ジャガーノート

ジャガーノート

Juggernaut
1974年製作 イギリス 111分 1975年3月21日上映
rating 3.3 3.3
9 2

『ジャガーノート』とは

豪華客船に仕掛けられた爆弾をめぐり、特殊部隊の爆弾処理班の活躍と、警察と犯人の駆け引きを臨場感たっぷりに描く。爆弾処理班のプロフェッショナルとしての側面を強調した演出が傑出した作品。また、全編がセットを用いないロケ撮影で行われ、実際に爆弾を爆発させるなど、その迫力と緊張感に観る者の手にも思わず汗が滲む。監督は『ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ!』、『ナック』など、ポップな表現力を押し出す作品が多いリチャード・レスターだが、本作ではその側面は封じ、よりストイックな作品となっている。有能な爆弾処理のプロフェッショナル、ファロンを『孤独の報酬』、『ハリー・ポッター』シリーズなどで知られるリチャード・ハリスが好演。

『ジャガーノート』のあらすじ

1200人が優雅な洋上の旅を楽しもうと乗り込んだ豪華客船・ブリタニック号は、北大西洋に乗り出していた。しかしロンドンの船主のもとに、「ジャガーノート」と名乗る男から、船内に7つの爆弾を仕掛けたという脅迫状が届く。犯人の要求は、夜明け前までに50万ポンドの身代金を用意すること。嵐の中、荒れる海へイギリス海軍のファロン中佐率いる爆弾処理班が投入される。爆弾には巧妙な罠が多数仕掛けられており、処理班は命を賭して作戦を遂行していく。一方、地上ではジョン・マクロード警視と捜査班が犯人を絞り込んでいた。そして爆弾の特徴から、ある人物が浮かび上がる。

『ジャガーノート』のスタッフ・キャスト

『ジャガーノート』の感想・評価・ネタバレ

  • レビューがありません。

『ジャガーノート』に関連する作品