2017年3月15日更新 1,054view

『HiGH&LOW』シリーズ大解剖!【ハイアンドローの全てがわかる】

2015年にスタートした『HIGH&LOW』シリーズは、TVドラマ・映画・SNS・ライブツアーを始め、様々なメディアで展開してきました。男たちのプライドを賭けた闘いの物語について、各作品のあらすじや見どころなどをご紹介します。

EXILE TRIBEの総合エンタテイメントプロジェクト『ハイアンドロー』シリーズ

『HIGH&LOW』シリーズは、EXILEらが所属するLDH代表のHIROと日本テレビが手を組み、HIROの総合プロデュースで企画・制作する一大プロジェクトです。

2015年のシリーズ開始以降、TVドラマ・映画だけでなく「Hulu」でドラマの特別版をネット配信したり、漫画・SNS・ライブツアーといった様々なメディアで展開。EXILE TRIBEメンバーを始め、実力派俳優など各分野で活躍する豪華キャストにも注目が集まっています。

今回は、大迫力のアクション・シーンも話題の『HIGH&LOW』について、各作品のあらすじ・登場する各チーム・物語のポイントなどをご紹介します。

『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』シリーズのあらすじ

かつて、伝説のチーム「ムゲン」によって支配・統率された街がありました。しかしたった2人の「雨宮兄弟」だけは、ムゲンの圧倒的な力に屈せず、唯一対等に渡り合ったのです。

両者の抗争が続く最中、ムゲンは創設メンバーの死をきっかけに解散し、雨宮兄弟も消息を絶った兄を探すために姿を消します。やがてその一帯で5つのチームが頭角を現すと、各チームの頭文字から「SWORD地区」、地区のギャングは「G-SWORD」と呼ばれるようになりました。

SWORD地区を舞台に、G-SWORDや各チームそれぞれのプライドを賭けた闘い、裏で渦巻く巨大な陰謀とリアリティのある闇の世界が描かれます。

ドラマ『HIGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』シーズン1

『HIGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』シーズン1

2015年10月21日から放送された、ドラマ『~THE STORY OF S.W.O.R.D~』シーズン1では、コブラ率いる「山王連合会」ら”G-SWORD”同士の抗争が描かれました。

G-SWORDの一角である山王連合会は、他チームに睨みを利かせつつも全面抗争を避けていましたが、あることを機に「鬼邪高校」との揉め事が勃発。最悪の事態は免れたものの、総長のコブラとヤマトは裏にいるのが裏極道連合組織「九龍グループ」の家村会だと気付くのです。

コブラとヤマトは、「達磨一家」までも利用してSWORD地区を牛耳ろうとする家村会の陰謀、その構成員となった幼馴染のノボルを止めるべく立ち上がりました。

ドラマ『HIGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』シーズン2

『HIGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』シーズン2

2016年4月23日から放送されたドラマのシーズン2では、チーム「ムゲン」の軌跡と抗争を終えたG-SWORD、隣接する「湾岸地区」で台頭する新チームの動向が描かれました。

G-SWORD同士の抗争が終わり、落ち着きが見え始めた頃。ムゲンの元総長・琥珀は一つの決意を胸に、共にチームを作ったバイク仲間で、今は亡き親友・龍也の墓参りに訪れます。その一方で、隣接する「湾岸地区」の”MIGHTY WARRIORS”らのほか、家村会の活動が活発化していました。

そして、コブラは魔の手が忍び寄ることを悟り、山王連合会の復活を決意します。同時に琥珀の前には謎の男”李”が現れ、ある情報を提供し戦いに巻き込もうと企てていて・・・・・・。

映画『ROAD TO HIGH&LOW』【2016年5月7日公開】

映画『ROAD TO HIGH&LOW』は、2016年5月7日より2週間限定で公開された、ドラマ『~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』シーズン1の総集編です。

