抱擁のかけら

抱擁のかけら

Los Abrazos Rotos
2009年製作 スペイン 128分 2010年2月6日上映
rating 3.4 3.4
38 9

『抱擁のかけら』とは

今は脚本家として新たな人生を送る元映画監督が、辛い過去と対峙しつつも人生の再起に挑む姿を、ミステリー風味を効かせて描いた異色ラブ・ストーリー。『オール・アバウト・マイ・マザー』のペドロ・アルモドバル監督が、『それでも恋するバルセロナ』のペネロペ・クルスと4度目のタッグを組み、過去と現在が交錯するドラマを見事に紡いでいる。 共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ。アルモドバル監督は、2009年カンヌ国際映画祭にてパルム・ドールにノミネートされている。

『抱擁のかけら』のあらすじ

男の名はマテオ・ブランコ。かつて映画監督として活躍していた彼は、14年前の交通事故により永久に視力を失って以来、当時の記憶を自分の内面に封印。2008年の現在に至るまで、当時のエージェントや息子の助けを得ながら、ハリー・ケインというペンネームにて脚本家として生活していた。 ある日、ハリーの前にライ・Xと名乗る若い男が現れ、自らの監督作の脚本を執筆してほしいと依頼される。その作品のテーマは「自分の父が持つ恐るべき記憶に復讐する息子の物語」であった。どこか彼自身に重なるような印象を抱いたハリーはこの依頼を断るが、やがて自分の封印した衝撃的な記憶の中に、このライ・Xが深く関与していることに気付いてしまう……。

『抱擁のかけら』のスタッフ・キャスト

『抱擁のかけら』の感想・評価・ネタバレ

  • monoza17
    monoza17 3 2014年11月6日

    ペネロペクルス美しすぎるんだけどなにこれ 内容はまあ良かったんだけど

  • Harumi Terasaki
    Harumi Terasaki 0 2014年9月7日

    2010/4/4 サロンシネマ2

  • choromiki
    choromiki 1 2014年8月4日

    監督…元気だな。

『抱擁のかけら』に関連する作品