トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス

True Romance
1993年製作 アメリカ 121分 1994年1月22日上映
rating 3.9 3.9
111 34

『トゥルー・ロマンス』とは

『レザボア・ドッグス』にて一気に注目を浴びた犯罪映画の鬼才クエンティン・タランティーノが温めていた脚本を、スタイリッシュ映像の第一人者である『トップガン』トニー・スコット監督により映画化したバイオレンス・アクション・ラブストーリー。許されない恋に落ちた若者たちの決死の逃避行を、息もつかせぬテンポと二転三転のストーリーで最後まで一気に観せる。主演はクリスチャン・スレイターとパトリシア・アークエット。出演は、デニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマン、ブラッド・ピット、クリストファー・ウォーケンら性格俳優たちに加え、タランティーノ作品の常連であるサミュエル・L・ジャクソン、クリス・ペンらも脇を固めている。

『トゥルー・ロマンス』のあらすじ

デトロイトの街角に構える小さなコミック・ストアのしがない従業員、クラレンス。エルヴィス・プレスリーと往年のカンフー映画のマニアであるクラレンスは、今日もまた場末の名画座で映画を楽しんでいた。そんな時、アラバマと名乗る女の子と出会ったクラレンスは一目で恋に落ちる。しかし、実はアラバマは、コミック・ストアの店長からの誕生日プレゼントとして寄越されたコールガールであることを本人の口から明かされるも、運命の出会いと信じて疑わないクラレンスは気にも留めない。そんなクラレンスをアラバマも惚れ込み、激しく愛し合うふたり。そして翌日、ふたりは結婚し、永遠の愛を誓う。しかしコールガールであるアラバマの裏切りを粛清すべく、悪質なヒモがふたりに襲い掛かる……。

『トゥルー・ロマンス』のスタッフ・キャスト

『トゥルー・ロマンス』の感想・評価・ネタバレ

  • southpumpkin
    southpumpkin 3 2017年9月25日

    カンフー映画観てたら後ろからポップコーンが!振り返れば超好みの女がめっちゃ誘ってくる……!そこから始まる二人の愛の冒険。 勝手な想像で愛の逃避行なロードムービーを予想していたのですが、少し違う。手に入れたコカインを換金しようと画策するもズブズブの計画により命の危機に、そこをもう理論とか関係ないレベルのぶっ飛んだ愛の力で跳ね除けてしまう。愛の力が観客の想像をドンドンドンドン裏切っていくのはとても気分がいい。このテンポと冗長はタランティーノそのものですが、監督はトニー・スコット。タランティーノ版だともっとダランダラになったんだろうな、と思います。メインストーリーに関係のない話が多いのは脚本のタランティーノのせいでしょう。サニー千葉が出ていて笑った。一瞬で死んだサミュエル・L・ジャクソンや相変わらずのブラピはさておき、ゲイリー・オールドマンはあの短い出演時間ながら最高の存在感を示しています。

  • syn490

    ラブストーリー

  • イワ

    かっこつけてるところは全然かっこよくなくて、そんな余裕もないところが一番かっこいい。今のところタランティーノ関連では最もストレートでバカ。

『トゥルー・ロマンス』に関連する作品