制作の経緯は、ファンの「大画面と大音量の環境で観たい」との声に応えたからだそうで、大迫力のアクション・シーンがスクリーンに登場!ストーリーはドラマとほぼ同じですが、未公開シーンと新映像を加え、コブラ・ヤマト・ノボルの3人を軸にした視点から描かれました。

映画『HIGH&LOW THE MOVIE』【2016年7月16日公開】

かつての仲間・九十九と共に、SWOAD地区へ戻って来たムゲンの元総長・琥珀。彼は韓国マフィア「張城」の李と手を組み、湾岸地区のチームを連れてSWOAD地区を強襲します。

琥珀率いる「湾岸連合軍」のMIGHTY WARRIORS、DOUBTがG-SWOADの拠点を次々と強襲し、各チームは甚大な被害を受けてしまいました。バラバラだった5つのチームは、それぞれの守るべきもののために団結し、「SWOAD連合軍」として敵陣へ報復に乗り込むのです!

さらに、かつてムゲンと渡り合った雨宮兄弟も参戦し、湾岸地区のコンテナ街で対峙します。大切な人のため、街を守るため、約束を果たすために、男たちの熱き戦いが描かれました。

映画『HIGH&LOW THE RED RAIN』【2016年10月8日公開】

監督は前作までの久保茂昭から山口雄大に代わり、雨宮兄弟を主役にしたスピンオフ作品で、長男の尊龍が重要なキーマンとして初登場を果たしました。

雨宮兄弟の雅貴と広斗は、行方を追う長男・尊龍が現れることを期待して訪れた両親の墓参りで、彼の手がかりを持つ少女・成瀬愛華と出会います。一方「九龍グループ」では、琥珀や李を利用した”家村会”の計画が失敗した矢先に、政治家と手を組んだ”上園会”が動き始めました。

雅貴と広斗は、愛華から父が遺した上園会の秘密を握るUSBを持つこと、上園会に属している尊龍が助けてくれたと聞き、行動を共にすることに。SWORD地区を狙う者たちの巨大な陰謀、尊龍の目的と失踪の理由を知った2人は、兄の教えを胸に九龍グループとの戦いに挑みます。

新作映画『HIGH&LOW THE MOVIE2』【2017年8月19日公開予定】

2017年1月1日。EXILEらが所属し、HIROが代表を務めるLDHが”LDH JAPAN”に社名変更し、世界で活躍するグローバル・エンタテイメント企業を目指すことを発表しました。

さらに2017年のプロジェクトとして、新作映画『HIGH&LOW THE MOVIE2』、『HIGH&LOW THE MOVIE3』の連続公開も決定!現時点ではあらすじや出演キャストなど、詳しい情報は明らかになっていませんが、8月19日から全国ロードショーされる予定です。

新作映画『HIGH&LOW THE MOVIE3』【2017年11月11日公開予定】

新作映画『HIGH&LOW THE MOVIE3』は、8月19日に公開予定の『THE MOVIE2』に続き、11月11日から全国ロードショーとなっています。

こちらも詳細は不明ですが、新作映画には超豪華な新キャスト・キャラクターが加わり、前作を超える壮大なスケールで展開されるとのこと。ドラマ・映画だけに留まらない魅力で楽しませてくれ、さらに白熱する『HIGH&LOW』シリーズの世界から目が離せませんね。

『HIGH&LOW(ハイアンドロー)』シリーズのメインキャスト

EXILEと三代目 J Soul Brothers、GENERATIONSなどのEXILE TRIBE、LDH所属のE-girlsや早乙女太一・大屋夏南などが出演する『HIGH&LOW』シリーズ。実力派俳優はもちろん、ゴールデンボンバーやお笑い芸人「ザブングル」の加藤歩など、各ジャンルの豪華キャストも集結しました。

全員が主役!と言っていいほど個性的なキャラクターの中から、物語の中心となる5つのチーム「G-SWORD」のリーダーと、演じたキャストをご紹介します。

”コブラ”緋野盾兵/岩田剛典(EXILE・三代目 J Soul Brothers)

