2017年7月6日更新

アニメ『ワンパンマン』2期!登場キャラクター・声優キャスト・最新情報まとめ!

2015年10月から12月まで放送され、独特なテンポのストーリーと圧倒的クオリティの作画で話題となった、大人気アニメ『ワンパンマン』。制作決定が発表された待望の2期について、登場人物や声優キャストなど、気になる最新情報をご紹介します。

アニメ『ワンパンマン』待望の2期制作が決定!

元は”ONE”の自主制作Web漫画から人気に火が点いた『ワンパンマン』。その後、村田雄介作画によるリメイク版が「となりのヤングジャンプ」で連載されています。3年間の修行の結果、どんな敵でも一撃(ワンパン)で倒す力を手にしたヒーロー、サイタマを中心に描かれる平熱系ヒーロー譚です。

2015年10月から12月にアニメ化もされ、独特のストーリーと圧倒的な作画クオリティが話題の本作。その人気ぶりは国内だけに留まらず、放送終了後から続編を熱望する声があがっていました。

そして2016年9月25日、さいたま市ソニックシティで単独イベント「ワンパンマン秋祭り」が開催され、待望のアニメ2期制作の決定が発表されたのです!イベント当日は、古川慎や石川界人など主要声優キャストらが出席しており、2期への喜びと意気込みを語りました。

アニメ『ワンパンマン』1期のあらすじ

主人公の青年・サイタマは、就職活動に行き詰っていたある日、街で暴れる怪人から少年を救いました。その時、“ヒーローになりたい”という幼い頃に抱いていた夢を思い出し、ヒーローへの就職を決意。3年間の過酷な修行の代償として、25歳にして頭髪を失いつつも、どんな敵も一撃で倒す無敵の力を手にしたのです。

サイタマの強さに魅了され、弟子入りを志願してきた青年・ジェノスから”ヒーロー協会の存在を聞き、ジェノスと共に認定試験を受けることに。プロヒーロー登録を果たしますが、身体検査の数値が異常だったことなどからインチキと判断され、ランクは”C級”止まりになってしまいます。

それでも、巨大隕石や”海人族の長・深海王”などの強敵を、圧倒的な実力で倒したサイタマ。1期終盤では、地球に襲来した宇宙の大盗賊団「ダークマター」の首領、ボロスとの大激戦に勝利しました。

アニメ『ワンパンマン』のメインキャラクター・声優キャスト

サイタマ/cv.古川慎

本作の主人公で、やる気がない状態でも敵を一撃で倒す力を得た最強の男、C級388位(後に昇進)のヒーロー・サイタマ。ヒーローとして強い信念を持つ反面、他のヒーローが苦戦する強敵すら簡単に倒してしまう虚しさ、強くなりすぎたことを哀しむ様子も見せます。

1期に引き続き、主人公・サイタマの声を演じる声優は古川慎です。

2011年、Webアニメ『武装中学生』吉野サトシ役でデビューし、2013年の『ゴールデンタイム』多田万里役でテレビアニメ初主演を飾りました。今作のサイタマを演じた声優として有名ですが、他にも『精霊使いの剣舞』カミカゼ・ハヤト役、『orange』須和弘人役などに出演しています。

ジェノス/cv.石川界人

サイタマの弟子・ジェノスは、15歳の頃に家族を暴走サイボーグに奪われ、その仇を討つため自身の体をサイボーグ化した青年です。S級17位(後に14位)の実力を持ち、尊敬するサイタマの身の回りを世話をしながら鍛錬し、ヒーローとして共に戦っています。

ジェノスの声を演じるのは、注目の若手実力派声優の一人・石川界人です。

2012年、大学進学と同時に声優デビューを果たし、2014年には第8回声優アワード新人男優賞を受賞しました。主な出演作は、『ハイキュー!!』影山飛雄役や『境界のRINNE』六道りんね役など。近年はPC版ブラウザゲーム、『刀剣乱舞』の歌仙兼定役としても有名です。

その他の主なキャラクター・声優キャスト

音速のソニック/cv.梶裕貴

ヒーロー協会に所属するヒーローではなく、暗殺から用心棒まで何でも請け負う忍者の里の出身者で、自称”最強の忍者”・音速のソニック。サイタマを除けば、作中最速クラスのスピードと武器の扱いに長けており、フブキの見立てではS級ヒーローと同等の実力を持っていると言われています。

