2021年11月8日更新

「アナと雪の女王」シリーズの動画を配信中のサービスは?【日本語吹き替え・字幕】

『アナと雪の女王』
© Walt Disney Pictures

映画「アナと雪の女王」(アナ雪1・2)の動画を配信サービスを紹介

2014年公開のディズニー大ヒット映画『アナと雪の女王』。本作は「アナ雪」の愛称で親しまれていて、2019年には続編映画『アナと雪の女王2』も公開されました。 本記事ではスピンオフ短編作品を含め、シリーズの動画を視聴できる配信サービスについて詳しく紹介。動画配信サービスを利用して、安全で確実に本作を無料視聴しましょう。

映画「アナ雪」のフル動画を配信中のサービス一覧【無料あり】

『アナと雪の女王』シリーズの作品情報

原題『Frozen』
公開日2014年3月14日
ジャンルファミリー、アドベンチャー
再生時間102分
制作国アメリカ
言語英語

映画『アナと雪の女王』のあらすじ(2014年)

『アナと雪の女王』
© Walt Disney Pictures

アレンデール王国の国王アグナルと王妃イドゥナの娘として生まれたエルサとアナ。両親に愛情を注がれ育った姉妹でしたが、姉のエルサは生まれたときから触れたものを凍らせる魔法の力を持っていました。 ある夜姉妹が遊んでいると、エルサの氷の力が誤ってアナに直撃。アナは怪我を負ってしまいます。このことがきっかけで、エルサは自分の力に不安を覚え部屋に閉じこもるように。 10年後姉妹が成長したころに、アグナルとイドゥナは海難事故に巻き込まれてしまいます。国王がいなくなったアレンデール王国は、長女であるエルサを即位させようと戴冠式の準備を始めますが……。

短編作品『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』(2015年)

アナの誕生日にエルサとクリストフ、スヴェンたちは特別な日にしようとサプライズを企画していました。エルサは今まで心を閉ざしていた埋め合わせにとバースデーケーキを用意し、中庭には華やかな飾り付けをします。 エルサは寝ていたアナを起こし、緑を基調としたドレスに着替えるふたり。赤い糸をたどると様々なプレゼントがあり、アナは驚きます。ところが、風邪気味のエルサがくしゃみをするとミニサイズの雪だるまが生まれてしまい……。

短編作品『アナと雪の女王/家族の思い出』(2017年)

アレンデール王国にクリスマスシーズンがやって来ました。アナとエルサはクリスマスを祝うためにアレンデールの住民を招待するのですが、鐘の音が響くと人々は家路につき、家族とクリスマスを過ごすのでした。 クリスマスは家族と過ごすものと知らなかったアナとエルサは、家族との思い出がないことに寂しさを隠し切れません。そんなふたりを見たオラフは町中の家を訪ねて、家族と過ごすためのアイテムをふたりにプレゼントしようとします。

映画『アナと雪の女王2』(2019年)

アナと雪の女王2
©Supplied by LMK/zetaimage

幼いアナとエルサは、父・アグナルから争いの場「魔法の森」について聞かされていました。争いに怒った精霊たちにより森は深い霧に包まれ、精霊も姿を消したのだとか……。 大人になったふたりはアレンデール王国で幸せに暮らしていましたが、ある時からエルサは不思議な歌声を耳にします。そんな折、アレンデールに嵐が吹き荒れて大地に異変が起こりました。トロールの長は魔法の精霊たちが目覚めてしまい、彼らの怒りを鎮めないと未来はないと言います。 エルサとアナたちは歌声に導かれて、閉ざされた「魔法の森」へと向かうのでした。

短編作品『オラフの生まれた日』(2020年)

アレンデールの郊外の山中で、王国から飛び出したエルサによって偶然にも生み出されたオラフ。オラフは自分が何者であるのかについての答えを探していました。手始めに自分に似合う鼻を見つけようと、山小屋の主人・オーケンに相談をします。 オーケンから夏のことを聞いて憧れを抱いたオラフでしたが、自分が誰から作られたのか生い立ちを知ることになります。その頃、アナとクリストフはエルサを探し求めていたのでした。