「山王連合会」の総長・緋野盾兵は、アントニオ猪木を崇拝するプロレス好きで、幼少期にコブラツイストで10人倒したことから”コブラ”と呼ばれ始めました。

チームのトップである意識と、拠点とする商店街「山王街」を守る気持ちは誰より強く、冷静な視点から意見を述べることも多いそうです。自身と同じムゲンの元メンバー、ヤマト・ノボルとは幼馴染みであり、自分にないものを持つノボルには尊敬の念を抱いています。

岩田剛典は、EXILEと三代目 J Soul Brothersのパフォーマーを中心に活躍し、2013年頃からは本格的な俳優活動も開始しました。2016年には岩田剛典が主演を務めた恋愛映画『植物図鑑』が公開、ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』の好演が話題になり、俳優としても注目を集めているようです。

ROCKY/黒木啓司(EXILE・EXILE THE SECOND)

スカウト集団「White Rascals」のリーダー・ROCKYは、感情が読みにくく不気味な雰囲気を醸す人物で、身に着けたアクセサリー類もそれを際立たせます。

幼い頃に母と姉が、父の家庭内暴力を苦に自殺したことが原因で感情が出せなくなり、そこから女を守ることを信条にしているそう。White Rascals結成後は、店に斡旋した女性を常に気にかけ、彼女たちや仲間を傷付けられた時は激しい怒りを露わにします。

黒木啓司は、EXILEとEXILE THE SECONDのメンバーとして活躍するほか、俳優として舞台・映画・TVドラマで幅広く活動しています。主な出演作は、主演映画『クロスロード』やドラマ『ムッシュ!』、2011年の月9ドラマ『私が恋愛できない理由』などです。

村山良樹/山田裕貴

「鬼邪高校」の番長・村山良樹は、”1番になること”に拘りつつも勉強・運動共に普通レベルまでしか達せず、喧嘩でのし上がるために鬼邪高校へ入学しました。

体格は小柄ながら、校内最強を誇る戦闘力・スタミナと並外れたタフな精神を備えており、潔く負けを認める頭としての器もあるとのこと。自分なりの矜持を持つため、「九龍グループ」の家村会がドラッグに手を染めていることに幻滅し、スカウトを断ったという経緯があります。

山田裕貴は、俳優集団「D2」と「D-BOYS」に所属する俳優であり、2011年の特撮ドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』でデビューしました。2013年にはD2メンバー初の写真集を発売、2016年には『宮本武蔵(完全版)』で舞台初主演を務め、多岐に渡って活動しています。

スモーキー/窪田正孝

スモーキー『HiGH & LOW THE MOVIE』

「RUDE BOYS」のリーダー・スモーキーは、身寄りがない者が集まって暮らすスラム街、「無名街」の”家族”を誰よりも大切に思っている人物。態度はそっけなく冷たい言動が目立つものの、チームメンバーや無名街の子どもたちからは、本当の兄のように慕われています。

咳をして血を吐くため病を患っていると伺えますが、無名街を危険に晒すことを憂慮して、街の外の病院には行こうとしない頑固な一面もあるようです。

窪田正孝は、2014年に放送されたドラマ『Nのために』や『アルジャーノンに花束を』などのヒット作に出演し、主演を務めた『デスノート』などで知名度を上げました。2017年は映画『LAST COP THE MOVIE』ほか、3作品への出演が決定しており、今や引っ張りだこの若手俳優です。

日向紀久/林遣都

「達磨一家」の頭・日向紀久は、「九龍グループ」に破門された日向会、日向4兄弟の四男。”日向”の名を取り戻すことと兄の敵討ちが戦う目的で、復讐を果たすために手段を選びません。

破門のきっかけになった「ムゲン」と、その流れを汲む「山王連合会」にも憎しみを向け、”SWORD狩り”と称して山王連合会を襲撃したことも。1人で九龍グループの構成員と渡り合うなど、高い戦闘力好戦的な性格を備えているため、一時は刑務所に隔離されていました。

