杉田智和、アニメ『銀魂』の坂田銀時を務める人気声優の知っておきたい9つのこと!

2017年7月6日更新

大ヒットアニメ『銀魂』や『涼宮ハルヒの憂鬱』などで一躍人気声優の地位を築いた杉田智和。単なる声優としての活動に留まらず、個性的な趣味や特技で話題に事欠きません。実力派声優の活躍と素顔に迫ります。

キャラが濃い?声優、杉田智和

杉田智和は、1980年10月11日うまれで、埼玉県出身です。幼少時の夢は、意外にもお寺の住職になること。中学ではテニス部、高校では少林寺拳法部に所属していました。ところが、学校行事のため芝居の脚本を作り、さらに自らの声を録音し効果音やBGMを作ったことがきっかけで、声優を志すようになります。

高校在学中、日本ナレーション演技研究所主催の声優スプリングスクールにおいて、ミューラス&アニメージュ賞を受賞。養成所入所と同時に、芸能事務所「ミューラス」に所属することになりました。

大学受験に失敗し、予備校に通っていた1999年『魔装機神サイバスター』で初レギュラーを獲得し、声優デビューを飾ります。その後、学生と声優の二足のわらじ状態でした。

オーディションの際には、ただ目立つため漫才調の自己紹介をしたなど、バイタリティーとユニークなキャラの片りんはすでにこの頃から垣間見えていたようです。徐々に、個性的な濃いキャラを合わせ持つ声優として、名を上げることにになります。

1:杉田智和、声優初主演は『ちょびっツ』

2000年9月から2002年10月まで『週刊ヤングマガジン』に連載された『ちょびっツ』は、機械と人間の恋という、SF的テーマを描いた人気漫画です。そのテレビアニメ版が、2002年4月から9月までTBS系列にて放送され、杉田智和は声優初主演を果たしました。

ゴミ捨て場で見つけたパソコンの少女ちぃと、機械に弱い青年のファンタジックなラブコメディー。杉田は、主人公の青年・本須和秀樹の声を担当しましたが、大学受験に失敗した浪人生という設定は、まさに等身大で演じられる役柄でした。

2:『銀魂』『涼宮ハルヒの憂鬱』で人気爆発

『銀魂』の坂田銀時役

原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の空知英秋による漫画作品です。2006年にテレビアニメ化され、2016年現在もシリーズが続く超人気作品です。杉田智和は主人公の坂田銀時を担当して一躍ブレイク、人気声優の地位を不動のものにしました。

物語は、江戸のかぶき町を舞台に、坂田銀時と周囲の人々に巻き起こるドタバタ騒動を描きます。時代は幕末ですが、「天人」と呼ばれる異星人の来航で開国したというSF的な設定の中、主人公の銀時は、何でも屋の「万事屋」を営む侍です。杉田智和の声はまさにはまり役でした。

『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョン役

『銀魂』がスタートした同じ2006年4月に放送が始まったテレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の男子高校生・キョン役は、杉田智和の人気を決定的なものにしました。

原作は、谷川流のライトノベル。最初の全14話の他、2009年4月から10月にかけて新作14話を加えた全28話があらためて放送され、人気を博しました。2010年2月6日には劇場版『涼宮ハルヒの消失』も公開されています。

女子高生の涼宮ハルヒが、退屈な日常を打破するために「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」通称SOS団を結成。超ポジティブでワガママ娘のハルヒに振り回されるクラスメイトのキョンとSOS団が繰り広げる、ぶっとんだ学園ストーリーです。

3:特技は声優の声マネ

声のバリエーションと旺盛なサービス精神も相まって、声マネを特技としています。大御所から新人まで、ときには女性まで多数の声優をレパートリーにしています。

特に十八番の定番ネタは、石塚運昇の声マネです。また、森久保祥太郎の声マネもそっくりで、ファンの間では神すぎると評判です。

4:アニメ、ゲーム、漫画のオタク度がすごい

アニメやゲームなどに関する知識は、ほとんどオタクレベルであることが有名です。WEBラジオ番組の『続・ぶるらじ』では、格闘ゲーム用語を解説するコーナーを担当している他、2009年4月9日から文化放送超!A&G+で放送しているラジオ番組『杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン』では、そのオタクぶりを存分に披露しています。

アドベンチャーゲーム『月英学園 -kou-』では原作者に

声優の仕事だけに収まらず、2013年10月に発売されたアドベンチャーゲーム『月英学園 -kou-』では原作を担当しています。

月英学園へ転校した夜、主人公の遠山浩は、生徒会の御月英理によって殺害されてしまいますが、目覚めた浩は、記憶を留めたままなぜか二度目の転校初日を経験するという謎に満ちた展開を見せるストーリーです。

