2019年5月21日更新

『ワンパンマン』2期の新キャラを含むヒーロー&声優最新版を紹介

ワンパンマン

2015年10月から放送され、独特なテンポのストーリーと圧倒的クオリティの作画で話題となった、大人気アニメ『ワンパンマン』。2019年4月からは2期が放送されています。今回は、『ワンパンマン』の登場キャラクターと声優を紹介していきます。

目次

アニメ『ワンパンマン』が2期に突入!登場キャラクターと声優を紹介

元はONE作のWeb漫画で、その面白さから人気に火が点いた『ワンパンマン』。その後、村田雄介作画によるリメイク版が「となりのヤングジャンプ」で連載されています。3年間の修行の結果、どんな敵でも一撃(ワンパン)で倒す力を手にしたヒーロー、サイタマを中心に描かれる平熱系ヒーロー譚です。 2015年10月から12月にアニメ化もされ、独特のストーリーと圧倒的な作画クオリティが話題の本作。その人気ぶりは国内だけに留まらず、放送終了後から続編を熱望する声があがっていました。そんな期待を受けて、2019年4月から、アニメ『ワンパンマン』2期が放送されています。 この記事では、アニメ『ワンパンマン』のあらすじを振り返りつつ、登場するキャラクターと演じている声優を紹介していきます。2期のキャラクターまで含めた、最新版です。

『ワンパンマン』は漫画が原作 アニメ2期のあらすじは?

人気漫画『ワンパンマン』

『ワンパンマン』は、ウェブサイトに投稿された漫画が原作となっています。作者のONEは、PCの漫画制作ソフトを使う練習として本作を執筆したそうです。そこで読者から予想以上の反応があり、本格的に制作がされることになりました。 その後、漫画雑誌「となりのヤングジャンプ」でリメイク版が連載されています。リメイク版の作画を担当している村田雄介は、もともとONEが制作した『ワンパンマン』のファンだったそうです。彼がONEにリメイクを持ち掛け、現在に至っています。

2期までのあらすじを振り返り

主人公の青年・サイタマは、就職活動に行き詰っていたある日、街で暴れる怪人から少年を救いました。その時、「ヒーローになりたい」という幼い頃の夢を思い出し、ヒーローとして就職することを決意。3年間の過酷な修行の代償として、25歳にして頭髪を失いつつも、どんな敵も一撃で倒す無敵の力を手にしたのです。 サイタマの強さに魅了され、青年・ジェノスが弟子入りを志願してきます。サイタマは彼から「ヒーロー協会」の存在を聞き、2人は協会の認定試験を受けることに。彼らはプロヒーロー登録を果たしますが、身体検査の数値が異常に高かったことからインチキと判断され、ランクは「C級」止まりになってしまいます。 それでもサイタマは、巨大隕石や「海人族の長・深海王」などの強敵を、圧倒的な実力で倒しました。1期終盤では、地球に襲来した宇宙の大盗賊団「ダークマター」の首領、ボロスとの大激戦に勝利しました。1期は原作に沿ったストーリーで制作されました。2期も漫画『ワンパンマン』に沿ってストーリーが進んでいます。 2期は、ガロウという人間が、怪人に憧れヒーロー狩りを始めるところから始まります。ガロウは驚くべき強さで、賞金首やA級ヒーローを次々と倒してゆくのです。一方、サイタマは武術の使い手であるガロウに興味が湧き、武術を体験するために、異種格闘技大会「スーパーファイト」に出場することに......。

アニメ『ワンパンマン』1期から登場しているキャラクター&声優を紹介

ここでは、『ワンパンマン』に1期から登場しているキャラクターたちと、彼らを演じる声優キャストを紹介します。

サイタマ/cv.古川慎

本作の主人公で、やる気がない状態でも敵を一撃で倒す力を得た最強の男、C級388位(後に昇進)のヒーロー・サイタマ。ヒーローとして強い信念を持つ反面、他のヒーローが苦戦する強敵すら簡単に倒してしまう虚しさ、強くなりすぎたことを哀しむ様子も見せます。 1期に引き続き、主人公・サイタマの声を演じる声優は古川慎です。 古川は、1989年9月29日生まれの男性声優。2011年、Webアニメ『武装中学生』吉野サトシ役でデビューし、2013年の『ゴールデンタイム』多田万里役でテレビアニメ初主演を飾りました。今作のサイタマを演じた声優として有名ですが、他にも『精霊使いの剣舞』カミカゼ・ハヤト役、『orange』須和弘人役などに出演しています。

