エイリアン』での中心人物となったエレン・リプリーの母親ではないかと目されています。

エリザベス/ノオミ・ラパス


前作『プロメテウス』での主人公的立場だった考古学者エリザベス。本作の製作が発表された当初、エリザベス役のノオミ・ラパスの出演予定は未定でしたが、後に再登場が発表されました。時系列のつながりを鑑みて、同じ役で出演するのは間違いないとみられます。

デヴィッド/マイケル・ファスベンダー


『プロメテウス』に登場した宇宙船プロメテウス号の乗組員アンドロイド、デヴィッドの再登場も発表されており、演じたマイケル・ファスベンダーも引き続き続投します。

果たして本作のデヴィッドは『プロメテウス』の時と同じアンドロイドなのか、それとも姿形は同じでもタイプが違う別のアンドロイドなのか?あらゆる意味でも興味深いです。

宇宙船コヴナントの乗組員/ダニー・マクブライド

『スモーキング・ハイ』や『ディス・イズ・ジ・エンド』などのコメディ映画に多数出演しているコメディ俳優のダニー・マクブライドも、宇宙船コヴナントの乗組員役で出演します。

コメディ演技に対評があるマクブライドですが、『エイリアン:コヴェナント』でもコメディリリーフ的なポジションとしての出演になるのでしょうか?

?/ビリー・クラダップ

『ビッグ・フィッシュ』や『スポットライト 世紀のスクープ』に出演のビリー・クラダップもキャスティングされています。彼の役どころは明かされていませんが、コヴナント号の乗組員の一人になるのはと予想されています。

実はジェームズ・フランコが出演していた!

ジェームズ・フランコ

これまで、ノオミ・ラパス、キャサリン・ウォーターストン、マイケル・ファスベンダーなど本作の豪華なキャスト陣が発表されていましたが、ここにきて新たに、ジェームズ・フランコというビッグネームが本作に出演していること明らかとなりました。

サム・ライミがメガホンを取った『スパイダーマン』シリーズ(ハリー・オズンボーン役)やアカデミー主演男優賞にノミネートされた『127時間』などを代表作に持つ俳優です。

『エイリアン:コヴェナント』は『プロメテウス』三部作の第2作目となる?


監督のリドリー・スコットは、『エイリアン:コヴェナント』は『プロメテウス』トリロジーの一本となり、トリロジーを経てオリジナルの『エイリアン』につながると語っています。

「トリロジー」とは「三部作」の意味ですから、つまり『エイリアン:コヴェナント』の次作も構想されている事となります。

撮影セットも大がかり?

A new world. #AlienCovenant

Alien: Covenantさん(@alienanthology)がシェアした投稿 –


パイロット役のダニー・マクブライドは、撮影ではエイリアンのスーツを着たスーツアクターに実際に追いかけられて撮影したことを明かしています。

その一方でセットについても触れており、セットそのものが巨大なジンバル(物体を回転させる回転台)に乗っていて、それが上下に揺れるという仕組みになっているとの事。かなりの大がかりな撮影方法で行われているようです。

メイキング画像も!

ダニエルズを演じるキャサリン・ウォーターストンの緊迫した姿が確認できます。

『プロメテウス』の生存者たちの行方は?

『プロメテウス』に登場したエリザベスとデヴィッドの再登場は前述した通りですが、2人がどのように生き延びたのかといった明確な描写はありませんでした。『エイリアン:コヴェナント』ではそのあたりの詳細が描かれるのは確かなようです。

ウェイランド社とコヴナント号の関係は?


『プロメテウス』で登場する宇宙船プロメテウス号は、ウェイランド社により派遣されたという設定がありましたが、同社は後に日系企業ユタニに買収され、ウェイランド・ユタニ社となります。そして『エイリアン』ではウェイランド・ユタニ社が派遣したノストロモ号の惨劇を描きました。

それでは、『エイリアン:コヴェナント』で登場するコヴナント号は一体どこの企業が派遣するのか?細かい事のようですが、シリーズを見続けているファンとしては重要な関心事の一つです。

「コヴェナント」の意味とは?


『エイリアン:コヴェナント』の「コヴナント(covenant)」には「契約」、「聖約」、「盟約」といった意味があります。前作『プロメテウス』同様、タイトルに何らかの意味を持たせるのもリドリー・スコットらしい謎かけとなっています。

『エイリアン:コヴェナント』の気になる公開日は?

“We don’t know what’s out there.” #AlienCovenant

Alien: Covenantさん(@alienanthology)がシェアした投稿 –


『エイリアン:コヴェナント』は、2017年8月4日にアメリカ公開で予定、日本では9月に予定されています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

『エイリアン』特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