ゲーム化にあたっては、キャスティング含めあらゆる面に杉田智和の意見や助言が反映されているそうです。

肩書は原作者になっていますが,実際はほぼすべての工程に関っています。僕が直接制作したという意味では,全体のプロットと細かいシナリオの修正,それから完成した物のチェックや,修正オーダーなどですね。
引用:4gamer.net

5:中村悠一とは大の仲良し

声優の中村悠一とは、2001年、テレビアニメ『電脳冒険記ウェブダイバー』で共演し、同い年だったこともあって急速に親しくなりました。

今や一緒に食事したり、お互いの家に寝泊まりしたり、ゲームをしたりするほどの大親友であることは、業界やファンの間で知らない人はいないほど有名です。二人の苗字のイニシャルが「S」と「N」であることから、「磁石コンビ」とも呼ばれています。

アニメ専門チャンネル「アニメシアターX」の中でゲーム番組『東京エンカウント』を二人で放送しているほか、一緒にドラマCD『オリジナルドラマシリーズ「響演」 宝くじ/腕時計』も発売しています。

6:杉田智和はモテない?

中村悠一とあまりにも仲が良すぎるせいか、杉田智和には恋愛の噂がありません。そんな二人が共演したアニメ作品のひとつが、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』。まさに、二人にぴったりの作品名です。

谷川ニコによる漫画を原作に、2013年テレビ東京系列で放送されたアニメです。高校生活に馴染めない、「喪女」(モテない女性)の女子高生を主人公にした学園コメディーで、 中村悠一は主人公の弟、杉田智和は主人公の同級生を演じています。

7:クセがすごい!杉田智和伝説!

杉田智和は、実は料理が上手いのです。なんでも、昔から弁当を自分で作り、今でも家族と生活時間が違うため、自分で作らなければならないのだとか。

その腕前が持ち前のオタクっぷりと合わさり、凄まじい「伝説」を生んだことがありました。

彼の高校で『ときめきメモリアル』(コナミ)が流行した際、彼はゲーム内に登場する弁当の中身を、画面に描かれたドット絵から割り出し、再現してみせたというのです。

この手腕で、彼は当時のオタク仲間から「師匠」とのあだ名を承ることとなりました。彼らしい伝説の一幕です。

8:杉田智和のコスプレがすごい!

『ペルソナ4』の天城雪子

アニメ化もされた人気ゲーム『ペルソナ4』の登場キャラクター、天城雪子のコスプレ姿です。ちなみに、杉田智和は、本アニメに長瀬大輔役で出演していましたが、コスプレに選んだのなぜか女性キャスト……。

オリジナルの天城雪子とは、ちょっと落差があり過ぎますが、周囲の受けは抜群です。

『荒川アンダーザブリッジ』の星

中村光による漫画を原作にしたテレビアニメで、自身が声優を担当した「星」に扮してみせました。

大財閥「市ノ宮グループ」の御曹司・市ノ宮行を主人公にした物語で、星は、その名のとおり、常に星形のマスクを被っているミュージシャンです。

『ベルサイユのばら』のフェルゼン

いまさら説明するまでもない、池田理代子の傑作漫画『ベルサイユのばら』。パロディーアニメ「チャンネル5.5」が展開する『ベルサイユのばら』シリーズで、実際、杉田智和がフェルゼン役を担当していることから、コスプレに至ったようです。

ちなみにオリジナルのフェルゼンは、眩しいほどのハンサムなキャラクターです。

『秘密結社 鷹の爪』の総統

言わずと知れた、蛙男商会による人気フラッシュアニメ『秘密結社 鷹の爪』。世界征服をたくらむ秘密結社 鷹の爪団と間抜けなヒーロー・デラックスファイターを中心にしたショートコメディは、テレビ、CMなどあちらこちらで人気爆発しました。個性的な登場人物の中で、杉田智和が選んだのは総統です。

多才な才能とサービス精神で、今後、本職の声優はもちろん、それ以外の活躍も楽しみです。

9:杉田智和は愛されキャラ

声優、演出家としても活躍する池田純矢がプライベートの飲み会での様子をツイッターに載せました。写真では、杉田智和が胸を揉まれ、白目をむいており彼のいじられっぷりが伺えます。

他にも、杉田がツイッターで「クリスマスの夜を一緒に過ごす人」の診断結果をツイートすると、多くの声優仲間がリプライをしており、盛り上がりを見せました。実際にクリスマスパーティが実施されたのかはわかりませんが、ツイートに対する周りの反応の大きさから愛されていることがわかります。

周りのムードメーカーとなる愛されキャラな杉田智和。これからも彼から目が離せません。