林遣都は、主演を務めた映画『バッテリー』で評価された実力派俳優です。映画『DIVE!!』などでも主演を務め、2017年はNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、又吉直樹原作のドラマ『火花』など多数の話題作に出演しています。

『ハイアンドロー』シリーズの核をなすG-SWORDと彼らを取り巻く数々の組織

かつてのSWOAD地区を支配していた伝説のチーム「ムゲン」

ムゲンは、後にSWORD地区と呼ばれる地域一帯を支配した伝説のチームで、創設者は二代目総長の琥珀(EXILE・AKIRA)と親友の龍也(井浦新)。2人がレーシングチームとして立ち上げ、琥珀の相棒となる九十九(劇団EXILE・青柳翔)、龍也の後輩のコブラ・ヤマトらが加入しました。

”街を守る”喧嘩屋としても知られる一方で、名が広まり勢力が拡大する内に”ムゲン”の名を悪用する者も増え始め、悪い噂も広まるようになります。

しかし、雨宮兄弟との抗争が続く最中、中心メンバーの龍也の死を機に解散しました。

ムゲンが唯一潰せなかった最悪最凶の極悪兄弟「雨宮兄弟」

雨宮雅貴(EXILE・TAKAHIRO)、広斗(三代目 J Soul Brothers・登坂広臣)は「国双地区」に住む運び屋で、100人を超える勢力のムゲンと渡り合った最凶の兄弟です。

ムゲン解散と同時期、2人よりも高い戦闘力を誇ると有名な長男・尊龍(斎藤工)が失踪したため、一時は兄の行方を追って姿を消していました。全員が格闘技を軸にしたゼロレンジコンバットを得意とし、猛者とのタイマンでも、一対多勢でも高い戦闘力を発揮します。

弟思いだけど女好きの雅貴とクールに見えて好戦的な広斗、両親の死後から弟たちを導いてきた尊龍、助け合ってきた3兄弟の絆は非常に強いそうです。

元ムゲンのコブラが総長の山王商店二代目喧嘩屋「山王連合会」

山王連合会『HIGH&LOW THE MOVIE』

SWORDの”S”こと「山王連合会」は、ムゲンの解散から1年後に道を誤ったノボル(劇団EXILE・町田啓太)のため、コブラ(岩田剛典)とヤマト(劇団EXILE・鈴木伸之)が立ち上げました。

SWORD地区の商店街「山王街」を本拠地にしており、トラブルシューター的存在であること、ムゲンの流れを継ぐことから付いた異名は”二代目喧嘩屋”。雨宮兄弟が主役の映画『THE RED RAIN』を除くと、作品のメインチームであり、このチームを中心に物語が展開します。

メンバーには山王街で商売を営んでいる者も多く、ヤマトの幼馴染のナオミ(Flour/E-girls・藤井萩花)が切り盛りする、洋食屋「ITOKAN」がチームの溜まり場です。

ROCKY率いる誘惑の白き悪魔「White Rascals」

SWORDの”W”こと「White Rascals」は、男に傷付けられた女を守ることを信条とし、闇に落ちない(黒に染まらない)ことを表す白い服に身を包むスカウト集団です。

リーダーのROCKY(黒木啓司)が経営するクラブ「heaven」を拠点に、右腕を務めるKOO(遠藤雄弥)を始め、AIZAWA(ゴールデンボンバー・鬼龍院翔)らが活動。傷付いた女は、勇気と希望を与えるためスカウトし、女に暴力を振るう男には容赦なく制裁を与えてきました。

女の安全のためにどんな手でも使う上に、heavenは取引を行うための場所としても機能しています。取引で問題を起こした人物には徹底的に責任を取らせます。

村山良樹が番長としてまとめ上げる漆黒の凶悪高校「鬼邪高校」

SWORDの”O”こと「鬼邪高校」は、全国から札付きのワルが集まる不良高校で、男子校の全日制と男女共学の定時制という独特の体勢を取っています。

極道などの暴力を生業とする組織からのスカウトが常に耐えず行われています。特に定時制の生徒はより良い組織のスカウトを得るために、何度も留年を繰り返す者も多いとのこと。喧嘩で競い合うルールのほか、100発の拳に耐え続ければ頭になれるという荒行があり、村山良樹(山田裕貴)が初めて成し遂げました。