ジェノス/cv.石川界人

サイタマの弟子・ジェノスは、15歳の頃に家族を暴走サイボーグに奪われ、その仇を討つため自身の体をサイボーグ化した青年です。S級17位(後に14位)の実力を持ち、尊敬するサイタマの身の回りを世話をしながら鍛錬し、ヒーローとして共に戦っています。 ジェノスの声を演じるのは、注目の若手実力派声優の一人・石川界人です。 石川は、1993年10月13日生まれの男性声優。2012年、大学進学と同時に声優デビューを果たし、2014年には第8回声優アワード新人男優賞を受賞しました。彼の主な出演作は、『ハイキュー!!』影山飛雄役や『境界のRINNE』六道りんね役など。近年はPC版ブラウザゲーム、『刀剣乱舞』の歌仙兼定役としても有名です。

音速のソニック/cv.梶裕貴

「音速のソニック」はヒーロー協会に所属するヒーローではなく、暗殺から用心棒まで何でも請け負う忍者です。サイタマを除けば、作中最速クラスのスピードと武器の扱いに長けており、フブキの見立てではS級ヒーローと同等の実力を持っていると言われています。声優は梶裕貴です。 梶裕貴は、1985年9月3日生まれの男性声優。彼は、2006年のアニメ『ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!』で声優デビューを果たし、これまで数々の賞を受賞してきた実力派声優です。主な出演作は、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役や『七つの大罪』メリオダス役、『アルスラーン戦記』ヒルメス役など多数あります。

戦慄のタツマキ/cv.悠木碧

戦慄のタツマキは、フブキの姉で、S級2位のヒーローです。幼い容姿と言動に反し実年齢は28歳。彼女は、念力で相手の全身を捩じ切る技を得意とする最強の超能力者であり、事実上ヒーロー協会の最終兵器です。悠木碧が声優を担当しています。 悠木碧は1992年3月27日生まれの女性声優。4歳で芸能界入りした彼女は、2008年頃から声優メインでの活動を行っており、2011年のアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』鹿目まどか役で一躍有名になりました。その他の出演作は、『戦姫絶唱シンフォギア』立花響役、『GOSICK -ゴシック-』ヴィクトリカ・ド・ブロワ役などがあります。

地獄のフブキ/cv.早見沙織

B級1位のヒーロー・地獄のフブキは、姉に及ばないながらも類希な超能力者で、周囲の物体を自在に操ることができます。サイタマに諭されるまで、目を付けたヒーローを自身の派閥「フブキ組」に勧誘し、拒絶した者には「新人潰し」と称して活動を妨害していました。声優は早見沙織です。 早見沙織は、1991年5月29日生まれの女性声優。2007年のアニメ『桃華月憚』川壁桃花役でアニメデビューしました。彼女は、透明感のある声が特徴的で、『セキレイ』の結や『我が家のお稲荷さま。』のコウなど、神秘的な役柄を演じたことも。歌唱力にも定評があり、2015年に自身の出演作とのタイアップ曲でアーティストデビューしました。

キング/cv.安元洋貴

キングは「地上最強の男」と称されるS級6位のヒーロー。彼は、他のS級ヒーローからは一目置かれ、怪人には恐れられる存在です。しかしその実態はただのゲームオタクで、サイタマとはゲーム仲間として家を行き来する関係を築いています。声優は安元洋貴です。 安元洋貴は、1977年3月16日生まれの男性声優。彼はデビュー以降、ナレーターとして活動しており、『ロックマンエグゼStream』カーネル役で声優デビューしました。重厚かつ渋い声が特徴的で、『BLEACH』茶渡泰虎役や『鬼灯の冷徹』鬼灯役。『Aixs powers ヘタリア』ドイツなど、冷徹な悪役から三枚目まで幅広く演じています。

ゾンビマン/cv.櫻井孝宏

ゾンビマンは、ジーナス博士によって作られた実験体で、S級ヒーローです。彼は、頭を吹きとばされてもすぐに再生し、体にダメージを受けても回復するという不死身の肉体を持っています。しかし大きいダメージを受けてしまうとしばらくの間は、行動不能となってしまいます。声優は櫻井孝宏です。 櫻井孝宏は、1974年6月13日愛知県生まれの男性声優です。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の松雪集(ゆきあつ)役や、『化物語』の忍野メメ役などを演じている、人気の声優です。

イケメン仮面アマイマスク/cv.宮野真守

イケメン仮面アマイマスクは、A級ヒーローです。彼は女性人気が高く、そのルックスを活かして芸能活動もしています。略して「アマイマスク」と呼ばれる事が多いです。 宮野真守は、1983年6月8日埼玉県生まれの男性声優です。『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』の一ノ瀬トキヤ役や、『デュラララ!!』の紀田正臣役など人気アニメのメインキャラクターをたくさん演じてる人気の声優さんです。また、映画の吹き替えでの声優も数々演じています。

