戸田恵梨香出演のおすすめ映画12選【『エイプリルフールズ』他】

2017年10月24日更新

愛らしい顔立ちの中にキリッとした瞳がなんともクールビューティーな戸田恵梨香。コメディからシリアスまで幅広い演技をこなし、圧倒的な存在感を示す戸田恵梨香の魅力を堪能できるおすすめの映画8本をご紹介します。

戸田恵梨香のプロフィール

戸田恵梨香は1988年8月17日生まれ、兵庫県神戸市出身。

小学校の頃、地元関西を拠点に芸能活動を開始、子役として主にNHKのドラマなどに出演していました。中学卒業と同時に、現所属事務所のフラームにスカウトされ上京。その後着実にキャリアを積み、押しも押されぬ日本の女優として活躍中です。身長は163cmで、血液型はAB型です。

1:ミサミサを演じ、ブレイク!戸田恵梨香を全国区に広めた作品【2006年】

SHUN_PMV 実写化してわりとよかったやつ。Lはまりすぎでしょう
chaco0219 原作ともに大好きな作品。松山さん演じるLがかわいい。少し気になったのはエキストラたちの大根っぷり。メインキャラ演じる方々の演技がすばらしいので余計目立つような……。

2006年に人気コミックの実写版『DEATH NOTE』の弥海砂(あまね みさ)で映画初出演。原作ファンの間では漫画キャラクターのイメージが強かったため、その出来栄えが危惧されましたが、結果は大成功。

ビジュアル面でも再現性が高かった本作において、戸田恵梨香はツインテールにパンキッシュな衣裳で見事役柄になり切りました。彼女の出世作になったと言っても過言ではないでしょう。

2016年秋には10年の時を経て、新たなキャスティングで続編公開が決定しています。戸田はこの作品でも同じ弥海砂役で登場するとの発表があり、「戸田恵梨香のミサミサ降臨!」と期待は高まるばかりです。

2:日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞した映画【2009年】

hima_take ちょっと長いけどおススメ映画、実際に起こった航空機事故を題材としている。同じテーマの「クライマーズハイ」、そちらもおススメ。
hoijaane 劇場で観て以来、2回目。 長い。 たくさん泣いて心を消費した。 テーマが多すぎて、考えることが多すぎる。 動物園に、行きたくなった。

2009年には山崎豊子原作のベストセラー小説を映画化した『沈まぬ太陽』に主演渡辺謙の長女役で出演。実際に起こった飛行機事故とその事故に関わる人々の体験を描いた重いテーマの本作は、日本アカデミー賞最優秀賞作品を受賞しました。

3:山田孝之主演の爆笑コメディ【2009年】

meto 山田孝之が良い味出してる
Misaki_Ozaki これはおもしろい。好き。 中学校のときにTHE3名様を好きになって、たぶんその時におんなじ監督やからって観たんやとおもう。 話忘れててもういっかい観たけど、ぜんぜん飽きんかった! この類のゆるゆるコメディがおもしろい☺️

シーズンオフの海の家を舞台に、6人の男たちの妄想から繰り広げる爆笑コメディ『大洗にも星はふるなり』にマドンナ役で出演。ストーリーは男たちの想い出話により進められ、戸田はそれぞれの回想シーンでその「妄想彼女」のキャラクターを演じわけました。

共演は山田孝之、安田顕、佐藤二郎など、そうそうたる曲者揃い。シチュエーションに合わせた戸田恵梨香のコスプレぶりも必見です!

4:ドラマの大ヒットを受けて映画化された人気シリーズ【2010年】

imel0108 目が離せなかった。ライアーゲームは種明かしの説明をわっかりやすく行なってくれるから、あほな私はありがたいことこの上ない。もっと接近してほしかったな〜
obaover 観てるこっちも騙されました。笑 秋山さんカッコよすぎ!!!

2007年から2010年まで2シーズンに渡って放映された、松田翔太とW主演のTVドラマ『ライアーゲーム』を映画化した本作、『LIAR GAME The Final Stage』はドラマのシーズン2で迎えたセミファイナルの3ヶ月後を描き、映画観客動員ランキングでは初登場2位を獲得する快挙を果たしました。

戸田恵梨香は1通の謎の招待状から、人間の欲が渦巻く騙し騙され合いの頭脳ゲームに巻きこまれる神崎直(なお)を演じました。とにかく奇想天外、熾烈なゲーム合戦の連続で、ドキドキハラハラのストーリーは、最後まで目が離せません!間違いなく戸田恵梨香の代表作のひとつと言えるでしょう。