ちなみに、誰でも金さえ支払えば入学・転入・留年が容易だそうで、こうした経営体制も不良高校の所以の1つになっているようです。

リーダーのスモーキー率いる無慈悲なる町の亡霊「RUDE BOYS」

SWORDの”R”こと「RUDE BOYS」は、それぞれ闇を抱えた者たちによって出来た治外法権のスラム街「無名街」を守る集団で、街に足を踏み入れるよそ者には容赦がありません。

スモーキー(窪田正孝)を筆頭に、幹部のシオン(永瀬匡)やタケシ(GENERATIONS・佐野玲於)ら全員アクロバティックな動き、フリーランニングが得意なのだとか。身寄りや血の繋がりのない人々は、お互いを”家族”として扱い、家族たちのために街の再建を目指しています。

また住人たちは普段、無名街の地下にある採掘場で働いており、鉱石発掘が街の資金源です。

日向4兄弟の四男・日向紀久が頭の復讐の壊し屋一家「達磨一家」

SWORDの”D”こと「達磨一家」は、ムゲンに敗れ「九龍グループ」に破門された「日向会」の日向4兄弟の四男・紀久(林遣都)が、九龍グループと「山王連合会」への復讐のために結成しました。

幹部にはムゲンを破門になった饕餮兄弟、右京(遠藤要)・左京(阿部亮平)やムゲンに恨みを持つ加藤鷲(劇団EXILE・小澤雄太)がおり、復讐を果たすまで戦い続けます。拠点は「天道街」の山奥の古寺で、全員が赤い法被を着用するなど和のイメージが強いチームです。

戦闘時の歌舞伎のようなウォーペイント、太鼓を用いた陣形攻撃からもイメージ出来るように、SWORD地区における祭を牛耳る組織でもあります。

日本の裏社会を支配する極道連合組織「九龍グループ」

日本の裏社会を支配する「九龍グループ」は、”九つの龍”と称される9つの極道組織から成る極道連合組織で、『HIGH&LOW』シリーズ全体における悪役です。

家村龍美(BLANKEY JET CITY・中村達也)が会長を務める「家村会」、日向会・上園会・黒崎会の存在が判明しており、激しい覇権争いが続いているそう。しかし家村会が本家の跡目争いに名乗りを上げ、SWORD地区統括を目論んだことを機に、グループ内の均衡が崩れ始めます。

後にSWORD地区の統括だけでなく、地区の都市再開発計画の利権を狙って、九龍グループの全勢力が行動を開始しました。

SWORD地区や湾岸地区で暗躍する韓国マフィア「張城」

韓国マフィア「張城」は、シリーズで初めて登場する海外マフィアであり、日本での勢力とシマの拡大を実行している新勢力の一つです。

日本拠点とすべくSWORD地区を狙っており、対立関係にある九龍グループを潰して、日本の裏社会の支配すらも目論んでいる様子。ボスの張(白竜)の息子にして、張城の御曹司・李(BIGBANG・V.I)は母国語のほか4ヶ国語に堪能で、持ち前の頭脳を活かして暗躍します。

湾岸地区で誕生した謎多き新勢力の少数精鋭チーム「MIGHTY WARRIORS」

湾岸地区の謎の勢力で、貧しい環境で育った元傭兵のICE(三代目 J Soul Brothers・ELLY)が率いる、構成人数10人という少数精鋭の傭兵チームです。

音楽で繋がったメンバーたちは、貧困によって夢や希望を失った人々に、平等に希望を与えることを信条にしているのだとか。チームの結束力も非常に強く、音楽とファッションの力で理想郷を築こうとしており、その一環でクラブ「FUNK JUNGLE」を創設しました。