無免ライダー/cv.中村悠一

無免ライダーは、C級1位のヒーロー。自転車に「ジャスティス号」と名付け愛用しています。戦闘能力はそんなに高くないのですが、強敵にも構わず立ち向かっていく正義の心の持ち主です。中村悠一が声優を担当しています。 中村悠一は、1980年2月20日埼玉県生まれの男性声優です。『妖狐×僕SS』の御狐神双熾役や、『月刊少女野崎くん』の野崎梅太郎役などを演じています。

タンクトップマスター/cv.小西克幸

タンクトップマスターはS級15位のヒーロー。筋骨隆々とした見た目通り、拳で一面のコンクリートを割り砕くほどのパワーがあります。彼は、タンクトップを着たヒーロー集団「タンクトッパーズ」のリーダーを務めています。 小西克幸は、1973年4月21日和歌山県生まれの男性声優です。『東京喰種トーキョーグール』の亜門鋼太朗役や、『監獄学園』のガクト(諸葛岳人)役などを演じています。その他にも吹き替えとして数々の作品にも出演しています。

シルバーファング/cv.山路和弘

シルバーファングは、S級3位のヒーロー。流水岩砕拳という、独自に編み出した拳法の使い手です。彼は普段はいかにも人がいいお爺さんを振舞っており、なるべく相手を殺さないことをモットーとしています。サイタマの実績と実力などを正しく評価している数少ない1人です。山路和弘が声優を務めます。 山路和弘は、1954年6月4日三重県生まれの男性声優です。『血界戦線』のヤハビオ役などを演じています。また、吹き替えや、俳優としても数多くの作品に出演しています。

金属バット/cv.羽多野渉

金属バットはS級ヒーローで、ランク15位の人物。特注の金属バットを武器にして戦うヒーローで、ヤンキーのようなワイルドな見た目が特徴です。彼はダメージを負えば負うほど身体能力が上がり、強くなっていきます。声優は羽多野渉です。 羽多野渉は、192年3月13日生まれの男性声優です。彼は代表作に2012年アニメ「黒子のバスケ」実渕玲央役や、2016年アニメ「D.Gray-man HALLOW」バク・チャン役などがあります。また、映画の吹き替えや、歌手活動など、幅広く活動している人物です。

アトミック侍/cv.津田健次郎

アトミック侍は、S級ヒーローでランクは4位です。侍という名の通り、髷を結って着物を着用しています。剣を使って戦う人物で、敵を細切れにしてしまうほどの斬撃を繰り出します。演じるのは津田健次郎です。 津田健次郎は、1971年6月11日生まれの男性声優。2006年アニメ「家庭教師ヒットマンREBORN」に大人ランボ役などで出演しているほか、ドラマや映画への出演も多く、マルチに活躍しています。

童帝/高山みなみ

童帝は、わずか10歳の少年でありながらS級ヒーローとして活動していて、ランクは5位の人物です。機械やコンピュータの扱いに長けており、自身の発明品やランドセルに仕込んだ武器を使って戦います。声優は高山みなみです。 高山みなみは、1964年5月5日生まれの女性声優。アニメ「名探偵コナン」の江戸川コナン役で知られています。その他の代表作には1989年ジブリ映画『魔女の宅急便』キキ役や、アニメ「ドラえもん」第2期のスネ夫のママ役などがあります。

メタルナイト/cv.玄田哲章(げんだてっしょう)

メタルナイトは、S級ヒーローで、ランクは6位です。さまざまなロボットを開発する天才科学者で、巨大ロボットを遠隔操作してヒーローとして活動しています。汚職をはたらいた上層部を追放させようとしたり、ヒーロー協会のビルを強化したりと、その貢献度は計り知れません。声優は玄田哲章(げんだてっしょう)です。 玄田哲章は、1948年生まれの男性声優。彼は太い低音の声質が特徴で、アーノルド・シュワルツェネッガーのようなマッスルな人物の吹き替えを多く担当しています。そのほか主な出演は、2009年アニメ『戦国BASARA』武田信玄役などがあります。

駆動騎士/cv.上田燿司

駆動騎士はS級ヒーローで、ランクは9位です。黒いアーマーで全身を覆っていて、仮面をつけており、ロボットなのかサイボーグなのか不明なキャラクターです。彼は黒いボックスを携え、それを変形させて自身に装着させて戦います。声優は上田燿司です。 上田燿司は、1971年8月7日生まれの男性声優。主な出演作に、2015年アニメ『攻殻機動隊 ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE』パズ役、2013年アニメ「物語シリーズ セカンドシーズン」クチナワ役などがあります。

