アデル、ブルーは熱い色

アデル、ブルーは熱い色

ADELE CHAPTERS 1 & 2 ( LA VIE D ADELE CHAPITRES 1 ET 2 )
2013年製作 フランス 179分 2014年4月5日上映
rating 3.7 3.7
243 164

『アデル、ブルーは熱い色』のあらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露かねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

『アデル、ブルーは熱い色』のスタッフ・キャスト

『アデル、ブルーは熱い色』の感想・評価・ネタバレ

  • woo19oo

    レズビアン映画はほとんど見たことないし、自分がレズビアンでもなければ周りにレズビアンもいない。 同性愛とか別に全然気にしない、理解しているって言う人の事こそイマイチ信用してません (笑)。 そんな具合で正直、偏見フィルター越しに観始めたけれど、、こんなに自然にフィルターがフェイドアウトしていくとは。 人間と人間の愛を静かに鮮やかに、力強く描いたとてもリアルな映画。軽い気持ちの過ちが一生に1度あるかないかの深い愛を打ち砕く。襲う虚無感。後悔先に立たず。

  • maki masuda
    maki masuda 3 2017年6月6日

    おもしろかったなあ。 演技がうますぎて レズビアンとか関係なしに 恋愛映画観てる気分なった。

  • tmck3000
    tmck3000 3 2016年10月7日

    ヌーヴェルバーグぽい、フランス映画らしい小難しい台詞。表情で多感な少女の感性を理解していく顔と色の映画。一つ一つの行動や背景が個性豊かで見入った。3.9

『アデル、ブルーは熱い色』に関連する作品