2017年7月6日更新

アカデミー賞史上最年少ノミネート、クヮヴェンジャネ・ウォレスまとめ

撮影時、若干5歳にして、映画『ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜』で2013年アカデミー賞主演女優賞に最年少でノミネートされる快挙を成し遂げ、その後も活躍の場を広げているクヮヴェンジャネ・ウォレスについてご紹介いたします。

『ハッシュパピー バスタブ島の少女』で史上最年少アカデミー賞主演女優賞にノミネート

ハッシュパピー バスタブ島の少女

2012年に公開されたベン・ザイトリン監督の『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』で主役のジャッシュパピーを演じたクヮヴェンジャネ・ウォレス。若干6歳で、史上最年少でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。

4000人の中からオーディションで選ばれ、演技未経験の新人だったというから、その天賦の才に驚嘆します。なお、インタビュー記事によると、ノミネートのお祝いに欲しいものを聞かれると「ピザ、チキン、ワッフル、あとは内緒」と嬉しそうに答えたそうです。

アルマーニ ジュニア2014-15秋冬コレクションの広告キャンペーンモデル

クヮヴェンジャネ・ウォレス

古典的な撮影法で、ステファノ・アザリオが撮影した広告ビジュアル、生き生きとした10歳のクヮヴェンジャネの表情が写し出されています。

インタビュー記事によると、デザイナー、ジョルジオ・アルマーニは「彼女の優しさ、好奇心、そしてオープンな心に胸を打たれました ―それらはすべて私が大切にしているものだからです。そしてこれらの彼女らしさこそが、私がクヮヴェンジャネにアルマーニ ジュニアのニューフェイスとなってほしいと思った理由です」とコメントを出しています。

『それでも夜は明ける』にも出演

『それでも夜は明ける』[DVD]

2014年3月7日、日本で公開され、第86回アカデミー賞の作品賞をはじめ、様々な映画賞を受賞したスティーヴ・マックイーン監督の『それでも夜は明ける』に出演しています。

2015年1月24日全国公開予定、映画『ANNIE/アニー』主演

『アニー』

ブロードウェイ・ミュージカル『ANNIE/アニー』が豪華キャスト集結のもと映画化されます。そして、主役のアニー役を、クヮヴェンジャネ・ウォレスが演じます。

本作のプロデューサーは、ジェームズ・ラセター、ジェイダ・ピンケット=スミス&ウィル・スミス、カリーブ・ピンケット、ショーン"ジェイ・Z" カーター、ローレンス"ジェイ"ブラウン、タイラン"ティティ"スミスという豪華な面々。そして、ウィル・グ ラックが監督、製作、脚本を担当します。

クヮヴェンジャネ・ウォレス

舞台は、N.Y.マンハッタン。ジェイミー・フォックス演じる、携帯電話会社のCEO、NY市長候補のスタックスは、選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女を偶然助けるところから始まります。その少女の名前はアニー。4歳の時に、レストランに置き去りにされ、キャメロン・ディアス演じる横暴なハニガンが営む施設で暮らしています。スタックスはそんなアニーの境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始めます。

来年も天才子役クヮヴェンジャネ・ウォレスの活躍から目が離せません。