梶裕貴は、2006年のアニメ『ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!』で声優デビューを果たし、これまで数々の賞を受賞してきた実力派声優です。主な出演作は、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役や『七つの大罪』メリオダス役、『アルスラーン戦記』ヒルメス役など多数あります。

戦慄のタツマキ/cv.悠木碧

フブキの姉で、幼い容姿と言動に反し実年齢は28歳という、S級2位のヒーロー・戦慄のタツマキ。念力で相手の全身を捩じ切る技を得意とする最強の超能力者であり、事実上ヒーロー協会の最終兵器です。

4歳で芸能界入りした悠木碧は、2008年頃から声優メインでの活動を行っており、2011年のアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役で一躍有名に。その他の出演作は、『戦姫絶唱シンフォギア』立花響役、『GOSICK -ゴシック-』ヴィクトリカ・ド・ブロワ役などがあります。

地獄のフブキ/cv.早見沙織

B級1位のヒーロー・地獄のフブキは、姉に及ばないながらも類希な超能力者で、周囲の物体を自在に操ることができます。サイタマに諭されるまで、目を付けたヒーローを自身の派閥”フブキ組”に勧誘し、拒絶した者には「新人潰し」と称して活動を妨害していました。

早見沙織は、2007年のアニメ『桃華月憚』川壁桃花役でアニメデビューしました。透明感のある声が特徴的で、『セキレイ』の結や『我が家のお稲荷さま。』のコウなど、神秘的な役柄を演じたことも。歌唱力にも定評があり、2015年に自身の出演作とのタイアップ曲でアーティストデビューしました。

キング/cv.安元洋貴

”地上最強の男”と称され、他のS級ヒーローは一目置き怪人には恐れられるヒーロー、S級6位のキング。しかしその実態はただのゲームオタクで、サイタマとはゲーム仲間として家を行き来する関係です。

安元洋貴は、デビュー以降ナレーターとして活動しており、『ロックマンエグゼStream』カーネル役で声優デビューしました。重厚かつ渋い声が特徴的で、『BLEACH』茶渡泰虎役や『鬼灯の冷徹』鬼灯役。『Aixs powers ヘタリア』ドイツなど、冷徹な悪役から三枚目まで幅広く演じます。

『ワンパンマン』2期ではS級ヒーローたちが活躍?

2期のあらすじは不明ですが、1期のストーリーが原作漫画に準拠したものだったため、その続きが描かれると予想されている様子。1期最終回後にあたる、38撃目「キング」(単行本8巻収録)から始まるエピソードの後、シリーズ最長の”怪人協会編(ガロウ編)”がメインになるという噂もあります。

また、イベントに出席したジェノス役の石川界人は

2期が決定し、本当に本当にうれしいです。何がうれしいって、一言二言しかせりふのなかった1期で登場したS級ヒーローたちが2期でたくさんしゃべると思う。それが楽しみでしょうがない。そして何より一番の楽しみはジェノスがいっぱいしゃべることです!

とコメントしているので、1期では出番の少なかったS級ヒーローの活躍に注目です!

S級ヒーローは、”ヒーロー協会”に属する最上位クラスのプロヒーローのことで、素顔不明のS級1位”ブラスト”を筆頭に計17名が存在します。”怪人協会編”が描かれることになれば、前述のヒーローたちも含めさらに見せ場が増えるので、見所の一つになるのは間違いないでしょう。

アニメ『ワンパンマン』2期の続報を要チェック!

2期の制作が決定したばかりなので、放送局や放送時期の詳細は今後、発表される予定です。

一風変わったストーリーと個性豊かなキャラクターたちが、あの圧倒的なクオリティで帰ってきます!詳しいあらすじや登場キャラクター、主題歌アーティストなどの続報を要チェックしてください。

またイベントでは、スマートフォン向けゲームアプリも制作中と発表され、日本と中国で2017年の配信開始を目指しているとのこと。現在も連載中の原作漫画はもちろん、様々なメディアミックス展開を見せる『ワンパンマン』の世界から、ますます目が離せません!