豚神/cv.浪川大輔

豚神は、S級ヒーローでランク10位の人物。彼は巨大な身体をしており、敵を丸飲みにしてしまう技を使うキャラクターです。この技は、仲間を丸飲みにして保護するという応用的な使い方もできる、意外と便利な能力でもあります。声優は浪川大輔です。 浪川大輔は1976年4月2日生まれの男性声優。彼は少年から青年までの役柄を演じることが多く、ルックスも相まって女性ファンの多い人物です。主な出演作は、2004年アニメ『GANTZ』玄野計役や、2009年アニメ『君に届け』風早翔太役などがあります。

超合金クロビカリ/cv.日野聡

超合金クロビカリは、S級11位のヒーローです。超合金という名に恥じぬ頑丈な肉体を持っており、その高度は鋼鉄並み。彼のタックルは、強敵ガロウですら即死を覚悟するほどのパワーを誇ります。声優は日野聡です。 日野聡は、1978年8月4日生まれの男性声優。もともとは吹き替えの分野で活躍していましたが、2003年アニメ『一騎当千』周瑜(しゅうゆ)役でレギュラー出演し、声優としても本格的に活動し始めました。他の代表作には2010年アニメ『バクマン。』高木秋人役などがあります。

番犬マン/うえだゆうじ

番犬マンは、S級12位のヒーローです。犬の着ぐるみを身にまとい、四足歩行で戦います。彼は嗅覚も優れており、まさに犬のような人物です。マスコットキャラクターのような見た目に反して、その強さはS級設立のきっかけとなった程です。彼の声をうえだゆうじが演じています。 うえだゆうじは1967年6月15日生まれの男性声優です。彼は1997年アニメ「ポケットモンスター」シリーズのタケシ役や、1996年アニメ「るろうに剣心」相楽左之助役で知られています。

閃光のフラッシュ/cv.鳥海浩輔

閃光のフラッシュはS級13位のヒーロー。長髪が特徴の剣士で、登場キャラクターの中でもトップクラスのスピードを誇る人物です。順位は低いですが、S級の中でも屈指の実力者とされています。鳥海浩輔が声を演じます。 鳥海浩輔は1973年5月16日生まれの男性声優です。主な出演作には2003年アニメ「NARUTO」犬塚キバ役や、2005年アニメ「バジリスク 甲賀忍法帖」甲賀弦之介役などがあります。

ぷりぷりプリズナー/cv.小野坂昌也

ぷりぷりプリズナーは、S級17位のヒーロー。言動こそ男口調ですが、筋金入りの男色家です。彼はビルを倒壊させるほどの筋力を持っており、炎や電気などの攻撃にも一切傷つかない強靭な肉体をしています。しかし彼の技は「エンジェル・スタイル」や「エンジェル・ラッシュ」など、ネーミングセンスは独特です。小野坂昌也が声を担当しています。 小野坂昌也は、1964年10月13日生まれの男性声優です。主な出演作には1993年アニメ『SLAM DUNK』安田靖春役や、2001年アニメ『テニスの王子様』桃城武役などがあります。

2期から登場するキャラクター&声優を紹介

ここからは、2期から登場するキャラクターと声優キャストを紹介します。2期のストーリーを左右するキャラたちです。

ガロウ/cv.緑川光

ガロウは、人間でありながら怪人に憧れ、ヒーロー狩りを始める人物です。その強さはA級ヒーローをも倒してしまうほど。そのうえ彼は怪人として覚醒し、S級ヒーローをも圧倒する存在となります。声優は緑川光です。 緑川光は、1968年5月2日生まれの男性声優。彼は人気ゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ』のマルスや、2016年アニメ『坂本ですが?』の主人公・坂本役などの声を担当しています。

スイリュー/cv.松風雅也

スイリューは、異種格闘技大会「スーパーファイト」で過去に3連覇を果たしている実力者です。彼はヒーローに所属してはいないものの、S級ヒーローに勝るとも劣らない強さを持っています。声優は松風雅也です。 松風雅也は1976年9月9日生まれの男性声優です。彼は出演作に、2011年「HUNTER HUNTER」イルミ・ゾルディック役や、「斉木楠雄のΨ難」才虎芽斗吏役などがあります。また声優業だけでなく、俳優としてドラマや舞台に出演したり、ラジオのパーソナリティなども務めています。

アニメ『ワンパンマン』2期は好評放送中

アニメ『ワンパンマン』2期は2019年4月より放送スタートしています。一風変わったストーリーと個性豊かなキャラクターたちが、安定のクオリティで帰ってきました。 2期は1期と同様に原作に基づいたストーリーで、38撃目「キング」(単行本8巻収録)から始まり、S級ヒーローたちが大活躍の「怪人協会編(ガロウ編)」へと物語が進んでいきます。 2019年現在も連載中の原作漫画はもちろん、様々なメディアミックス展開を見せる『ワンパンマン』の世界から、ますます目が離せません!