汚い金を稼ぐギャングから強奪したり、ICEの賭けボクシングや劉(早乙女太一)の商取引とギャンブルなど、個人でも活動資金を稼いでいます。

湾岸地区で活動する極悪スカウト集団「DOUBT」

「DOUBET」は女を強引にスカウトしたり、九龍グループを後ろ盾に人身売買を生業とし、ドラッグ取引にも手を出している極悪スカウト集団。リーダーはスキンヘッドが特徴の高野真人(劇団EXILE・秋山真太郎)で、ムゲンなどの結成前から存在する最古参チームです。

一般人も無差別に襲う卑劣さ、数百人規模という構成人数は群を抜いている一方で、個人で高い戦闘力を持つ実力者はいないようです。

また、スカウトの強引さから、正反対の信条を持つ「White Rascals」とは敵対関係にあります。

山王街に拠点を置くレディースチーム「苺美瑠狂」

総長の純子(小島藤子)が率いる「苺美瑠狂」は、副総長・明日香(工藤綾乃)ほか全員がピンクの特攻服をまとい、改造バイクを乗り回すレディースチームです。

レディースチームと言っても、恋愛談義に花を咲かせるなどミーハーな一面も持っており、根は普通の女の子たちが集まっている様子。純子の人柄に惚れて入った女子も多く、山王連合会と同じ「ITOKAN」が溜まり場とし、チーム名と同じ”いちごミルク”を愛飲しています。

また、現メンバーの親に創設メンバーがいることから、チームの歴史は古いようです。

山王街の住人たちが通う兄弟経営の床屋「床屋ピューマ」

伊集院兄弟💈 a.k.a カニ兄弟🦀 😂(笑) ってヤマトさんが言ってた!笑 #カニ兄弟 #カニ男 #hl_sword

チハルさん(@chiharu.1995)がシェアした投稿 –

山王街にある「床屋ピューマ」は、経営主としても優秀な長男・殻人(ザブングル・加藤歩)、家業を放って遊び歩く次男・甲(劇団EXILE・八木将康)が経営する床屋です。

ピューマはヤマトを始め、コブラたちの先輩の尾沢新太郎(天野浩成)、苺美瑠狂のメンバーなど男女問わず多くの人々が利用しています。兄弟の妹で長女の仁花(Flour/E-girls・坂東希)も、よく実家の手伝いをしていましたが、後に「ITOKAN」で社会勉強をすることになりました。

次男の甲は、山王連合会として行動することがあり、最強の戦闘力を誇るそうです。

『ハイアンドロー』シリーズを楽しむキーワード

テッツ・チハル・バーニーが更新するインスタグラムとの連動企画

『HIGH&LOW』のインスタグラムは公式アカウントのほか、山王連合会のテッツとチハル、MIGHTY WARRIORSのバーニーの3人が更新するアカウントがあります。

これらはプロジェクト開始時から存在しており、TVドラマ放送前にはアップされる写真から、物語の手がかりを探る楽しみもあったのだとか。世界観を感じられる写真を見ることが出来る上に、登場人物が本当に存在しているようで、非常に面白い企画だと好評です。

3人のアカウントはしばらく更新が停止していますが、新作映画の発表などもあったので、個性的な写真が再びアップされることを期待したいですね。

日本一のスタントチームと共同制作した本格的なアクション!

reppin' parkour culture🔥🔥 👼🏿🤘🏿 @vaults101tokyo 🤘🏿👼🏿 #Parkour

ZENさん(@zen_pk_official)がシェアした投稿 –

『HIGH&LOW』シリーズの本格アクションは、日本一のスタントチーム「A-TRIBE」と、アクション監督の大内貴仁の共同制作によって生まれています。

中心キャストのEXILE TRIBEメンバーは、普段の激しいダンスで鍛えられたしなやかな筋肉が、アクションの美しさを際立たせているのでしょう。出演者は撮影のためにバイク免許を取ったり、身体をさらに鍛え上げたりと、リアルな役作りと真摯に向き合ったようです。

