2017年1月19日更新 38,166view

映画『フローズン2 (原題)』、アナと雪の女王続編の最新情報まとめ

2014年日本でもアナ雪旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』。あれからすでに2年以上がたった2016年、ついに続編である『フローズン2 (原題)』の公開が正式に発表されました。続編は2018年に公開予定です。

アナ雪の続編映画『フローズン2 (原題)』の公開決定

frozen

出典: www.hngn.com

2014年に公開され、日本でもアナ雪旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』の続編』がこのたび2018年に公開されることが正式に発表されました。

アナと雪の女王

主題歌「Let it go」が大ヒットするなど世界中に多くのファンをもつ『アナと雪の女王』続編のオリジナルタイトルは『フローズン2(原題)。ディズニー映画の中でも人気の高い映画であることからも、映画の内容に大きな期待が寄せられています。

そんなアナ雪2のこれまでにわかっているストーリーやキャストなど、噂を含めてご紹介。

『フローズン2 (原題)』はどんな映画になる予定?

フローズン2-内容

2018年に公開が予定されている『フローズン2 (原題)』ですが、その気になる物語は果たしてどんな内容になっているのでしょうか。

インターネット上ですでに多くの議論が交わされているストーリーについてですが、主人公でありアレンデール王国の王女・エルサがついに誰かと恋に落ちるのでは?というのが有力なようです。

アナと雪の女王

出典: prcm.jp

『アナと雪の女王』では妹アナが最後に山男の青年クリストフと結ばれたのに対し、エルサのロマンスは描かれませんでした。そのため、本作ではエルサの恋物語が話の中心が置かれるのでは?とファンの間ではすでにささやかれています。

『フローズン2 (原題)』の声優陣はどんな顔ぶれ?

エルサ/イディナ・メンゼル

フローズン2-イディナ

主人公エルサ役はアメリカ人女優であり、ブロードウェイでも活躍するイディナ・メンゼルが声を担当する予定です。

トニー賞にもノミネートされたことのある彼女ですが、2007年の映画『魔法にかけられて』や2009年のテレビドラマ『glee/グリー』などでも活躍する女優です。

アナ/クリステン・ベル

フローズン2-クリステン・ベル

アナ役には前作『アナと雪の女王』と同様クリステン・ベルがキャスティングされていると言われていますが、実はまだ確定ではないようです。

エルサ役のイディナ・メンゼルが2016年に婚約し、結婚式の予定日によっては映画製作に支障がでる可能性もあると発表。それにともない撮影の予定がわからないのであれば役を降りるとクリステン・ベルは言っているようです。

そんな彼女ですが、2007年から2012年までテレビドラマ『ゴシップガール』ゴシップガール役や2012年の映画『ハッピーエンドが書けるまで』ケイト役など幅広く活躍しています。

オラフ/ジョシュ・ギャッド

フローズン2-オラフ

『アナと雪の女王』に登場するキャラクターで主人公エルサとアナに負けないくらいの人気を博した雪だるまのオラフ役には前作同様ジョシュ・ギャッドが決まっています。

声優から俳優、映画からテレビドラマまで幅広く役を演じている彼は2013年の映画『スティーブ・ジョブズ』でアップルの共同設立者の1人であるエンジニアのスティーブ・ウォズニアック役を演じていました。

クリス・バック&ジェニファー・リー監督

フローズン2-監督

出典: 949whom.com

『フローズン2 (原題)』の監督には前作同様クリス・バックとジェニファー・リーが監督をつとめることがわかっています。

2人が監督をつとめた『アナと雪の女王』では、第86回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞。そんな2人のタッグが『フローズン2 (原題)』でも再び実現しそうです。

キャラクターはどんな風に変わっていく?

フローズン2-エルサ-アナ

『アナと雪の女王』ではアナとエルサの姉妹愛と、エルサの成長について描かれました。そんなキャラクターたちが『フローズン2 (原題)』ではどのように変わっていくのでしょうか?

クリス・バック監督によると、アナやオラフにも変化があるようですが1番の変化はやはりエルサのキャラクターだそうです。

エルサ

本作のラストシーンは実はもうすでに決まっているという話もあり、ラストシーンから戻るような形で映画の製作は進められているとも言われています。

ディズニー映画『フローズン2 (原題)』の気になる公開日は?

アナと雪の女王

世界中で記録的ヒットを飛ばしたディズニー映画アナ雪こと『アナと雪の女王』の続編『フローズン2 (原題)』は2018年全米公開予定であることが発表されています。

この記事はこちらの特集に含まれています。

『アナと雪の女王』特集
ディズニー映画特集
ディズニー特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