「アナ雪」のキャラクターと吹き替え声優

アナ役/神田沙也加(日本語吹き替え声優)

妹アナは明るく芯の通った性格の持ち主で、いざという時には勇敢に立ち向かえる強さを持っています。彼女は5歳の時にエルサの魔法で生死の境をさ迷いますが、本人はそのことに関する記憶を消去されており、仲良しだった姉が突然自分を避け始めたことに戸惑っていました。 アナの日本語吹き替え声優を務めたのは、女優で歌手の神田沙也加です。1作目の映画「アナ雪」が公開された年、神田沙也加は3年ぶりに紅白歌合戦に出場し、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルと「生まれてはじめて」をデュエットしました。

エルサ役/松たか子(日本語吹き替え声優)

※画像左

姉エルサはアナとは対照的にクールで優雅な性格の持ち主。彼女は雪や氷を作り出す魔法の力を持っていますが自分でコントロールすることがなかなか出来ません。妹のアナを傷つけてしまって以来誰とも関わらないよう部屋に閉じこもり、魔法の力のことが露呈するのを恐れています。 日本語吹き替え版のエルサを演じたのは、女優で歌手の松たか子。彼女の歌う劇中歌「レット・イット・ゴー」は大ヒットを記録し、知らない人はいないほどの名曲となりました。

映画「アナ雪」の見どころ

魅力あふれる楽曲の数々!

映画『アナと雪の女王』の見どころは劇中に登場する多彩な楽曲です。本作はミュージカル・ファンタジー映画となっており、作中のいたる所に心情を歌うミュージカルシーンが描かれています。 また劇中歌「レット・イット・ゴー」は松たか子が担当していますが、エンドソング「レット・イット・ゴー~ありのままで~」を担当したのは歌手のMay J.。曲の歌詞も劇中とエンディング後でそれぞれ異なっており、その時の心情に沿った内容となっています。 ストーリーとあわせて歌詞の違いに注目してみると、この楽曲がより一層魅力的に感じられるはずです。

主人公はアナからエルサに『アナと雪の女王2』も超高評価!

アナと雪の女王2
©️Supplied by LMK/zetaimage

2013年に公開されロングランヒットを記録した映画『アナと雪の女王』。その後「エルサのサプライズ」、「家族の思い出」とスピンオフ短編作品が制作され、ついに待望の続編『アナと雪の女王2』が2019年11月に公開されました。 本作では前作から3年後を舞台に、エルサが手にした不思議な力の理由を紐解く冒険に出ます。アナ、オラフ、クリストフ、スヴェンらお馴染みのキャラクターも引き続き登場。 「アナ雪2」は世界興行収入ランキングで、アニメーション映画の中では歴代1位を記録しています。前作をも超える興行収入1,000億を突破してディズニーを代表する作品となりました。

「アナ雪」シリーズの感想・評価・レビューを紹介

映画が公開された年のアカデミー賞で、長編アニメ映画賞と歌曲賞を受賞している『アナと雪の女王』。歌や楽曲に関する高評価はもちろん、アニメーション技術やストーリーに対する魅力も満載のようです。

