『ふしぎの国のアリス』キャラクター一覧

2017年7月6日更新

児童文学の代表的な作品に相応しく、個性的なキャラクターと幻想的な世界観が魅力の『ふしぎの国のアリス』。今回は世界中で長きに渡って愛される、素敵な登場キャラクターを紹介していきます。

『不思議の国のアリス』

『ふしぎの国のアリス』とは、ルイス・キャロル著の『不思議の国のアリス』を原作としたディズニー製作のアニメ映画です。

映画化にあたって原作の持つ言葉遊びなどの要素は薄くなりつつも、ディズニー映画らしいミュージカル要素のある物語は、いつ見ても楽しめるおとぎ話としての完成系と言えるでしょう。

公開は1951年ながら、現在でも根強い人気を誇っている本作の魅力は、その独特な世界観と可愛くてどこかおかしな数々のキャラクターにあります。今回はそんな不可思議な登場キャラクターに焦点をあてて紹介していきます。

アリス

『不思議の国のアリス』

主人公の女の子で、好奇心旺盛で元気いっぱい。白うさぎを追いかけてふしぎの国に迷い込み、様々な奇妙な冒険を繰り広げることになります。

物静かで礼儀正しく、優しくて素直な様子から、誰からも好かれる魅力的な女の子です。

大きくなったり小さくなったり、白うさぎを追いかけたり、逆に自分が追いかけられたり。その冒険はとてもファンタジックで、見ているものが憧れるような面白いものばかりです。

白うさぎ

服を着ていて眼鏡をかけて、雨でもないのに傘を持ち、常に懐中時計を眺めて時間に追われている、言葉をしゃべる不思議なうさぎです。

アリスの前を走り抜けた白うさぎを追いかけて、アリスはふしぎの国にやってきてしまいます。

アリスの大冒険が始まるきっかけとなるキャラクターであり、この作品を象徴する存在でもありますが、常に急いでいる様子でアリスとの会話は驚くほど少ないのも印象的です。

イモムシ

『ふしぎの国のアリス』

キノコの上で水煙草をふかして、お話ししたり歌を歌ったりしているイモムシ。

アリスにふしぎな詩を聞かせてくれますが、アリスの言動がきっかけで今度はお説教が始まります。

アリスに大きくなったり小さくなったりするキノコの秘密を教えてくれます。

ハートの女王

「首くびをはねろ!」が口癖の、いばっていて怒りっぽくて意地悪な、トランプの国の女王。

アリスをクロケーに誘いますが、卑怯なことばかりしてきます。そこにやってきたチェシャ猫がきっかけで、アリスを裁判にかけます。

チェシャ猫

いたずら好きのふしぎな猫。

ユーモアにあふれ、常ににやにやと笑っています。神出鬼没で、消えたり出てきたりを繰り返し、アリスを困らせます。

アリスにマッドハッターたちのお茶会やハートの女王について教えてくれます。

トゥイードルダムとトゥイードルディー

アリスを誘って行く手をさえぎるおかしな双子。アリスが断ってもお構いなしにアリスの周りを飛び跳ねて、話しかけたり歌を歌ったりしてきます。

無理矢理自分たちの話を聞かせることに成功すると、満足したのか今度は二人で遊びだしたので、アリスはその場から離れることにします。

マッドハッター

三月うさぎと一緒にお茶会をしている、値札の付いた帽子をかぶっているおかしな帽子屋。

「お誕生日じゃない日(なんでもない日)」を祝うという一風変わったお茶会にアリスを誘います。白うさぎがどこに行ったのかを聞こうとするアリスですが、なかなか話が通じなくて困ってしまいます。

三月うさぎと二人で、白うさぎの大切な懐中時計を壊してしまいます。その後、アリスが裁判にかけられた際の証人になります。

三月うさぎ

『ふしぎの国のアリス』

マッドハッターと一緒にお茶会をしている、おかしなうさぎ。

マッドハッターと仲がよく、息のあったかけあいを繰り返します。

眠りねずみ

マッドハッターと三月うさぎのお茶会で、テーブルに並んでいるポットの中に入っている常に眠そうにしているねずみ。

猫と聞くとびっくりして混乱してしまいますが、鼻にジャムを塗られると大人しくなります。

お花たち

アリスに歌を聞かせてくれるしゃべるお花たち。

アリスが何者なのかを問いただすと、その答えから雑草だと勘違いしてその場から追い出します。

ハートの王

トランプの国の王様。

気弱で小柄なため、ハートの女王には逆らえません。