5:有川浩著書『阪急電車』が原作となった作品【2011年】

Rika_Wakama のんびりと観れた映画。登場人物が少しずつ絡み合って、お互いを励ましたりする。それぞれにドラマがある、温かい気持ちになる映画。
Beeee 前向きな気持ちになれるストーリー。原作も良かったけれど、映画も期待を裏切らなかったです。あったかくて、スッキリとする。 印象に残っているのは中谷美紀の語り。 「人はそれぞれ皆、色んなやりきれない気持ちを抱えて生きている。〜•••」 ずっしりと効きました。

有川浩原作、90万部突破のベストセラー小説を映画化した『阪急電車 片道15分の奇跡』では、同棲話を進めながらも当の彼氏からのDVに悩む女子大生を好演。兵庫県神戸市出身の戸田の話し言葉はもちろん関西弁です。

ストーリーは兵庫県の阪急宝塚駅から西宮北口駅までを結ぶ阪急電鉄・今津線の車内が舞台。電車に乗り合わせた乗客の、それぞれのエピソードが絡み合う優しい物語です。わずか15分の片道電車の中、少しずつ関わり、影響し合う乗客役には中谷美紀、宮本信子、南果歩、有村架純などが出演。今の自分にちょっと疲れたな、という時に観てほしい作品です。

6:特殊超能力を扱った異色の人気ドラマシリーズ『SPEC』も映画化【2012年/2013年】

2010年に戸田と加瀬亮がW主演を務めた連続ドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』は、特殊能力者であるスペックホルダーを題材にした独特の世界観で人気を集め、後に映画化されました。 戸田の演じる主人公の当麻紗彩は、IQ210の天才的なドS変人捜査官という役どころでしたが、大食いでもあり餃子を大量にほおばるガサツでコミカルな姿が新鮮でした。 映画は『劇場版 SPEC〜天〜』(2012年)と『劇場版 SPEC〜結〜』(2013年)の2作があり、後者の『劇場版 SPEC〜結〜』は、前編の「漸ノ篇(ぜんのへん)」と後編の「爻ノ篇(こうのへん)」の2部構成。内容はスペックホルダーが国家を揺るがす陰謀を企んだり全人類の滅亡を企んだりと、ドラマ以上にスケールの大きな作品に仕上がっています。

7:戸田恵梨香主演!何気ない嘘がウソを呼んで大混乱に!【2015年】

総勢27名の豪華キャストと、大ヒットドラマ『リーガルハイ』のスタッフが制作したことで話題になった映画『エイプリルフールズ』。 嘘をついても許されるはずのエイプリルフールについた小さな嘘が、あちらこちらに飛び火して大騒動に発展!街は混乱と緊張に巻き込まれつつも最後に奇跡が起こる――という波乱万丈、抱腹絶倒、愛と感動の物語です。 戸田は主演で、対人恐怖症の清掃員の新田あゆみを演じました。あゆみは一夜限りの関係を持った天才外科医に「妊娠した」と言って後に大混乱を引き起こす役どころでした。

8:時代劇映画に初挑戦【2015年】

Tanaka_Hirofumi 「寺法は寺のためにあるのではありませんよ 悩んだり苦しんだりしてる人のために寺があり寺法があるのです」

困ったときは助け合わなければならないし、立場の弱い人を守ってあげることも時に必要だし、そうやって人間は生きてきたのであるなあとそんなことを思わせてくれる日本映画って、近年、実はあんまりないのではないか。(私はあまり出会わない)

役者も実力派ぞろいで見応えありました。

queens_sakura 最高に面白かった!! 着物の着方から歩き方一つまでみなさんかなり練習なさったんだろうなぁ。 言葉の掛け合いからなにから人を引き込むようなやりとりでした。 見てて楽しかった!

江戸時代、幕府公認の縁切り寺として役割を果たした尼寺を舞台に、駆け込んでくる女たちと相談に応じる医者見習いの男との悲喜こもごもを描いた『駆込み女と駆出し男』。

主演に大泉洋、共演者は樹木希林、山崎勉、堤真一、満島ひかりなど芸達者揃い。その当時は女性から離婚を望むなど有り得ない時代。その中で強く、たくましく生きようとする女たちを瑞々しく描いた笑いあり、涙ありのヒューマンストーリーです。

本作で時代劇初挑戦となる戸田恵梨香は、顔にやけどのある鉄練職人「じょご」の役で出演。つらい仕事と暴力的な夫に耐え切れず、寺に駆け込みます。戸田はこの役を演じるにあたって、前半は男勝りで荒っぽい演技を、後半は心境の変化に伴い徐々に女性らしい繊細さを出せるよう意識したそうです。

