柿原徹也、ドイツが生んだ大人気声優について気になる事実8選

2017年9月4日更新

イケメン、変態、シスコン・・・、たくさんの肩書(?)を持つ柿原徹也ですが、一度決めたことを途中で投げ出すことはありえないと、日本に帰国してからは、学費、生活費のすべてを貯金とアルバイトでまかなうほど、心身の強さを内に秘めています。大人気声優になるまでの、気になる軌跡をたどって見ましょう。

1:2003年に『アソボット戦記五九』で声優デビューした柿原徹也

柿原徹也は、未来の世界を救おうと少年サンゾウが、第一世代アソボット五九達とジパングへ旅するアニメ『アソボット戦記五九』でアナウンサー役を勝ち取り声優デビューしました。

実はアニメ声優デビュー前に声の仕事を始めていて、本当のデビューは学生時代の2001年にさかのぼります。ある作品のオーディションを受けた時、ラジオのスタッフに柿原自身のキャラクターが認められて、文化放送のラジオ番組に抜擢されます。その時から現在まで、自分を見つけ出してくれたラジオ番組が大切な仕事のひとつになりました。

2: 実はドイツ育ちの帰国子女!

1982年に生まれた柿原徹也はドイツのデュッセルドルフで少年時代を過ごしました。両親の実家が日本にあるため、度々日本に里帰りしてはマンガを大量に買い込んでいて、子供の頃から日本のアニメやマンガに親しんでいました。

ゲーム『ときめきメモリアル』をきっかけに声優を志して、家出同然に単身日本へ帰国。18歳で日本の声優学校に入ります。また言葉がドイツ語なまりだったため、きれいな日本語を身に付けるために定時制高校に入学、後に学習院大学に進学しました。

3:多くの豪華な役でアニメに出演している!

柿原徹也は、アニメ『天元突破グレンラガン』のシモン役で広く人気を獲得。外国語が堪能なこともあり、外国人や、帰国子女、留学生など演じる機会も少なくありません。また、声の特徴を生かして、少年期~青年期の登場人物を演じることが多いようです。

『フェアリーテイル』/ナツ・ドラグニル役

2009年に放送されたアニメ『フェアリーテイル』。本作でゼレフによって創られ「冥府の門」のマスターであり、ゼレフ書最強最悪の炎の悪魔でもあるナツ・ドラグニルの声を担当しました。

ナツ・ドラグニルは幼い頃に炎竜王イグニールに育てられ「火竜(サラマンダー)」の異名を持ち、いなくなってしまったイグニールとの再会を待ち望みます。右肩に赤い紋章があり、トレードマークのマフラーはイグニールからもらった物です。

『テニスの王子様』/リリアデント・クラウザー役

2007年に放送された『テニスの王子様』。本作では、名古屋星徳中学7人の外国人留学生の内の1人で公式イケメンキャラ、リリアデント・クラウザーの声を担当。

「アイスマン」の異名を持つほど冷徹非道なプレイをしますが、赤眼化、悪魔化した切原赤也との対戦で、逆転負けしてコートに沈みました。新テニスの王子様では日本に帰化し“リリアデント蔵兎座“という名前で登場します。

『C:THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL』/宣野座功役

2011年に放送されたアニメ『C:THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL』では慈善活動家でNPO法人「コンコード・ゲイン」代表、宣野座功の声を演じました。

慈善活動をする反面、金融街でも巨大な力を持つ有力者です。金融で儲けた金は様々なボランティア活動に使い、“ボランティア王子”と呼ばれています。

『弱虫ペダル』/東堂尽八役

2013年に放送された『弱虫ペダル』。本作で箱根学園三年生で自転車競技部のエースかつ副主将、東堂尽八の声を演じます。

自らを臆することなく「天才」「美形」と称す、ナルシストでポジティブシンキングの持ち主。しかし眉毛は三角かつ長めで残念なイケメンとも・・・。自信家の余り、「~せねばならんな」と言った時代錯誤的な話し方をします。

『聖闘士星矢Ω』/龍座の龍峰役

マンガ『聖闘士星矢』を原作としたアニメ『聖闘士星矢Ω』では龍峰の声を担当します。

龍峰は先代のドラゴンの青銅聖闘士、紫龍と春麗の息子。穏やかで優しく、女性のキャラクターを含め一番小柄で華奢、虚弱体質ですが、誰よりも豊かな才能を持ち、戦いを嫌いながらも徐々に戦闘能力を高めていきます。奪われた天秤座の黄金聖衣を奪還することも旅の目的となりました。

4:多趣味な柿原徹也

多趣味で知られている柿原。

バイクやスノーボードといったものから、変わり種としては手品や社交ダンスなどもあります。社交ダンスはドイツ時代に卒業式で踊ることを予想し、ライセンスまで取ってしまったのだそうです。

アウトドアからインドアまで多彩なラインナップ。彼のプライベートな時間は、これらの趣味に磨きをかける充実したものなのでしょう。

5:柿原徹也の彼女は誰?

最初に交際が噂されたのは、声優、ナレーターとして活躍している能登麻美子です。きっかけは仲良く写っているツーショット写真の公開でしたが、その後は何の進展もなく仲の良い女友達のまま現在に至るようです。

次に名前が挙がったのが、声優、歌手、ナレーターの井上麻里奈です。柿原とは元々大学の先輩後輩という関係でしたが、アニメ『グレンラガン』共演がきっかけで急接近した、と言われています。しかしこちらもお付き合いの確たる証拠もなく、友人説が優勢です。

妹を持つ柿原は、自ら重症なシスコンを公表していて、「シスコン系変態星人」と自称しています。その他ラジオのトークでは下ネタを乱発していて、「変態王子」とも呼ばれているそうです。こんな性格の特異さもあり、“残念なイケメン”と言われ、縁遠い理由とされています。声優は私生活が見えにくいようで、結果、柿原の私生活も謎に包まれているようです。

6:実は映画『監督・ばんざい!』に声の出演をしていた

『監督・ばんざい!』は2007年に公開された北野武監督作品のコメディ映画です。ビートたけし演じるキタノ・タケシ監督が得意ジャンルを封印して、様々な映画を撮影することに挑戦するものの何も上手くいかず、いよいよ詐欺師の親子を使ったSF映画を製作し始めます。そこで・・・。

この映画の中で柿原徹也はなんとアヒルの声を担当しました。劇中、思いの外たくさん鳴いています。

7:パーソナリティを務めるラジオが大人気!

生ワイド番組『ユニゾン!』は、2015年に始まり、4人の人気男性声優がパーソナリティとして、日替わりで同じ企画、同じコンテンツを使い、出演者、リスナーとの共感を楽しむラジオ番組です。

柿原徹也は火曜日パーソナリティを担当しています。他の曜日は、月曜日は関智一水、水曜日は寺島拓篤、木曜日は鈴村健一が担当しています。

8:歌手としても活躍している柿原徹也

柿原徹也は2010年11月にソロ歌手デビューを果たしています。2013年『String of pain』『GENERATIONS』、 2015年『咲いちゃいな』に引き続き2016年6月には新シングルが発売される予定です。

その他フルアルバム1枚、ミニアルバム4枚を発売し、参加したキャラクターソングは実に多数に上ります。くせの強い独特な歌い方で、ファンの心をがっちり掴んで離さないようです。