2020年2月18日更新

『ワンパンマン』ボロスを徹底紹介 “全宇宙の覇者”の真の実力に迫る

ワンパンマン ボロス

『ワンパンマン』に数多く登場してくる強敵のなかでも、神レベルに次ぐ、災害レベル竜以上と言われているヴィラン、ボロス。主人公サイタマの攻撃を受けても瞬殺されなかった強敵です。今回はそんな絶対的ヴィラン、ボロスに迫ります。

目次

『ワンパンマン』ボロスの真の実力が気になる

人気漫画『ワンパンマン』に登場したボロスは、サイタマが一撃で倒せなかった数少ない怪人のひとりです。 暗黒盗賊団ダークマターの頭目で、あまりの強さに宇宙では敵知らず、力を持て余していました。そんなとき、対等に闘える相手が地球にいると預言者から聞き、遠くはるばる地球までやってくることに。 1つ目と身にまとった厳つい鎧がトレードマークです。『ワンパンマン』の世界では、主人公サイタマらヒーローに対峙する敵のレベルは災害値で表し、最下層の人間でも武器を使えば倒せる狼から始まり、虎、鬼、竜、そして最上位の神までランク付けされています。作者のONEによると、ボロスの災害レベルは竜以上。 サイタマに敗れはしたものの、作中の描写や作者のコメントからボロスの実力は『ワンパンマン』屈指とされているのです。 この記事ではキャラの基本情報を紹介するとともに、ボロスがどれだけ強いのか考察していきます。

最終奥義は崩星咆哮波、強さの秘訣は自然治癒能力!ボロスの必殺技と能力を紹介

自然治癒能力の高さ

過酷な環境下で育ったボロスは、宇宙随一の自然治癒能力を誇る種族のひとりでした。ボロスによると、地球人では死につながる傷も数秒で塞ぐことができるとのこと。この治癒能力によって、サイタマの連続普通のパンチを受けても、息絶えることはありませんでした。

メテオリックバースト

エネルギーの放出によって、限界を超えたパワーとスピードを引き出すメテオリックバースト。負担が大きいため、決着を早めたいときに繰り出す技です。

崩星咆哮砲(ほうせいほうこうほう)

そして、ボロスの最終奥義が崩星咆哮砲(ほうせいほうこうほう)です。全エネルギーを放出し、惑星の表面を消し飛ばす程の威力のビームを放ちます。

ボロスは『ワンパンマン』最強クラスの怪人【ネタバレ注意】

サイタマ“強い”と言わしめた怪人ボロス

まずは作中でのボロスとサイタマの戦いを振り返っていきましょう。 村田雄介作画のリメイク版では、37話〜48話でボロス編は描かれました。ひとり、ダークマターの宇宙船に乗り込んだサイタマはそこで、ボロスと対峙することに。 「俺の生に刺激を与えてくれ」とボロスが地球に来た理由を言い放つと、サイタマは呆れてワンパンをくらわせました。大抵の敵ならこれで息絶えてしまいますが、ボロスは強大な力を封印する鎧が壊れただけでした。 この描写だけでも、他の怪人と比べて段違いの強さだと分かります。さらに、このあとサイタマから“強いよ、お前は”と言わしめたことも強さの裏付けになるでしょう。 無呼吸運動のように、身体に負荷がかかる、第二形態は決着を早めたいときに使う切り札。しかし、サイタマの連続普通のパンチに圧倒され最後の切り札、崩星咆哮砲を放ちます。しかし、カウンターでマジ殴りをくらいついに息絶えてしまうのでした。 別次元の強さを誇るサイタマは、ほぼ一撃で敵を仕留めてしまいます。そんなサイタマの攻撃を受けて生き延びたキャラクターは指を数えるほどしか存在しません。 また、サイタマが本気になったときに繰り出す“マジ”シリーズをくらい息があったキャラクターはさらに少なくなります。ボロスが『ワンパンマン』最強レベルの怪人であることは間違いないでしょう。

ボロス vs ガロウ どちらが強い?

ボロスとどちらが強いのかよく議論されるのがガロウです。ボロス同様、災害レベル竜以上でかつ、サイタマに“マジ”シリーズを繰り出させた数少ない怪人の一人です。 ニコニコ生放送で原作者ONEは、このふたりの強さについてコメントを出していいます。コメントによると、以前までは確実にボロスのほうが強かったが、今はガロウが成長し、パーフェクト怪人のようになったのでわからない。 また、接近戦ならガロウのほうが強いのではないという見解を出しています。 しかし、惑星レベルで破壊する力と凄まじい自然治癒能力を誇るボロスに、ガロウが勝利するのは容易ではないように思えます。あくまで接近戦の場合ガロウが有利というだけで、状況次第では勝敗が分かれるのではないでしょうか。

暗黒盗賊団ダークマターとは

地球に侵略してきた暗黒盗賊団ダークマター。暗黒盗賊団ダークマターとは、異星人で構成されている盗賊集団です。 そのトップである頭目がボロスです。また、暗黒盗賊団ダークマターのボロスの側近に、最上位三戦士がおり、彼らも災害レベルは鬼レベルを余裕で超えると言われています。

アニメ版ボロスの声優は森川智之

アニメ版『ワンパンマン』でボロスの声を務めるのは森川智之。90年代から第一線で活躍し続けてるカリスマ的声優です。 過去に『銀魂』の佐々木異三郎、『キングダム』の李牧を始め、数々の人気アニメの声優を務めています。森川智之独特のどすのきいた女子がキュンとなってしまうセクシーな低音ボイスは、今回のボロスもそうですが、クールな敵役ぴったりですよね。 また、アニメだけでなく洋画の吹き替えで、キアヌ・リーブス、ブラッド・ピット、トム・クルーズ、ユアン・マクレガーなんかも担当しているので、どこかで一度や二度は森川智之の声を耳にしているかもしれません。

ボロスが『ワンパンマン』屈指の強さであることは間違いない!

全宇宙の覇者と名乗り、強いものを求め宇宙を彷徨い続けたボロス。己の強さ故、焦燥感を抱いていたボロスは、サイタマと重なる部分があるキャラクターです。サイタマの攻撃にも耐え、凄まじい自然治癒能力を誇るボロスが『ワンパンマン』屈指の強さを誇ることは間違いないでしょう。 今後神レベルの怪人が登場することで、再びボロスの強さ議論が再燃するかもしれませんが。