おとなのけんか

Carnage
0000年 フランス・ドイツ・ポーランド
rating 3.3 3.3
180 40

「おとなのけんか」とは

トニー賞演劇部門で作品賞、演出賞、主演女優賞を受賞した舞台劇を、『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督が映画化。子ども同士のけんかが発展し、2組の親たちが本性をむき出しにするさまを痛烈なタッチで描く。ジョディ・フォスターとジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレットとクリストフ・ワルツが2組の夫婦を演じている。

「おとなのけんか」のスタッフ・キャスト

「おとなのけんか」の感想・評価・ネタバレ

  • sogo_hiroaki
    sogo_hiroaki 4.5 1月5日

    約1時間20分の作品で、2組の夫婦が子供の喧嘩での話し合い劇 と、思いきや段々と、ヒートアップしていき、子供の喧嘩の話から、夫婦(親)同士の喧嘩になったり、個人同士の喧嘩になったり、夫婦で喧嘩したりと、どんどん展開していく。 こちらも、「ああ、余計な事言わなくていいのに」って、初めはなるのだが、笑えてくるし、男ってそうだよねー女性ってそうよねー。とまるで、身近な他人事の気持ちになる。 まさに、会話劇。 こういう作品を、やってみたい(^^) 俺は、こういうの好き。 最後のオチも良い(クレジット中)

  • Waon
    Waon 3 2016年8月28日

    2016.08.28[71作目] DVD。ストーリーはなんてことないものだが、会話というか口論がすごくよかった笑。話のとっちらかりっぷりや誰が突然攻撃されるか分からない感じなどがリアルだった。題名が良く合ってる笑。

  • Chikuwabu
    Chikuwabu 4 2016年6月7日

    ゲロスプラッシュ

関連する記事

「おとなのけんか」に関連する作品