RUDE BOYSのビーを演じるZENは、日本におけるパルクールのパイオニアだそうで、彼のアクロバティックなパフォーマンスも非常に話題になりました。

九龍グループと日本政府が目論む「SWOAD地区都市再開発計画」とは

SWORD地区都市再開発計画とは、日本政府と九龍グループ全勢力が進めようとしている、日本の経済安定復興政策のこと。同地区は高度成長期から時が止まった古い街、「九龍グループ」ら反社会勢力が狙う治安悪化都市と見られており、一度更地にして再開発を行う計画です。

具体的には山王街や無名街など広範囲を取り壊し、跡地に建設したリゾート地やカジノの利用客の売り上げにより、経済の安定化を図るというものでした。

山王街では、再開発の影響で地価が高騰し、立ち退きを宣告された店の多くが閉店しています。

日本経済のトップシークレットが内蔵されたUSBの行方は?

映画『THE RED RAIN』のキーアイテムであり、『HIGH&LOW』シリーズにおける重要な要となる、機密データが収められたUSBです。

これにはSWORD地区の都市再開発に関するデータを始め、カジノ推進法案に反対する国会議員、警察公安関係者などのデータが内蔵されているとのこと。これが世に出ればこれまでの負債データも含め、日本経済のトップシークレットが流出し、経済が崩壊する恐れもあります。

USBは成瀬愛華の父から愛華へ、愛華から雨宮尊龍へ・・・・・・と渡っていき、『THE RED RAIN』の最後で琥珀の手に預けられたと語られました。

人気漫画家による『HIGH&LOW』シリーズの漫画化が話題に!

『HIGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~~1』

ドラマ『~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』は、細川雅巳によるコミカライズが『別冊少年チャンピョン』で2015年11月号から連載され、単行本全3巻が刊行されました。

さらに、『カードキャプターさくら』などで知られる、クリエイター集団のCLAMPによる漫画化も決定!CLAMPはTwitter上にイラストを掲載するなど、シリーズの熱心ファンとしても有名なので、どのように世界観を表現するのか期待が高まりますね。

CLAMPの漫画作品は、2017年3月22日発売の『週刊少年マガジン』16号より連載開始です。

『ハイアンドロー』豪華な劇中歌を収めたCD『HIGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』も発売

『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEなど、EXILE TRIBEの豪華アーティストが集結し、様々な楽曲によって盛り上がりを見せる『HIGH&LOW』の世界。登場人物や各チームのテーマ曲、ドラマ・映画の劇中歌が一枚のベスト・アルバムとなって、2016年6月15日に発売されました。

『HIGH&LOW』だからこそのコラボ楽曲はもちろん、「Afrojack」や「BIGBANG」のV.Iなど、海外アーティストがゲスト参加した豪華ラインナップも見逃せません。

また、このアルバムだけの特別な映像や魅力に溢れたMUSIC VIDEOにも注目です!

『ハイアンドロー』シリーズの世界観が完全リンクしたライブ『HIGH&LOW THE LIVE』

『HIGH&LOW THE LIVE』

ライブ『HIGH&LOW THE LIVE』は、2016年7月22日の「京セラドーム大阪」を皮切りに、福岡ヤフオク!ドームなど4ドーム18公演で開催されました。

劇中歌を収録した『HIGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』、映画『HIGH&LOW THE MOVIE』の世界観をリンクさせ、曲ごとに変幻自在のステージを展開!バイク・カーアクションを始め、パルクールや殺陣といった演出によるドラマ、映画のシーンを彷彿させるド迫力のライブです。

熱狂のライブの様子、シリーズの全貌が見えるドキュメンタリー映像などを収録した、作品の世界観を体感できるDVD/Blu-rayが2017年3月15日にリリースされます。

この記事はこちらの特集に含まれています。

『HiGH&LOW』特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