podima_hattaya3
podima_hattaya3 4

字幕版3Dで鑑賞。数回、涙を誘われた。 まず前座の、ミッキーが蒸気船ウィリーを思わせるモノクロの荒い音声の世界から「未来へ!」の声で3Dの世界へ飛び出す短編で既に涙腺を刺激された。粋な演出である。 肝心の本篇、普遍的なストーリーに載せてダイナミックなカメラワーク、3Dを有効に使った”雪”と”氷”の演出(3Dの持ち味に抜群にマッチしていた)、そして何より楽曲の素晴らしさは鳥肌ものであった。 作中、アナと南諸国の王子が出会い恋に落ちてデュエットを歌うシーン、これまでのディズニーであれば恐らくロマンティックな曲調になっていたであろうが、ここは敢えてチアフルでかつ朗らかな楽曲を用いていた点などが時代に沿った演出になっていて面白い。 欲を言えば、更に主要人物の心理描写を掘り下げていればもっともっとラストシーンのカタルシスがあったのでは…と思った。 しかし、それをも「ま、そこはどうでもいいや」と思わせるような圧倒的な表現力。 エンターテイメント界が誇るディズニーが、古典・スタンダードを踏襲しつつ新たな扉を開けるのに挑戦したの見て、胸熱。

moco02
moco02 5

☆5つで良いと思います。素晴らしかった! ディズニーは「ガール・ミーツ・ボーイ」に縛られなくなりましたな。ヒーローの力を借りなくたってヒロインは強い!それがとても清々しく、オチとして見事で嬉しかったです。 あんなにたくさんの主力キャラクターがいて、一見寄り道もしていながら、最後の最後まで「姉妹の物語」という軸をぶらさずにいたこと。ありがちなクライマックスではなかったと思います。良かったです。 映像と音楽は言わずもがな。氷の質感や雪の重みを美しく感じました。 風景がそのまま、エルサの心の中を写すから、目からも気持ちの動きが見て取れて面白いです。 全力でおすすめの作品!! それから、同時上映のミッキーのショートムービーもジーンときました。

traumereiii
traumereiii 4.5

評判が良かった上に、事前にYouTubeで聴いていたLet it goもすごく好きな感じだったので、期待していきました。 良かったです! まず何より映像が綺麗でした。特に氷!氷運んでるシーンのときの氷がもう、むちゃくちゃ綺麗で、ほうっ…となりました。 そしてエルサの不憫な状況に冒頭から涙腺が…でもエルサ可愛いし綺麗だし、すごく好きです。エルサグッズとかできたら欲しいくらい。 アナは心底元気な感じで、なんか美味しい役だな…とか思っちゃいましたけど、妹って外から見るとあんな感じなのかな。私が妹だからわからないけど。 ちょっと気になったのはエルサがアナを避けざるを得なくなったエピソードを伝えるシーンはなくて良かったのかしら。アナはトロールのとこらへんでさり気なく気づいてたのかしら。てっきりクリストフが話すものとばかり思ってた。 ブルーレイとかで観たらより綺麗そう◎

映画『アナと雪の女王』好きにおすすめの類似作品

塔で育った少女のはじめての冒険!映画『塔の上のラプンツェル』

映画『アナと雪の女王』と一緒におすすめしたいのは、同じくディズニー映画の『塔の上のラプンツェル』。 本作は母親の言いつけで18年間塔から一度も外に出たことのなかった長い髪を持つ少女・ラプンツェルが、王国で1番の大泥棒・フリンと出会うことにより塔の外へ出て冒険する姿を描く、ファンタジーアドベンチャーです。 日本語吹き替え版では、ラプンツェルの声優をタレントの中川翔子が担当しています。

神田沙也加が声優として出演!映画『3D彼女 リアルガール』

映画『アナと雪の女王』を見て神田沙也加の声の虜になったあなたには、映画『3D彼女リアルガール』をおすすめします。 本作はオタク少年である筒井光が、美少女・五十嵐色葉からいきなり告白されて付き合うことになるというストーリー。筒井光役を佐野勇斗、五十嵐色葉役を中条あやみが演じています。 神田沙也加は筒井が好きなアニメ「魔法少女えぞみち」のヒロイン・えぞみち役の声優として出演。彼女の可愛らしい声は必見です。

映画「アナと雪の女王」の動画を動画配信サービスで無料視聴しよう

この記事では映画「アナと雪の女王」シリーズのフル動画を無料で視聴できる動画配信サービスを紹介してきました。 姉妹愛に溢れたディズニーの大ヒット作をぜひ楽しんでみてくださいね。