9:生田斗真がサイバー犯罪集団「シンブンシ」を演じる【2015年】

Beeee 日本の今、現代社会ならではの作品。 みんな平等で、、、みたいなが正義とされてるし、世間も自分もそう言って収める。日本人って大抵そうだと思うし。 けど、実際はオブラートに包んでいるだけで、中身はカースト社会なのが日本な気がする。実際、愚痴ってたって何も変わらない。映画の戸田恵梨香みたいに、自分が努力して変わらないと求めるものも手に入らない。環境も変わらない。下にいるんだから這い上がらないとって思うもん。実際問題カースト社会だよね。って思うもの。怖くて口に出さないだけで。だから、リア充だとか言う言葉が生まれるんだと思うしね。
toshibakuon ネットを使い犯罪予告。社会への反逆心から事件を起こしいる事に意味はあるのだろうかと思いながら観ていたけど結末は予想に反していた。途中までは退屈な展開だったけど仲間意識が強くなっていったあたりから感情移入できた。

集団食中毒を起こしながらも誠意ある対応をしない食品加工会社を相手に、放火予告の動画インターネットに投稿されます。「シンブンシ」と呼ばれるその予告犯への警察の捜査が進む中、法で裁かれることのない悪を次々とネット上で曝露し、その制裁として予告と実行が行われ…。現代の社会現象を投影する問題作として一石を投げかけたサスペンス映画です。

戸田恵梨香は犯人を追うサイバー犯罪対策課の刑事、吉野絵里香役を演じました。高学歴でキャリア出身のエリート刑事に扮する戸田が、「シンブンシ」役の生田斗真と繰り広げる緊張感に満ちた駆け引きは見ものです。

10:1967年の映画を豪華俳優陣でリメイクした作品【2015年】

Rika_Wakama 映画館にて。戦争映画は昔から関心があったため、理解しながら観れたが、前知識がないとなかなか難しい映画。 それにしても、昭和天皇のキャスティングはとても適してるなと感じた。
mataro_mince 始め易けど終り難し。終戦までの一ヶ月間政府内主戦和平派の攻防、実際に起った主戦派クーデター未遂事件を偏りのない視点で描く。割れた歯車は壊れるまで動き続ける「日本のいちばん長い日」塚口1。日本の為に皆本気必死だった。見事な配役と答えるように素晴らしい俳優たち。パンフは残念左翼賞。2015年9月25日 パンフには文中必要もないのに昭和天皇を「彼」と呼びたい孫崎享登場でイラッとする。いかにもアカヒっぽくって笑ってしまった。発言と行動の責任について彼にはこの映画から汲み取って欲しい。戦中の宮中施設の再現も見応えがあった。映画館で観る価値あった。陛下の侍従達の中華宦官的な服装が印象的。着てみたい。

終戦を迎えた1945年8月15日の真実をベースに、戦争を終わらせるために命を懸けた人々の苦悩、決断を描いた、東宝映画創設35年を記念するべく、原田眞人監督がメガホンを取った『日本のいちばん長い日』。

第39回日本アカデミー賞で優秀作品賞をはじめ制作部門において高評価が集まり、共演の本木雅弘が最優秀助演男優賞を受賞するなど話題を呼びました。

『駆け込み女と駆け出し男』でも原田監督の作品に出演している戸田は、ラジオ局の放送員、保木令子役で特別出演として登板。間もなく放送される予定の終戦を告げる玉音放送(天皇の肉声による放送)を中止させるため、放送局に押し入ってきた青年将校達に立ち向かう芯の強い女性を演じ、男性キャストがほとんどの本作にアクセントを加えました。

11:遊女と女剣士、凛々しく妖艶な戸田恵梨香に魅せられる【2017年】

映画『無限の住人』は主演の木村拓哉と三池崇史監督がタッグを組み、沙村広明原作の人気漫画を実写化したアクション時代劇です。キャストには戸田のほか、杉咲花や福士蒼汰、市川海老蔵など実力派が揃っています。 映画の主人公は「百人斬り」の異名を持つ不死身の万次。戸田の演じる乙橘槇絵(おとのたちばなまきえ)は、普段は遊女に身をやつしながらも、実は万次にも勝る驚異的な身体能力を持つ女剣士でもあります。 映画で戸田は遊女としての可憐で妖艶な姿と女剣士としての凛々しい姿を見せます。