バートン・フィンク

バートン・フィンク

Barton Fink
1991年製作 アメリカ 116分 1992年3月14日上映
rating 3.5 3.5
29 8

『バートン・フィンク』とは

太平洋戦争直前を時代背景に、作風に思い悩む劇作家が奇怪な事件に巻き込まれる様を描いた異色のサスペンス。カンヌ映画祭で最高賞のパルム・ドール、監督賞、主演男優賞に輝いた。監督は、『ファーゴ』や『ノーカントリー』など、独特の作風で知られるコーエン兄弟。本作は彼らが世界的な知名度を得るきっかけとなった作品でもある。主演を務めるのは、『ドゥ・ザ・ライト・シング』『シークレット・ウィンドウ』のジョン・タトゥーロ。共演に、『フリントストーン/モダン石器時代』のジョン・グッドマン。

『バートン・フィンク』のあらすじ

1941年のニューヨーク。ハリウッドから招かれた劇作家のバートン・フィンク。社会派の作品で成功を収めてきた彼に、スタジオ側はばかげたB級映画の脚本執筆を依頼する。気の進まぬまま、バートンはホテルにチェックインする。みすぼらしい上に薄暗く、不気味なホテルであった。バートンは隣室に宿泊する保険のセールスマン、チャーリーと親しくなる。しかし一向に執筆ははかどらない。映画会社の人たちも助けてくれない。そんなある日、バートンは尊敬する作家で脚本家でもあるメイヒューと出会う。バートンが彼の愛人オードリーに好意を抱いたことから、事態は思わぬ方向へ転がり出す。

『バートン・フィンク』のスタッフ・キャスト

『バートン・フィンク』の感想・評価・ネタバレ

  • zun

    1991年公開アメリカ コーエン兄弟監督作品 [Hulu視聴]

  • 古俣孝和
    古俣孝和 4 2015年7月5日

    このスケールで!こんなに引き込まれるの!?って映画。 箱の中身とかムントの最後とかわからないのにめちゃくちゃ面白くてわろた

  • fuyu

    昔、このパッケージ画像に惹かれてビデオレンタルしたのを覚えています。で、最近また観ました。サスペンスホラーじゃなかったね。不気味な雰囲気ありそうでない。現代じゃ物足りない感じでした。パッケージはやっぱりいい感じなんだけど。

『バートン・フィンク』に関連する作品