カサンドラ・クロス

カサンドラ・クロス

THE CASSANDRA CROSSING
1976年製作 イタリア・イギリス 1976年12月18日上映
rating 3.5 3.5
7 1

『カサンドラ・クロス』とは

細菌を浴びてしまったゲリラが、列車に乗り込んで逃走するのを、アメリカ陸軍の男が食い止めようとするサスペンス・アクション映画。『ランボー 怒りの脱出』や『コブラ』で知られるジョルジュ・パン・コスマトス監督作品。コスマトス監督は、ロバート・カッツ、トム・マンキーウィッツと共に脚本も手掛けている。製作は『特別な一日』のカルロ・ポンティ。 ゲリラを食い止める男を演じるのは、『家族の肖像』や『フィールド・オブ・ドリームス』のバート・ランカスター。そのほか、『ふたりの女』のソフィア・ローレンや、『ハリー・ポッター』でダンブルドアを演じたリチャード・ハリスなども出演している。

『カサンドラ・クロス』のあらすじ

ジュネーブの国際保健機構に、3人の過激派ゲリラが侵入し、秘密生物研究所を爆破しようとする。銃撃戦になり、ゲリラの1人は射殺される。残りの2人は細菌の研究がされている部屋へと逃げ込むのだが、1人が撃たれて倒れた際に、伝染性の細菌が入った瓶を割ってしまう。そして、最後に残された1人の男が、細菌に感染したまま逃走してしまう。アメリカ陸軍のマッケンジー大佐(バート・ランカスター)は、男がストックホルムとジュネーブ間を走る大陸縦断列車に乗り込んだことを、突き止める。そして、その列車に著名な医師チェンバレン(リチャード・ハリス)も乗り合わせていることが判明する。

『カサンドラ・クロス』のスタッフ・キャスト

『カサンドラ・クロス』の感想・評価・ネタバレ

  • polo1026
    polo1026 0 2012年3月17日

    乗客100人を乗せた列車にアメリカが極秘に隠し持っていた細菌に感染したテロリストが紛れ込んでしまった!次々と感染症にかかる乗客を隔離すべく、アメリカ陸軍の指令により、列車ははるか昔に閉鎖された今にも壊れそうな橋・カサンドラクロスへと向かっていく…。列車サスペンス映画。最後、列車は助かるのか、橋から墜落(つまり乗客全員を抹殺!)してしまうのか?ええー、こんなんあり?っていうような驚きの結末が待ってますw

  • s_p_n_minaco
    s_p_n_minaco 0 2012年1月31日

    けっこう色々と乱暴なパニック映画。入り口は厳重に侵入を防いでるのに、部屋の中は普通のガラス窓って!偶然にも『ファイナル・カウントダウン』に続き、マーティン・シーンが役に立たない…。かと思えば、クライマックスの大惨事描写はトラウマ級に怖い。 華のあるソフィア・ローレンと、オープニングの空撮で見られるアルプスの山々の美しさが良かった。

『カサンドラ・クロス』に関連する作品